10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/05

「エグザイル/絆」舞台挨拶付き試写会

杜峰(ジョニー・トー)監督作品「エグザイル/絆」舞台挨拶付き試写会に行ってきました!
ゲストは黄秋生(アンソニー・ウォン)&呉鎮宇(フランシス・ン)!

私は念願だった、生ジャンユーに会えて感無量です!!(T口T)/

昨年この映画を「ジョニー・トー監督作品」という理由だけで出演者も内容もロクに知らずに観に行き、オープニングで「呉鎮宇」の名前を発見し、狂喜しました(上映中なので踊り出しはしませんでしたが、内心黄色い悲鳴をあげてました・笑)
もうその後はひたすらジャンユーに目が釘付け。
観終わった後は「来年の公開時には是非プロモーションで来日して欲しい!!」と切に願うほど、ジャンユーが素敵で最高でした。
私の中でジャンユーが「トニーさんに次ぐ大好きな俳優」の地位を確立した作品でもありました。

そして今回、昨年からの念願が叶い、生ジャンユーに会うことができました。
本当は限定40名のファンミに参加したかった!
しかし後で聞いたところによると、倍率が20倍近かったと聞き、ま、無理か…と。
でもその応募に私の熱い思いを書いたおかげか、ファンミには外れてしまったけれど試写会への招待を受けることができました。
このハガキが届いたときは残念な気持ちもあったけれど、本当に嬉しかった。
どんな形であれ、会える機会を作ってくれた配給会社の暖かい心遣いに感謝でした。
(しかしその後、嘘のように試写状が当たりまくったのでした…苦笑)

さて当日。
会場へは15:45頃到着。
少し早目かな?なんて思っていたのだけど、この日は祝日とあって、皆さん早目に来場していた模様。私が到着した時点で、すでに3Fから始まる列は1Fに到着。
間近にジャンユーが観えるかな!?とドキドキしながら、先に並んでいた方達と談笑。
空港に二人をお迎えに行った方の話を聞いたり、他の明星の来日の模様を聞いたりで、とても楽しい時間でした♪
趣味が共通していると、人見知りが嘘のように積極的になり話が弾みます(笑)
ホント、嬉しくなるくらい楽しかった♪♪♪
お付き合いくださった方々、どうもありがとうございました!

そうこうしているうちに待機する人の数が多くなり、開場時間前に入場が開始。
兎に角間近で観れる場所!ということで、前から5列目辺りの下手側に座席をキープ。
舞台挨拶は18:30~でしたが、ゲストが遅れているということで15分ほど遅れて舞台挨拶が始まりました。

どこから登場するのかしら!?と四方に目を走らせていると、普通に正面舞台袖から登場。
先ずはアンソニーが登場。少し遅れてジャンユー登場!と同時にあがる歓声!
キャー、カッコイイーーッ!! とは私の歓声(笑)
本当、格好良かった~。
ジャンユーに関しては短髪が好みなので、来日時のモジャヘアーで登場したら萎えるかも…(失礼)なんて心配をしていましたが。全然、無問題!でした(笑)
きちんと素敵にセットされてました! 良かった~(笑)
アンソニーはもうオーラたっぷりなカンジで、紳士然とした洗練された印象。
この人はどんな格好をしていても格好良いに違いない!と感じました(笑)

二人はとても仲が良いらしく、上手い具合にお互いの発言をフォロー(?)しあいながら、司会の水田さんの質問を真面目そうな雰囲気でのらりくらりとかわしていました(笑)
なんでそんな回答をするのかというと、「この映画を見終わった後、私たちのその後を思って皆さんが悲しくなるだろうから、和ませているのです」(ジャンユー談)だそうで(笑)
ホント、映画のイメージとはまったく違った笑いの絶えない舞台挨拶でした。
そして、来日してから「しゃぶしゃぶ」を食べたのか、やたらと「しゃぶしゃぶ」を連呼。よっぽど美味しいのを食べたんだろうな~(笑)
最後に水田さんから今回の映画とは関係ない質問を1つということで、先ずはアンソニーに「もし役作りで10kg太れ、と言われたら太りますか?」と聞いたところ、ジャンユーがすかさず「僕が答えます! 彼はもう十分太ってるから大丈夫!」と回答(笑)
続いてジャンユーに「髪が長いですが、次の映画のためですか?」と聞いたところ、これにはアンソニーが「彼の奥さんは育児が下手なので、彼が髪を伸ばしてママの変わりをしてるんだよ」と回答(笑)
ホント良いコンビ振りだな!と思っていたら「僕らはいずれ結婚したほうが良いかもね」とアンソニーが言うのを聞いて、ジャンユーが腕を差し出し、それに腕を絡めるアンソニーに会場が爆笑。
すかさず水田さんが「ファン一同期待してます」とコメント(笑) 上手い!
その後スタッフから花束贈呈があり、それぞれ花を渡した女性スタッフが二人からハグ&キスを受け、会場からまた悲鳴。それは役得でしょー羨ましすぎるーーーっ。
続いてマスコミ用のフォトセッションが開始。
プレスからの要求で色んなポーズを取る二人。しばらくすると「腕を組んでくれ」と言われたらしく、「?」を飛ばしつつも言われた通り胸の前でそれぞれ腕を組む二人…偉そうなポーズが撮りたいのかしら??と思いながら見守っていると、どうも要求と違うらしい…どうやら先ほどのカップル仕様の腕組を要求されたらしく、快く応じる影帝二人…次にお互いの腰に手を回しと調子を出し…最後には悪乗りしたジャンユーがアンソニーの頬を挟んでキス!!
しようとして失敗(笑) アンソニー本気でビビって逃げてました(笑)
いったい何の映画だよ!!なフォトセッションが終わり、そのまま舞台挨拶も終了。
色々とサービスたっぷりなお二人でした♪

いや~もうジャンユーが可愛かった(笑)
それまでの私の中のジャンユーのイメージを一言で表わすと…「狂犬」(←安易だな f^_^;)
それは役のイメージから来るもので、なんというか、触れれば切れる刃というか、底の知れない狂気を抱えている、シリアスなイメージがあったのですが、当のご本人はとてもチャーミングな方でした(笑)
ますますファンになりましたヨ!
もちろんアンソニーも大好きです!(取って付けたようですが・笑)
ジャンユーが一緒だった所為か、やたら紳士的に見えました(笑) きっと女性には優しいに違いない!

その後間を置かず作品上映。
今回2度目ですが、何度観ても面白い!
そして何度観ても「お前どんだけウーが大好きなんだよ!!」と突っ込まずにはいられない(笑)
お陰で私の脳内妄想劇場が大変なことになってます(笑)
楽しすぎる~(←アホです)


今回の試写会、午前中に一緒に歌舞伎を観た関係で、オカンも一緒でした。
内容が「黒社会」モノなので大丈夫かな!?と心配だったのですが、1日に一緒に観た「レッドクリフ」より面白かったそうです(笑)
正直、私もそう思います(爆)


こちらに舞台挨拶がまるっと収まった動画がありました☆
「エグザイル/絆」 アンソニー・ウォン×フランシス・ン 舞台挨拶動画


今回余った試写状…トニーさんのときも、このくらい景気良く当たって欲しいなぁ(笑)
EXILED


スポンサーサイト

2007/10/24

男兒本色  (Invisible Target)

Bunkamuraで開催中の「香港映画祭」で上映された「男兒本色」を観てきた。

で、その作品は…
自分の想像を上回る、
はるかに格好良い映画で…

感動した!(笑)

※※※ネタバレ含みます※※※

続きを読む ≫

2007/06/19

學友光年世界巡迴演唱会07 @ 東京国際フォーラム ホールA

本日のライブ: 學友光年世界巡迴演唱会07 ~The Year Of Jacky Cheung World Tour 07~

行ってきました! 張學友のコンサート!!
結果から行ってしまえば學友最高!!(←語彙が貧困です・笑)
本当、素敵なコンサートだった。

學友の楽曲は数日前に「アジアポップスウィンド」で流れていたものを聴いたのみ(あ、「大英雄」の主題歌もか・笑) その時は「歌の神様って言われてるケド、どうよ!?」とか失礼なことを思ってた(苦笑) だってパンチが効いてなかったんだもーん(←アホの戯言)
でも生で聴くことの威力は知っているから、ソレに期待した。
しかしコンサートが始まり、生で聴いても、正直なトコロ、鳥肌が立つような感動は覚えなかった。コレはもう声の好みの問題だとろうな、と思った。私の好みから外れているんだろうと。
でも學友の歌っている姿を観ている内に、先ず体が反応し、そして声が馴染んできた。
そうなるともう! めっさ楽しい!! 舞台上の學友と一緒に踊ってる気分になった。
そもそも楽しみ方を間違えていた。普段行っているライブとは種類が違ったんだな。
なんというか、今回のコンサートは“SHOW”だな、と思った。ただ歌を聴かせるだけじゃない。観て楽しませるのも重要な要素だったんだなぁと。
ホント、今年46歳になると言う學友が前身汗だくになりながらも踊りまくっていて…しかも踊りのキレがイイ! スパーンとヒロミGOの様にキックが決まっていて(笑)
初っ端にダンス+歌で観客の心をグっと捉えた後は、バラードを中心としたナンバーを。
ここで初MC。なんと日本語で! でも、怠け者(笑)なので、伝えることは出来ても質問には答えられないので質問しないでくださいとのこと。イヤ、でも日本のファンとコミュニケーションを取りたいという心が非常に嬉しい。たとえ拙い日本語であったとしても、伝えたい心があれば皆意を酌んで分かってくれるんだよ。
で、以前(2002年)来日して以降の出来事に交えて曲を紹介。
一人目の娘さんにねだられて作った曲と、奥様に作った曲には日本語字幕が付いていたのだケド、この奥様に作ったという曲が! もう泣きそうなほど良い曲だった! 涙腺緩みまくり。てか、この曲聴いて「アタシと結婚して!」って思ったよ(笑)
女性に囲まれて育った學友は女性の気持ちがよく分かるそうで、「娘に曲を作って、奥さんに曲を作らないのはじぇったい大変なコトになる」と思って奥様の為の曲を書いたと笑い話的に言っていたケド、その歳になってもそういう歌詞が出てくる學友がもう! 素敵だなぁ。男の人は幾つになってもロマンチストなのね~。そういやトライセラの和田君も「一度笑うため 十捨ててもいい」とか歌ってたなぁ、なんて思ってた。
その次に歌った、二人目の娘さんに捧げた歌も歌詞は字幕が付いてなくて分からなかったケド、學友の愛情が溢れていてコチラも幸せな気分になる曲だった。
この一連の家族パートは、本当にどの曲も愛情をたっぷり込めて歌っているのが伝わってきた。學友の家族は幸せだなぁ。羨ましいわ~(笑)
続いてまた激しい曲のパートへ。この時だったか、「ロックを歌ってない時はイイコです」とか何とかいってたな。學友の時代でも「ロック=不良」ってイメージなのかしら!? ロックなんて普通でしょ!(笑)
聴かせるバラードも好きだケド、個人的には歌って踊れるハイテンポなナンバーの方が歌詞が分からない分楽しかった。踊り子さんを侍らせて(?)踊る學友はセクシーだった! 本人も「セクシーですか?」って何度も聞いてたケド、ホント、セクシーでしたよ~☆
日本の曲のカバーも何曲かあったようだケド、自分が気付いたのはサザンの曲だけ。ショーン君みたいに日本語の歌を歌ってくれないかなぁ、と期待してたからその点は残念↓ でも本編のMCは全て日本語でやってくれたので、贅沢は言いません(笑)
途中、2003年に大切な人が相次いで亡くなり辛い日々が続き、歌を作ることによって心の均衡を保ったと言った學友。きっと、レスリーやアニタのコトを言っているんだろうな…と思いながら聴いた曲は、字幕もあったことでより一層切なさの募る曲だった。
「辛い日が続いても、次には楽しいことがあるから、頑張ってください」
歌う前に何度も言っていたケド、そういう意味だったんだなぁ、と曲を聴いてから、より一層そのメッセージの重みを感じたりした。
最後は30分に渡るミュージカル。相変わらず歌詞の内容は分からないケド(苦笑)、芝居が綺麗に起承転結していたので分かりやすかったように思う。どうやら「ウィンター・ソング」の中の劇中劇らしいので、近いうちにこの作品も観ねば。
このミュージカルでの學友は本当に気持ちよさそうに歌ってて、高音も低音も気持ち良いくらい声が出てて、ココに来てようやく「歌神」と呼ばれる真髄を観た!って気になった(←遅すぎです)
実際、気持ちよさ気に歌っている間に彼女を奪われてるし(笑) アンタ歌に夢中になり過ぎ!と内心ツッコミ(笑)
このアトの暗黒パートの低音はホント素敵だった~。ああいう歌声は喜怒哀楽を歌で表現するミュージカルみたいなのでないと聴けないのかな? 勿体ない。

続いてのアンコールも形式的なカンジではなく、たっぷり30分近くやってくれた。会場の反応を見て、多分、予定より1曲多くやってくれたんじゃないかな?
本編では目をつぶりながら歌うことが多かったように思うケド、アンコールでは開放感溢れるカンジでステージを右へ左へと移動しながらハジけていたように思う。でも気持ち、自分が居た側とは反対の上手側のほうがサービス良かったかな~と思うのは僻みかしら?(笑)
気が緩んだ所為か、アンコールではMCも広東語に(笑) お疲れ様でした。

コンサートが始まる前、楽しみにはしていたケド、過剰な期待はしていなかった。
でも終わってみれば、想像以上に楽しいコンサートで!
しっかり張學友というスターに心を奪われてしまいました。
はぁ、本当素敵だった…行けるなら中国本土のツアーにも行ってしまいたい気分(笑)
なんか、中華圏からワザワザ観に来ているであろう人たちの気持ちが分かるよ。あれは何度も見たくなるよなぁ。自分たちファンが大事にされてるって思うもん。
次は5年後と言わず、来年にでも来て欲しい!
そして又シアワセな気分にさせてチョーダイね♪♪♪


しかしアンコールの時、多分中華圏の人たちだと思うのだケド、前線に突っ込んでいって係員と押し問答になったり、果ては禁止されている撮影をして、これまた係員とバトルしてたりで…正直そっちの方に気を取られてしまって、なんだか微妙~な気分になってしまった…。国民性の違いなのかもだケド、なんか…辛かった…。アレは止めてほしかったなぁ。

2007/03/06

本当だった!!

以前、「ホントかな!?」と書いていた、張學友のコンサート、

本当だったよ!!

詳細をドン!

●張學友 / Jacky Cheung

■公演日:2007年6月17日(日)
■開演:5:00PM
■開場:4:00PM
■会場: 東京国際フォーラム ホールA
■席種・料金: S・9500 A・8500



わ~本当にジャッキーが来るんだ~。スゴイなぁ♪♪♪
やっぱ会場は国際フォーラムなんだなぁ。
その所為か、値段も高めだケド、S席とA席に分かれているのは親切だな。あの会場で全席同じ値段は詐欺だモンな…
時間も早めで田舎モノにはウレシイ限り♪ でも目イッパイ歌ってほしいなぁと贅沢に思ってみたり(笑)

各種プレイガイドでプレリザーブも始まる模様。
先ずはイベンター先行だな…あと一年早ければ有料会員だったのになぁ(苦笑)
ともあれ、無事チケットが取れますように!

2007/02/09

グリーン・デスティニー

BSのアカデミー受賞作品特集の一環で放送されたアン・リー監督作品「グリーン・デスティニー」を観た。
アカデミー賞を受賞した作品だから何かしらのメッセージがある作品なのね!と思い観始めたのだケド、例によってそのメッセージを掴むことが出来なかった…。
てか、有ったの!? な~んも思いが伝わってこなかった…。何だろう? 何が言いたかったんだろう??
何かフツーに娯楽作品として観ちゃったよ。

別にツマらなかった訳じゃない。普通に面白かった。
でも冒頭のツィイーとミシェル姉さんのアクションはイマイチ…頭と体が別人みたいな、まるで操り人形のような動きで、観ていて何とも居心地が悪かった。その後のアクションシーンはソレ程でもなかったのにな。何であそこだけあんなに動きが悪かったんだろう。
で、面白くなってきたのはチャン・チェンが出てきた辺りから。もうチャン・チェンがキュートでv 和む~v
特にシャオフーとシャオロンの過去のエピーソードがカワイくて良かった。またシャオフーのヘタレっぷりとシャオロンの小生意気さ加減が丁度良くて(笑)
ツィイーはどの役を観ても小生意気さが鼻について苦手なのだケド、相手がその鼻っ面を折ったり(チャウ@ 2046)歯牙にもかけない(シャオフー)タイプだと何故かカワイく見えてしまうんだなぁ(笑)
あと、凄く良いなーと思ったシーンは、ユンファ兄とミシェル姉さんの最後の口付け。若者組の濃厚な口付けとは違った拙い口付けに、色々な想像(妄想?・笑)がブワーっと駆け巡って切なかった。ミシェル姉さん可哀相過ぎ(泣)

と、印象に残るシーンはそれなりにあるのだケド、結局この作品の主題は何だったんだろう?と思うと…何だか消化不良。
結局、シャオロンの思惑が分からなくて、モヤモヤするんだろうなぁ。何を思ってあんなに紆余曲折するのかが分からない。同じ一人の人間なのにまるで多重人格者のように一貫性が無い…ように感じた。
作品を観るまでは、「グリーン・ディスティニーという剣の魔力にとり憑かれたが故に運命を翻弄される2組の男女の話」と勝手に思っていたのだケド、どうも剣自体にそんな人を操れるような魔力は無いみたいだし…。
剣の意思に踊らされて~というのなら、シャオロンの行動にも納得するのだけどなぁ。うーん、腑に落ちない。
一緒に観ていたオカンも良く分からなかったようで…でも最後のシーンで「何? 最後のアレは飛び込んで死んじゃったの??」とか言っちゃってるからソレ以前の問題か(苦笑) ちゃんと伏線拾ってあげて! オカン!!(笑)

原題である「臥虎藏龍」の意味が分かっていれば、また印象が違うのかな? 若者組の名前に各々「虎」と「龍」が含まれているのにも意味がありそうだし………って穿ちすぎ? アカデミー賞受賞作品ってことで、必要以上に意味を求めすぎてるのかなぁ。でも気になるーーー。どうなんだろう??

と思って「グリーン・デスティニー」のサイトを探してみたら、「臥虎藏龍」の意味が出てた。

中国語原題の「臥虎藏龍」は、場所が見かけ通りでないことを表す中国の古い格言をもとにしている。本作においては、勇敢な闘士の内側には愛に悩む男が、女闘士の穏やかな外見の下には熱い想いに乱れる心が隠されている、そして政略結婚を強いられる若い貴族の娘は、その可憐な姿からは想像も出来ない激しい愛と武術の技を内に秘めていた、といった意味からつけられている。


…だそうで。見かけ通りでないって意味なら分かる。分かるケド、それ以上の意味ってないのかな? やっぱモヤモヤするーーー。
どうも原作付き中華映画は消化不良を起こしてダメだな…好きなのに(苦笑)

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。