10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002/05/04

MUSIC DAYS 2002 @ 日比谷野外音楽堂

本日のライブ:MUSIC DAYS 2002 @ 日比谷野外音楽堂
Propo, 氣志團, Helman H & the Pacemakers, In the Soup

「選んだ基準はイロモノ系?」と思った今年のMUSIC DAYS。どうイロモノかというと、ヴォーカルの動きが怪しい(笑) って、インスー以外は生で見るのが初めてのバンドなんだけどね。
今回は今人気の「氣志團」が出るということで、チケット取りが大変だった。開店5分後に買ったのに、後ろから数えた方が早い席だった…。以前似たようなイベントの時には余裕でアリーナだったのに! 諸星克巳がなかったらもう少しいい席だったかも~(泣)←私の前の人は諸星克巳ライブのチケットを買いに来たのだが、店頭発売はないと店員に言われていた…。きちんと調べてから買いにこいヨ!

一番手:Propo
「COIL」の片割れのソロユニット。COILのようなポップでキュートな楽曲をイメージしていたら、普通のジャパニーズロックって感じでチョットがっかり…。イヤ、私は音楽のジャンルは良く分かんないですけどね、イメージですよ、イメージ。早く終わんないかな~とか失礼なこと考えてました。スンマセン。あ、Propoはイロモノ系ではなかったです(笑)

二番手:氣志團
今(2002年)話題のアノ氣志團ですヨ! 一緒に行ったAちゃんと「人気からいったら氣志團がトリだよね~」と言っていたのですが、年功序列だったみたい。でも他の人たちも同じように思っていたらしく、氣志團目当てだったのに会場に着いたらもう終わってた…みたいな人が私の周りにチラホラいました。可哀相に…。これだからイベント系は辛いよね! 見たいバンドだけ見るって訳にはいかないからサ。
さてさて。COMPLEXの「Be My Baby」がかかると同時に湧き上がる会場。まるでバンプのライブで「A Quick One」がかかったときのファンの反応を見ているようでした。会場全体がオールスタンディング。今回のイベント、ほとんどの人たちが氣志團目当てだったのね~、と再確認。しかし私とAちゃんはソレよりも関係者席に来た(?)ユースケに気を取られていました(笑) でも結局良く分からなかった(泣)ので、ステージに注目。
ほほう、氣志團は6人いてそれぞれにカラーがある訳ね。どおりで会場に色んな色のリストバンドしてる人がいるのね~。あの「お前の夜をくれ 俺の朝をお前にやるから」ってTシャツは氣志團だったのね~。などとチョット高みの見物。ファン層は意外(?)にも外見普通の人たちが多かった。まぁ、「アンタ絶対、氣志團のファンよね!」というイカニモな格好の人もいましたが(笑)
楽曲は私の年代の人ならチョット懐かしいようなマンガとかアニメを髣髴させるものがチラホラ。ノリも良い感じなので、私の席の隣の通路で3歳くらいのお子様がノリノリで踊っていたのが微笑ましかった。普段から親が観ているビデオに合わせて踊っているのだろうな~。カワイカッタです(笑)
なんで氣志團はあんなに人気があるのかな?と思ってたのですが、彼らは歌でなくてパフォーマンスでウケテるんだな、と私は思った。だって歌より喋ってる方が長いんだもん。しかも下ネタ…。霞ヶ関であんなコト言ってて良いのでしょうか? 近くを通りかかって偶然聞いちゃった人はさぞかし驚いたことでしょう(笑)
パフォーマンスは主にヴォーカルの赤の人と踊りの青の人(スイマセン、名前知りません…)がやるんだけど、これが同人受けしそうなんだよね~。見れば一目瞭然なんだけど。サークルあるかな?

三番手:Helman H & the Pacemakers
イベント前の「CD TV」でゲストライブに出ていたバンド。そのときのヴォーカルの片割れの動きが怪しくて怪しくて…。イ、イロモノ系だ…と思っていたのですが、この日はなんだか大人しかったです。まぁ、氣志團の後じゃぁヤリ辛いとは思うけどね。実際、氣志團が終わると帰ってしまう人が多くて、この後に出てくるバンドのファンの人たちは切ない思いをしたでしょう…。私も切なかったサ。
ヘルマンの曲はTVで観た曲しか知らないと思っていたのですが、知っている曲がチラホラ。あの曲もこの人たちだったのね!って感じで、なかなか楽しかったです。まるでTHE BOOMのライブに初めて行ったときのように。でも知らない曲に関しては心に響いてくるものはなかったのでした~。つーかキーボードの音が(泣) バランス悪くって落ちついて聴いてられなかったッス。
色んなバンドが出ているライブで初めての客の心を掴むバンドってナカナカないのね~と思ったのでした。
P.S. 氣志團のときに、ヴォーカルに煽られても頑なに立つことを拒んでいた集団はヘルマンのファンの方たちでした。

トリ:In the Soup
最後、トリは待ちに待ったインスーです! 長かったなぁ~。
1曲目「檸檬」…このイベントの前日に嫌なことがあったので、この曲は身にしみた。このアホがイヤなんだ! はぁぁ。本当、イヤだ。
「オレンジの太陽」…最近、野外のライブでは必ずといっていいほど唄う歌。この曲を聴かせたい人がいるのでしょう。前半はほぼユースケ独りの弾き語り。繰り返し聴くことによって歌詞の意味が段々わかってきて、なんだか唄っているユースケが辛そうで、胸が締付けられます。
「光った汗を僕は信じてる」…即興か? と思ったら新曲でした。久々に前向きな曲。やはりインスーには元気の出る唄を唄っていて欲しい。
最後は「グリーン グリーン」…マキシも発売されるこの曲。出だしがいつものライブヴァージョンとは違っていました。でも出だしは違うけど、しっかり掛け合えたので満足。この曲のとき、氣志團の青い人の動きを真似するユースケ。押さえるところは、押さえてます(笑)

しかし、あっという間に時は過ぎ、元気をもらう前に終わってしまって消化不良。やっぱライブはワンマンが一番だな~。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。