10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/22

コクーン歌舞伎 東海道四谷怪談 @ シアターコクーン

怒涛のド、ド、ド、土曜日・第四弾!ってコトで、今週はシアターコクーンで中村座の「コクーン歌舞伎 東海道四谷怪談/南番」を拝見してきた。
「四谷怪談」というと、子供の頃、一番怖いと思っていた怪談話。そして今も実は苦手(苦笑) でも、よい大人になったことだし、昔ほど怖い思いはしないだろうとチケットを購入。
当初、プロバイダー先行で取れた「北番」だけ観に行こうかと思っていたのだケド、南番の安い席(笑)もゲット出来たので、両方観に行くことに…。演出の違いとやらを観てみたかったしね。
北番は今回の南番より先の4/13(木)に観てきたので、ソチラも併せて感想を…。

◆◇◆ 北番 ◆◇◆

観おわっての感想は…「脱・歌舞伎」というか、現代の歌舞伎を作り上げたいのかな?というカンジの作品だった。
歌舞伎にお約束の鳴物が一切無く、代わりにニュー・ミュージックというか、シンセを多用したであろう音楽が使われていた。別に違和感は無かったけど、歌舞伎らしいかといえば、らしくない。しかもSEが林檎ちゃん(南番はSEがなかった)…誰の選曲なのか…うーん、謎(笑)
演出も可成りシュールというか抽象的なカンジで、歌舞伎を観ているというよりは、歌舞伎役者が出ている現代劇を観ているようなカンジだった。コレは「PARCO歌舞伎」でも同じようなコトを思ったケド、パルコは歌舞伎に近づこうとして、コクーンは歌舞伎から離れようとした…というカンジで、行き着こうとしたトコロは間逆にあるように思えた。
そして、「四谷怪談」という話を通して、何か他のメッセージも込めたのだろうな、と思ったのだケド、それは穿った見方かしら? 最後は「蜘蛛の糸」だな、と思ったからサ…。
歌舞伎でこういう演出をするのは画期的なコトなのかもしれないケド、正直、自分の趣味からすると外れていた…(爆) 悪くはないんだケドね…、面白いと思うケド、何回も観たいなーと思う演出ではなかった…スンマセン…。
一緒に観に行った母も、「PARCO歌舞伎の方が面白かった」とのコト。ウチら親子には高尚過ぎた演出だった模様(苦笑)
内容の方は、メインの役者さんが何役か兼任しているので、途中どの役を演っているのか分からなくなる場面も…って、コレは自分の理解度の低さゆえだけドモ(苦笑) でも、話を詰め込みすぎかなーと思わなくも無い。アレもコレも詰め込んじゃえ!というカンジで、話としては繋がっているけれども、蛇足に感じる場もあった(と思うのは、南番を観た故かな?)
と、酷評しているようだケド、最後は理由の良く分からない涙が出てしまった…ある意味、本能的なトコロでは圧倒されて感動してたのかも(笑)
あと、役者さんは皆さん素敵だった~。特に橋之助さんと七之助が良かったなvって、タダの面食いだろう!(笑)

◆◆◆ 南番 ◆◆◆

北番が↑なカンジだったので、正直余り期待してなかったのだケド…面白かった!! こういうエンターテインメントを期待してたのよ、中村座には!というカンジで、最後、スタンディング・オベーションするくらい大満足だった(^-^)
コチラは涙が出るというコトは無かったケド、二幕以降は「おお!」と感嘆の声を上げる場面が多く、単純に分かり易いエンターテインメントとして楽しむことが出来た。オカンもコッチを観てれば満足しただろうにな(苦笑)
北番/南番と銘打っているので、どれほどの違いがあるのか、全く違う感じなのかと思っていたのだケド、一幕に関しては殆ど違いが無く(ま、原作は同じなのだから当然といえば当然だケド)、正直、話が分かっているだけに眠くなる場面も…(集中力無くてゴメンなさい…) でも、南番では北番にあった場面がカットされている分、話がスッキリしていて分かり易かったと思う。伏線が必要最小限にしか張られないので、混乱することがないし…。かな~り、易しく翻訳されている印象を受けた。でも、「三角屋敷」がカットされているのは惜しいかな。ココが入っていると、メインの登場人物の末路が分かるので…。でも全体として、「歌舞伎!」ってカンジが南番にはあった。大向うが多かったのもその所為かな??(←北番では皆無だった)
で、二幕目以降はガラリと変わり、本当の水を使った演出に迫力があって面白かった。早替わりも北番以上の早業で、感嘆の声を上げ拍手するのみ。
他にもお化け屋敷的演出も加わって、これぞ怪談モノ!という、ドキドキ感があった。悲鳴にビクッとしたりね。
そう、お化け屋敷みたいだったんだよなぁ。音楽も歌舞伎本来の鳴物だったから、よりいっそうオドロオドロ感が出てたし…。小学生の頃の自分だったら確実に泣き叫んでたと思う(←小学生の頃、ネズミーランドのホーンテッドマンションに本気で怯え、大泣きした経験がある・笑)
イヤ、今でもホラーモノは苦手なのだケド、でも今回は恐怖心より興奮度の方が勝った。2階席で観ていた所為で、傍観者になれたからかな? 1階席だったら本気で悲鳴を挙げていたかも(笑) 南番に関しては、1階席の方がより舞台に参加している感が味わえて面白いだろうな~。実際、至る所で悲鳴が上がっていたし。
あと、最後の伊右衛門と与茂七(で良いのかな?)の対決シーンの演出が幻想的で素敵だった~。後で掃除が大変そうだケド(笑)
と、コチラは演出がカッ飛んでいて見せ場が多く、頭を使わずとも楽しめて好かった(笑)
見た後色々妄想するのも好きだケド、タダ単純に「面白い!」と思えるものが、手っ取り早く満たされた気分になって最高だな~と思った(笑)
でも配役的には北番の方が好きかな…。七之助のお梅は捨てがたいケド、一幕で死んじゃうからな…(←北番の新悟クンのお梅も愛嬌があってカワイかったケド、七之助のは美しかったからな~)

まとめると、「聞かせる北番・見せる南番」ってカンジかな?
人間模様なんかは北番の方が詳しく書かれていたと思う。コッチは妄想のし甲斐があって(笑)、意外と伊右衛門はお岩様のことを好きだったのではないかな?なんて思ったり。イヤ、酷いオトコなんだケドさ、結構お岩様にご執心だからさ…違う??
南番は話は必要最小限で抑えて、あとは見(魅)せることに力を入れたなぁ、と。役者さん自身も真剣なんだケド、なんだか楽しそうだったよ(笑)
もし、もう一度観る機会があるなら、断然南番を観たい! そんでもって、最前列で水を被りたいワ(笑)

といいつつ。一番好きなシーンは、伊右衛門が伊藤の屋敷から戻ってきて、大の字になって寝転がって、片足をお岩様の膝枕に乗せ、その足をお岩様が擦っているシーンが、北番・南番共に一番色っぽくて(笑)好きなのでした。
チャンチャン。
スポンサーサイト

2006/04/15

六世中村歌右衛門五年祭 四月大歌舞伎

怒涛のド、ド、ド、土曜日・第三弾…ということで、今週は「六世中村歌右衛門五年祭 四月大歌舞伎」を歌舞伎座で拝見。
今月は特別お目当ての役者さんが出ている訳ではなかったのだケド、今は一つでも多くの演目を観て勉強(?)せねば!なのです。
ではサクっと感想を…

◆◇◆ 昼の部 ◆◇◆

一、「狐と笛吹き」
鶴ならぬ狐の恩返しの話。なんだか歌舞伎というよりは、宝塚のような少女趣味全開の世界だった。ソレが別に悪いという訳でなく、少女漫画好きの自分からしたら馴染み易くて面白かった。もう展開がベタベタ過ぎで(笑)
最初は望んで春方の亡き妻の身代りをしていた“ともね”が、次第に春方に惹かれだし、自分こそを望んで欲しいと我欲を出すところが何だか胸キュン(笑)だったよ。妻の話ばかりする春方に「キライッ」といって走り去るともねの愛らしさといったら…乙女走りの福助さんにトキメイちゃったよ!(笑)
その後、念願叶って春方と思いを通じあわせてからの二人のバカップル振りとかホント、可愛らしくてね。
でも最後はこの手の話のお約束で、結局二人は今生では結ばれないという…。切ない、切ないなぁ。男女の関係にプラトニックは有り得ないってことなのかなぁ。てか、私は母さまのいう「死」とは「人間の姿に戻れなくなる」という暗喩だと思っていたから、本当に死んでしまったのにはビックリさ。
この作品、冒頭で、「死んだ妻を今なお愛し続けられるキミ(春方)は幸せ者だ」という台詞があるのだケド、この台詞を聞いただけで何だか泣けてしまった。ホント、そういう相手に巡り合えたら幸せだよなぁ。
機会があれば、又観てみたい演目。今度は是非、役の年齢に近い役者さんたちで! 初々しさが出てカワイイだろうな~(笑)
でも終始、春方の身勝手さにムカムカしてたのはココだけの話(笑) 悪気がないのは分るケド、もう少し相手のことも考えようゼ~、春方クン(笑)

二、「高尾」
雀右衛門丈の舞踏。正直な感想としては、もう少し動きのある舞踏の方が好きだな~というカンジ。崇高さが分らなくてスミマセン…。

三、「沓手鳥孤城落月」
冒頭に出演の、裸武者@国生くんが素晴らしかった! オバさん感激して涙出ちゃったワ!(笑) イヤ、本当、素晴らしかった。役者魂を感じた。今後の成長が楽しみだな。
その後は眠気と戦っていて殆ど記憶にナイ…。スミマセン…。

四、「関八州繋馬」
正月の浅草歌舞伎で亀治郎丈が演じた演目と基本は同じ、って解釈で良いのかしら? 浅草のは亀治郎丈の独擅場ってカンジだったけれど、こちらは色んな役者の顔見世的なカンジで、コレはこれで面白かった。色男テンコ盛りってカンジだったし(笑) でも花道が観える所からの見物の方が更に楽しかったかも。3階B席からの見物だったので、花道は全然観えなかったから…残念↓
この作品で、初舞台の玉太郎くん登場。健気にお役を務める姿を観て、又涙が…。ホント、オバチャンの感覚になってきてるなぁ(泣)

続いて間を置かず夜の部へ。

◆◆◆ 夜の部 ◆◆◆

一、「井伊大老」
コレも眠気と戦っていて殆ど記憶にナイ…。スミマセン…。

二、「口上」
幹部俳優が六世歌右衛門の追善口上…ということで、そうそうたる面々が勢ぞろい。家毎に裃の家紋は当然のことながら、色味にも違いがあって観ていて楽しい♪ 市川家は髷も特別と以前TVで聞き、左團次さんの髷をほほぅと観る。
口上は左團次さんと菊五郎のおとっつぁんの話が砕けてて面白かった(笑)
最後、初舞台の玉太郎くんが登場。福助さんの隣にちょこなんと座り、ご挨拶。隣の福助さんが終始気に掛けていて、お母さんみたいだった(笑)

三、「時雨西行」
藤十郎さんも既に70歳を越えているはずなのに、動作が滑らかで全然歳を感じさせなかった。ヤハリ70代と80代では違うのだな~などと思いながら観てた。

四、「伊勢音頭恋寝刃」
やっと仁左さまをしっかりと観れたよ~。前回の菅丞相の時は全然観えなかったからなぁ。でも今回は仁左さまの色男っぷりを十分堪能することが出来た。
でもこの演目で一番すごかったのは福助さん! 面白かった~(笑) 失礼ながら、福助さんは声で損をしているよなぁと思っていたのだケド、今回の万野に限ってはアノ声音がピッタリだった! ホント、厭味~なカンジが良く出てて(笑) 実際にこういう人が居たら嫌だケド、劇で観る分には憎めないカンジ。
あと、苦手だと思ってた勘太郎くんの女方も思いのほか良かった! 侮っててゴメンヨ。しかし勘太郎くんはどの役をやっても真面目さが窺えるな~と思った。今回のお岸も健気なカンジが可愛らしかった。
しかしコノ作品、最後のオチはアレで良いの!? すわ心中か!?と思ったら、大団円で終わってビックリさ! 思わず「エェー!?」って声出しちゃったヨ(笑) あんなにイッパイ人殺しちゃってるのに…。きっとあの後、主に刀と折紙渡して切腹するのね…時間がないからソコまで上演しなかったダケよね…そうでないとマズイでしょ(汗)
実際にあった殺人事件を元にしてるってコトだケド、ソッチはどういう理由だったんだろう??
あと、油屋さんのハマグリ(?)柄の団扇やら前掛けやらが可愛くて良かった。公演アイテムとして売れば良いのにー。


今回の四月大歌舞伎は、私の中では昼夜共に福助さん大活躍!ってカンジだった。ホント、今回の福助さんは良かったよ~☆ 五月の新橋演舞場も楽しみだな~♪

2006/04/08

及川光博 @ 千葉県文化会館・大ホール

本日のライブ: 及川光博ワンマンショーツアー2006「ツキノヒカリ」

怒涛のド、ド、ド、土曜日・第二弾!(今月は毎土曜に予定が入っているのデス)…ということで、ミッチーこと及川光博のワンマンショーに友人と一緒に行ってきた。ミッチーコンサートへ行くのは今回が初めて。
私にとってミッチーとは、「後ろから腰を抱き締めたい三大有名人」の一人(←何じゃソリャ・笑) 他の二人は香港影帝のトニー・レオンとMO'SOME TONEBENDERのvo. 百々さん。中でもミッチーは、初めて「抱きつきてーっ!!」と思ったお方。そう、思い起こせば数年前、貴方がまだ王子と名乗っておられた頃、貴方の等身大ポップを店頭で拝見し、理性を失いそうになった私でございます…(笑)
しかしだからといって、その場で即行ファンになったと言う訳でもなく、私の中では「TVに出ているとツイ注目してしまう」というカンジの存在だった。
そんな訳で、率先して彼の情報を集めたり、CDを買ってみたりしたことはなかったのだケド、今回ディスガレの会報でミッチーコンサートが地元であると知り、生ミッチーを拝んでみるか!ってコトで行ってきた。
そして、ミッチーなら興味持つ人がいるかな??と思い、駄目モトで友人達に声を掛けてみたら一人だけ釣れた(笑)
その友人の運転で、車で会場へGO~。しかし千葉文の駐車場には停められず、駅前のコインパーキングへ。ガクシ↓ しかし1時間で100円というのは驚きの安さ!

続きを読む ≫

2006/04/01

レスリー・チャン メモリアルNIGHT “- Happy Together -”

本日の映画: レスリー・チャン メモリアルNIGHT “- Happy Together -”

leslie

上映前にトークショーがあるということで、POP ASIA編集長でありアジアポップスウィンドのDJでもある関谷元子さんと音楽評論家の小倉エージさんがゲストで登場。主に関谷さんが聞き手で、小倉さんかレスリーの思い出話が語られた。
中でも「WKWに出会ってレスリーの演技の幅が広くなった」という話の件は面白く、関谷さんが「でもレスリーは『WKWとは仕事をしたくない』って言ってましたよね?」と言ったら、小倉さんが「WKWは撮影が伸びるでしょ? レスリーは時間に厳しかったから。トニー・レオン…アノ人は映画バカだからイイけど、レスリーは付き合えなかったんだよ」と返したのが可笑しかった(笑)
他にも、「レスリーは音痴だ」とか、愛情があるからこそ出来る発言があって、レスリーは本当に色んな人に今でも愛されてるんだなぁとシミジミした気分に。

30分弱のトークの後、いよいよ上映会。
オールで映画を観るのは初めてなので、最後まで寝ないで観れますように!と思いつつドキドキしながら開演を待つ。

続きを読む ≫

2006/04/01

WING SHYA EXHIBITION (ウィン・シャ エキシビション)

「Movies!!」のhi-chanにお誘いいただき、VIRGIN TOHO CINMEAS 六本木ヒルズで行われている「ブローイング・アップ・アジア/香港映画祭」の一企画、レスリー・チャン メモリアルNIGHT “- Happy Together -”に参加してきた。
4月1日はレスリーの命日だそうで、そんなコトも知らない私が参加するのはレスリーファンからしたら失礼に値するかもしれないケド、今年は「自分改革の年」と思っているので、折角お誘いいただいた機会に参加してみた。

上映会は23時~ということで、その前に同じ六本木ヒルズ内の森アーツセンターギャラリーで行われている「WING SHYA EXHIBITION」 (ウィン・シャ エキシビション)を観に。目的はもちろんトニーさんの写真だった訳だケド、期待していたホド展示されていなくてソコがチョット残念だった↓
ただ、他の作品群が充実しているので、コレはコレで観甲斐があったな~と。特に新作はどれも結構な内容だった。あややは今までに観たことのない妖艶な姿で最初誰だか分からないくらい色っぽかったし(というかチャン・ツィイーだと思ってた…汗)、次に続く少林寺の写真は映画の一部分(少林寺の秘められた恋ってカンジ!?)を抜き出したかの様で、写真から妄想で短編小説が書けそうな位エロかった(#ノノ)し(笑)、マギーは相変わらず年齢不詳の可愛らしさ(中国人・笑)と凛々しさが奇天烈な衣装を着ていてもあるし、最後の日本のマンガ家とのコラボではその出演陣にテレンス(着ぐるみ着てて可愛かった♪)がいてチョット幸せな気分になったり(笑)
途中、プライベートでも仲が良かったというレスリーのプライベートの様なポートレートが数点。この中の、ベッドで微睡むレスリーがホント素敵だった。満たされてるな~っていう雰囲気が伝わってきて。この写真がこの展示会の中で一番印象的だったかも…。
最後のブースのメイキングビデオも撮影風景がうかがえて仲々興味深かった。

これならさぞかしカタログも充実しているよな~と思い、ショップでカタログを手に取ってみたらば…あ~余りの空虚さに買う気が失せました(爆) んー、せめて一般の美術展のカタログのように展示されてる作品は網羅されてるのが欲しかったなぁ。やはし、肖像権の問題があるのかしら…。

続いて夕飯を食べつつお喋りを楽しみ、本日のメインイベントへ。

ホーム

Home

 

プロフィール

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。