10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/29

「地下鐵」発売決定!

またまたトニーさんの出演作がDVDになるよ! わ~い♪♪♪

「サウンド・オブ・カラー ~地下鉄の恋~」 詳細はコチラ

この映画も観たいと思ってたからウレシイな~。しかも割りと最近の作品だし~昔のトニーさんも素敵だケド、2000年以降のトニーさんの方が大人の色気があって好きです(笑)

今年は長らく廃盤だった「恋する惑星」がリイシューされたし、来週には「ソウル攻略」が発売されるし、新作がない代わりにDVDが色々リリースされてウレシイ限りvvv
でもソレに伴って、出費も嵩むばかり…。
でもでもトニーさんの新作はイッパイ観たいので、これからもこの調子でリリースして行ってください>各メーカー様

ところで、↑の情報は【e-hon】の新譜パトロールサービスで得たもの。
好きなアーティストを登録しておくと、そのアーティストの新譜情報をいち早くメールでお知らせしてくれるのです。これがホント優れもので…他のネットショップにも「トニー・レオン」で登録しているケド、e-honが一番早いし、確実。他のショップは送ってきさえしないからねー。
あと、最寄の書店を登録しておくと、ネットで注文して書店で受け取り&支払いも出来るので、私は大変重宝してます。有り難う、e-hon!

と、褒めまくっているケド、DVDはココじゃ買いません。だって割り引きないんだもーん(笑)
DVDは主に【Yahoo!ショッピング】で購入。
ココの魅力は、ポイントが貯まる+20%OFFは当たり前+送料が無料(になるショップもある)ってトコロ。
ネットに限らず、普段の生活の中でもポイント貯めに心血を注いでいるので、ポイントが貯まるか貯まらないかは私にとって結構重要(笑) しかも、商品を買うのにポイント使っても、使ったポイント分、差し引かないで又ポイント付与してくれるンだよ!? 凄いよ~。
他の2点、「20%OFF」と「送料無料」はショップによって条件が違うケド、大抵DVD1枚頼めば、送料無料の条件はクリアするのでコレも先ず問題ない。
あとは予約締切日を間違えずに予約すれば、確実に安くDVDが手に入る…という。でもたまに「数量限定」だったり「予約受付枚数」を超えると予約締切日前に予約を打ち切ってしまうこともあるので要注意。

似たような条件で、【楽天】もあるケド、楽天は送料が無料になるショップがないので利用しません…。
同じショップでも、ヤフーは無料で楽天は有料って店が大半。きっと契約が違うんだろうな~。

某密林さんも割引率良くて、送料も大抵無料になるケド、旧譜の割引率は悪いし、新譜は予約数を確保していないのにガンガン予約を受け付けて「入荷予定数を上回ったのでキャンセルさせていただきます」って勝手にキャンセルされることがあるらしい…しかも発売日以降に!(驚) 「24時間以内に配送」の商品は購入できる(てか良く買ってる)ケド、新譜の予約は怖くて出来ません…。

他にオススメは、【HMV Japan】
コチラは1枚だけ買っても安くならないケド、よく「マルチバイキャンペーン」というのをやっていて、まとめて買うと割引率が良くなるという…大抵は「2点以上の同時購入で20%オフ」という条件なのだケド、今は「3点以上の同時購入で23%オフ」と若干割引率が上がってます!
私は一度注文していた品をキャンセルして、もう一枚追加して注文しなおしましたよ…(笑)
そう、HMVは発送準備に入ってなかったらキャンセルもギリギリまでキくんだよね。
しかも国内盤だけでなく輸入盤も取り扱っているので、選択の幅がグンと増えて良いカンジ。
先日も、国内盤で1枚だけ欲しくて、でも他に一緒に買いたいものもなくて、どうしたもんかな~?と思っていたら、香港のDVDに良いカンジのモノを発見。

レスリー チャン 「哥聲飛揚」

丁度その頃、レスリーの歌を聴いてみたいな~と思っていた頃だったので、DVDもCDも付いていてこの値段ならお買い得だわ!ってコトで一緒に購入してみた。
で、後日その商品が届いたわけだケド、コレが凄かった…。HMVの商品案内では「DVD2枚+CD1枚=計3枚組み」というコトだったのだケド、開けてビックリ! 実際の内訳は「DVD2枚+CD1枚+VDC1枚+おまけCD2枚=計6枚組み」という文字通り大盤振る舞い(笑) ただし、おまけCDってのは本当にオマケなカンジで、レスリーとは関係ない(であろう)ピアノのインストCDだった(何で付いてたんだろ? 謎だ…笑)
しかもこれらが入ってる箱がまたスゴイ! 特製BOXでね、中にサテンの布が敷き詰めてあって、その中にメディアと一緒にレスリーのプロフィールとかが書かれたミニ読本も付いていて…ホント、こんな豪勢なのにこの値段で良いの!?って位、お得感溢れる一品だった…。ただ、あくまでも香港盤なんで、ボックスの出来は香港クオリティだったケドね(笑)
輸入物は大概高めのHMVだケド、たま~にこういう品があるから侮れません。

はっ、思わず熱弁を振るってしまった…。
この間も会社のパートさん相手に「如何に安く購入するか」について語ったら、「momotaさんて節約主婦みたいね~。ホントは結婚してんじゃないの?」なんて言われてしまったよ…イエ、結婚してませんて…ただの貧乏性なんです…(笑)
スポンサーサイト

2006/06/27

★☆★ 梁朝偉先生 祝生日快樂 ★☆★

梁朝偉先生、祝生日快樂!!

ということで、本日はトニーさんのお誕生日です!
44歳オメデトウございます!!
今回はトニーさんを好きになってから2度目のお誕生日です。
今年もお祝いすることが出来てウレシイです。
しかし今年は去年と違ってバースデイ・カードを送ったし、トニー迷の仲間と一緒に誕生祝も出来たし、ホント、昔の自分からは考えられないくらい行動派になりましたよ! トニーさんに関しては(笑)
この調子だと、来年は香港に行ってしまうかも!? なんてね(笑)

今年は映画のお仕事が沢山あるみたいなので、それらが日本で公開されるのを首を長~くして待ってます。
そして公開された暁には、是非日本に来てくださいね♪

これからも体に気をつけて、素敵な作品に携わっていってくださいね。
あなたがいつも笑顔でいられるよう、日本から祈ってます…


と、色々御託を並べましたが、言いたいコトは只一つ…

大好きです!!(笑)

2006/06/24

第1回 梁朝偉オフ会 in 東京

今回のメインイベント! 梁朝偉オフ会!!
先ず一次会はカラオケ店パセラでDVD上映会。
一次会から参加のmarieさん、WATAちゃんと無事合流して、いざパセラへ…というコトだったのだケド、道に迷ってしまう…。うう、初っ端からゴメンナサイ…(泣) お店に電話で場所を確認して、どうにか到着。ホント、内心かなり焦っていたから無事に着けて良かったよ(泣笑)

で、早速上映会。
先ず最初に私のオススメ「インファナル・アフェア」韓国プロモーションの映像を…もうね、この時のトニーさん、超カワイイのよー!! 前日に確認のために一度観ていたのだケド、何度観ても顔がニヤける(笑) 一緒にプロモーション中のアンディはキリリと格好良い表情をしているのに、一方のトニーさんは上機嫌でニコニコっつーかニヤけてるから! 顔にしまりないから!!(笑) あ~、ホント可愛いvvv このトニーさんを皆に観せられて私は大満足(笑)
続いて同じDVDに収録されている絵コンテと実際のシーンの比較映像なんかを観る。こういうのを観ると、イメージ通りだったり、それ以上に演技されてて凄いな~と思う。でもウォン警視の死に様は絵コンテの方が凄かった(笑)
続いて、ヤンの面影を追って(笑)「電影行動1:99」を。再生をして、アレ? こんなに短かったっけ?と違和感を覚えていたら、CM ver.だったので、改めて完全ver.を。ウン、やはりこっちの方が完璧だな。何だか色々と胸の詰る作品だった。
続いて、インファの宣伝でアンディと一緒に出た台湾(?)の番組のVCDを。字幕が中国語だから憶測で観ることになったのだケド、表情を観ているだけでも楽しい。アンディは結構頑張って格好良いところ見せてくれるのに、トニーさんは超マイペース。無理しません(笑) 格好も一般人だよねー、てかセンスあんまり無いよね~、とファンにあるまじき暴言を吐いたり(笑)
途中、marieさんのお宝を見せて貰う。良いな~良いな~。今年に期待です(笑)
ソロソロ私の方のネタが尽きたので、hi-chanに頼んでおいた「インファ3」単体DVDの特典映像を観ることに。トニーさんはインタビューというよりはコメント…といったカンジで…もっとイロイロ喋って欲しかったなー。続いてのアンディは盛り沢山。アンディファンは押えておきたい一品です(笑)
続いて、怪しい日本語を喋るトニーさんを観よう!(笑)ということで「東京攻略」 この映画、OPが格好良くて好き~。しかもこの頃のトニーさんは良い具合に痩せていて更に素敵vvv 後日発売される「ソウル攻略」も楽しみだな~♪
とココで、終了10分前の連絡が。柴崎コウの出演場面を教えて貰ってお開きに。

続いての二次会は、アンディファンのゆうこさんも合流して、中華料理店へ。
一応トニーさんの誕生日を祝うということで集まっているので、乾杯はトニーさんへのお祝いの言葉を。しかしその後はトニーさんに拘らず、香港映画の話を色々して楽しかった~♪
料理も美味しかったしv(特に中華風ピロシキみたいのが気に入ったv)
hi-chan以外は初めて会う方達だったケド、皆同じような時期にファンになったり、歳も近い所為か、話も弾んで色々と楽しい話が聞けて、お酒飲んでないのにカナリテンションが上がった(笑)
趣味についてじっくり語れるってのは幸せだな~、と実感した一時でした♪

参加した皆さん、どうも有難うございました! ホント、充実した一日でした。またこういう機会を設けて、一緒に楽しみましょうね♪

2006/06/24

恋するブラジャー大作戦(仮)

本日の映画: 「恋するブラジャー大作戦(仮)」

新聞の懸賞で観賞券が当たったので、オフ会の前に観に行ってきた。
この映画を知ったのは、去年、新星堂で配られていた香港映画特集のチラシで。こんなアホそうな映画より、トニーさんの出演映画上映してよ!としか、その時は思わなかったのだケド、最近になり、スチールを見る機会があり、その余りのバカさ加減にこれは観ておかねば!となったのでした(笑)
で、感想はというと…

続きを読む ≫

2006/06/17

六月歌舞伎鑑賞教室「国性爺合戦」

本日の歌舞伎: 六月歌舞伎鑑賞教室「国性爺合戦」 @ 国立劇場 大劇場

「歌舞伎鑑賞教室」ということで、初心者の自分にとって歌舞伎の基本や仕組みを知るには丁度良い機会+値段もお手頃ということで行ってきた。
この日はどこぞの高校の課外授業の日だったらしく、1階席はほぼ貸し切り状態。騒がしかったらイヤだな~と思ったのだケド、始まってみれば静かだし(3階席だったから気付かなかっただけかも・笑)、驚きや笑いの感情表現が素直で、歌舞伎座とはまた違った雰囲気でソレはソレでまた新鮮だった。しかし開幕のときに口笛を吹くのはお行儀が悪いですよ!(笑)

先ず初めに「歌舞伎の見方」と題した解説が。
幕が上がると、円形舞台が回りだし、セリの部分が上下運動。3階席からだと俯瞰する感じで奈落の深さも分かって迫力があって面白かったケド、1階席からだとイマイチ面白味がなかったんじゃないかな?
続いてスッポンから解説担当の亀三郎登場。解説は担当役者が考えているのかな?と思っていたのだケド、チラシを見ると予めシナリオが用意されてある模様。なので、淀みなく解説が進んで行くので飽きさせない。しかも亀三郎は声がホントに良いんで聞いているだけでもウットリ(笑)
この解説、今更聞けない歌舞伎用語や基礎知識も優しく簡単に解説してくれて、大変有り難かったデス(笑) 歌舞伎初心者にはホント持って来いなカンジ。
基礎知識の他にも、この後に続く「国姓爺合戦」の解説もしてくれ至れり尽くせり。この解説が面白かったので、演目にも否が応にも期待が高まった…
で、肝心の「国姓爺合戦」はというと…

やっぱ時代物は苦手だな~と(苦笑) 導入部分(一幕目)が増長にカンジて途中寝てしまいました(爆) 錦祥女の思い入れというか泣かせの場が長いかな~と。義太夫が良かったことは良かったのだケド、でも長い、長いよ…。なので、いつの間にかオカンの渚が縛られててビックリ(苦笑)
でも二幕目は一幕目に比べ、話に動きがあってわりと観れたかな。
甘輝が錦祥女を殺そうとして、ソレを阻む渚のトコロは面白かった。オカンのアゴ強すぎ(笑)
あと、錦祥女が自決したのを機会に、甘輝が和藤内に協力を約束して共に奥に引っ込み、和藤内が投げ捨てた刀を甘輝の部下たちが片付けようとするトコロ。ヲイヲイ、君たち。そこに瀕死の上司の妻がいるのに何を遊んでいるんだい? 早く助けてあげなさいよ!!と思ったのは私だけではないハズ(笑)
微妙に演出が変(?)で、その辺が刺激になっていたかも(苦笑)
しかし、甘輝の信二郎は台詞が入ってないってコトはないだろうケド、台詞回しが随分間の悪いカンジで微妙だった。見た目が立派だったダケに勿体無い。

今回、舞台が中国とあって、衣装も派手で見目も楽しく、音楽も中国っぽいカンジで普段と違った面白味があったケド、如何せん話が無駄に長い気がした。長く書けば面白いというモンでなし、無駄なところがあるとヤハリ面白くないと思うのですよ…。
あと、歌舞伎教室ということで、義太夫節を電光掲示板で表示していたのだケド、義太夫より役者の台詞を表示して欲しかったな。義太夫は意外と聞き取れるケド、役者の台詞回しは時代がかってて意味不明なことが多いので(泣)

帰り際、学生さんが「思っていたほど面白くなかったね」と会話しているのを聞いて、解説聞いて折角興味を持ったのに、ソレを挫いてしまう結果になってしまったんだなぁと苦笑い。

今回の演目、歌舞伎を観たことが無い人が連想する「これぞ歌舞伎!」という演目ではあったけれど、歌舞伎教室を機に歌舞伎に興味をもって欲しいと思っているのであれば、とっつき易い世話物を上演したほうが今後に繋がるような…。もしくは十八番系とかね。私も小難しいモノよりエンターテインメント性のあるものが観たいワ(笑)

2006/06/13

「梁朝偉オフ会 in 東京」計画 最終案内

前回、その1として、アップしておいたトニーさんのオフ会計画。
Movies!!のhi-chanと、その後予定をつめまして、日程が決まったので報告します。

■ 開催日 : 6/24(土)
■ 待合場所 : 新宿駅/16:00
■ 一次会 : DVD上映会(パセラ新宿店)/16:00~18:00
■ 二次会 : 食事会(会場未定)/19:00~


一次会の会場「パセラ」はカラオケ店ですがDVDの持ち込みが可能なので、トニーさんのDVDを観ながらの談笑を予定してます。私はトニーさんのDVDは香港版とかも持ってたりするので、日本版では観れないレア(?)映像をお観せしたいな~と(笑) 利用料は2時間で1,000円位と思っていてください。
二次会は会場が未だ決まってないのですが、中華系を予定してます。予算もそんなに高めでなく、3,000円位で収めたいな、と。

今のところ、参加者は極少数です(笑) てか、ウチから希望者出てません…(苦笑)
でも、私とhi-chan以外にも参加される方がいますし、hi-chan以外は私も初対面の方たちなので、初めてで不安だわ~という方も条件は一緒なので大丈夫ですよ~♪
一次会のみ、二次会のみでも構いませんので、興味ある方は、コメントあるいはコチラのメールフォーム<click!>から是非お問い合わせ下さい。
一応お店の予約等もあるので、6/18(日)位で締め切らせてもらいます。
お問い合わせ、お待ちしてま~す♪♪♪

2006/06/11

六月大歌舞伎

忘れないうちに、「六月大歌舞伎」の感想を…

◆◇◆ 昼の部 ◆◇◆

一、「君が代松竹梅」
ご祝儀舞踊ということで、何だかおめでたい雰囲気の舞踏。しかし何で今の時期に!? お正月とかの方が向いてそう。
各々が松・竹・梅を手に持っているのだケド、遠目(三階席)から観ると、大根を持っているように観えてしまった…(笑) 三人の中では愛之助が一番好みの踊り方だった。

二、「双蝶々曲輪日記」
え? そこで終わっちゃうの!?ってトコロで終わっていて、何だか消化不良…。というか、結構寝てたかも…(爆)

三、昇龍哀別瀬戸内 「藤戸」
舞踏劇というのかな? 吉右衛門の老母はちょっと無理がある(貫禄がありすぎる)かな…なんて思ってたケド、蓑を使って子供の思い出(?)を語るトコロはウルウルきた。
あと、佐々木盛綱の部下4人が素敵だった~v つい、一番若い種太郎を目で追ってしまった(笑) 最後、悪龍を囲んで退治するところが格好良かった。
しかし、対する悪龍のアノ頭の龍の載せ物(冠?)はチョット滑稽だった(苦笑) ズバリ龍の形をしたモノを載せるより、龍を彷彿とさせるモノ(龍の角だったり…)を載せた方が様になったんではないかな?と思ったり。

四、江戸絵両国八景 「荒川の佐吉」
佐吉という役は、初めから格好良い役なのかと思っていたら、本当に三下奴でビックリ。仁左サマは格好良いのに!(笑) 腕っぷしは強くないケド、義理人情に篤く…そんなんだから、いつも貧乏クジを引いていて…。ホント、損な性分だな~って思うのだケド、そいういう佐吉だからこそ、辰五郎も兄貴分として慕っちゃうんだろうな。この劇に出てくる女性はホント見る目がないね(笑)
仁左衛門と染五郎のコンビも歳の差を感じさせない良い雰囲気で、カワイイナ~二人ともv、なんて思いながら観てた。染五郎は世話物の方がイキイキとしていて好きだな~。段四郎は格好良い悪役でこれまた素敵v
後半、子供の話になったトコロは、ちょっとレスリー・チャン主演映画「流星」を思い出した。てか、設定一緒ね。最後は母親に引きとられるという…。
菊五郎演じる大親分が、子供を母親に返すよう佐吉に諭すときに、「犬猫を育てるのとは訳が違う」みたいなことを言ったのだケド、ここでもう大泣き(ToT) 踏ん切りをつけさせるため、あえてキツイ言葉を言ったのだろうケド、ヒドイヨ親分ーーーッ(泣) 佐吉は犬猫育てるつもりで卯之吉を預ったんじゃないやい!!
もうこの後の子別れは涙なしには観れなかった…周りのお客さんでも結構号泣されている方が多かった…(でも、鼻かむのは我慢して欲しかったな、なんて・笑)
序盤は自分勝手な人達に振り回され、最後は可愛がっていた子も取り上げられ…佐吉って不幸ね…と思わなくもないケド、仁左サマが爽やかに演じているので、それほど後味の悪い作品ではなかった。結構良い作品でした。うん、私は好きだな。

◆◆◆ 夜の部 ◆◆◆

一、「暗闇の丑松」
題名の通り、話も演出も非常~~~に暗い、後味の悪い作品だった…。丑松が一人、勝手にグルグル回って、周りを不幸にしていって…巻き添えをくった女房お米が一番不幸で可哀相だった(泣) アンタに言われた通りにしてたのにさーーー。

二、新古演劇十種の内 「身替座禅」
前幕の後味の悪さを一掃してくれる、楽しい作品だった♪ おとっつぁん本領発揮(笑) バカ殿様が似合ってますvvv
仁左衛門が奥方役…ということで、色男の仁左サマなら女方も結構素敵なんじゃない??なんて思っていたのだケド…色男、色女に非ず(笑) やぁもう立派な奥方だったよ!(笑) 手とかゴツイんだもん! どうみても女に観えない(笑) でも、嫉妬を露にするトコロは乙女入ってて可愛らしくカンジたのだケド、でもやっぱりゴツイ(笑) 松也も似たような身長だけど、仁左サマ並ぶと可憐に観えるもんなァ。って、この時に限らず松也はいつも可憐だけど(笑) ヤハリ骨格の違いかしら?
玉の井の器量が良かったら、右京も他に目をくれずに、仲の良い夫婦になれただろうに…と思うと、チョット可哀相…。
見た目で判断したらイカンよ!と思いつつ、滑稽さが理屈抜きに笑える作品だった。
今度、勘三郎の襲名披露地方巡業でも演じられるので、非常に楽しみ♪♪♪

三、「二人夕霧」傾城買指南所
何だか良く分からないうちに大団円になっていたポカーン(苦笑)
最初と最後の世話物っぽいノリのときは楽しく観れたのだケド、義太夫に入ってからはチンプンカンプン…
でも時蔵の花魁姿(?)を観れたから、ソレだけでも結構満足かも(笑) しかし遊廓でもないのに何であんな格好してるの? コスプレですか!?(笑)


と、↑の様なカンジで、六月の演目はチョット微妙だった(苦笑) 殆どが「意味が分からなかった…」というのが最たる理由…コレはもう慣れるしかないかなぁ…。勉強、勉強!

2006/06/10

ココシリ

本日の映画: 「ココシリ」

観終わった後に、こんなに胸が熱くなった映画は初めてかもしれない。
特別ストーリーが感動的だったり、エンターテインメントに飛んだ内容だった訳ではない。
ただただ、泥臭いパトロール隊員達の実状が描かれていた。決してスマートではない。正義だからといって、全ての行動が正しい訳じゃない。目的の為ならば手段は選ばない。正直、どっちが悪だヨ!と思う場面もある。
でもその行動原理は、彼らの抱いている誇りの為にあった。
正直、自分の命以上に大切なものなんてあるのか?と思う。
この映画がフィクションだったら、ここまで胸が熱くならなかったと思う。
「どうせ創作でしょ? 勧善懲悪だもんね。現実でどれ程のことが出来る? 安易な感動作だ」
でもこの映画は実話を元に作られている。
お決まりのハッピーエンドは用意されていない。幾ら気高い誇りを持っていても、強者の前には倒れるのだ。奇跡なんて起きない。現実は非情で無常だ。
終わりは決して清々しいものではない。でも彼らの魂が報われる現実があった。
ソレが胸を熱くさせているのかと、終演後は思っていた。
でも今思い返してみると、彼らの思いが報われていることに胸が熱くなった訳でなく、彼らの誇りの高さにというか、命を賭しても守りたいものがあることに対して…逆(?)に言えば、誇りの為には自分の命を投げ打ってしまえる人間がいるということに胸が熱くなったんだな、と思えてきた。
何だかそのことを考えるだけで涙が出てきてしまう…劇場では一度も泣かなかったのに…きっと、彼らと対比して、自分の不甲斐なさに涙が出るんだろうなぁ(苦笑)

映画を観る前と観た後で、確実に自分の中の何かが変わった気がする。それは何かは自分でも良く分らないケド、決して悪い方向でないことは分かる。
私の魂も少しは浄化されたのかな?
「現実は小説より奇なり」というけれど、「現実は小説より崇高なり」、と思わされる作品だった。

続きを読む ≫

2006/06/06

住所不定?

この土日は久し振りに出かける用事が無かったので、本腰を入れてトニーさんのバースデイ・カードを書くことに。相変わらず行動が遅いです>自分
先ず本屋に行って、中国語の手紙の書き方の本を探してみる…が、無い。会話の本はイッパイあるのだけど、手紙の書き方の本は無い。有ってもビジネスメールの書き方。そんな堅苦しいのは要らないのよー(泣)
仕方なく、次の日地元の中央図書館に行ったら…有った! 良かった~。何冊か似たような本があったので、例文が良さそうなのを数冊選んで借りてきた。
で、その例文を適当に繋げて(笑)、既製品のカードに自分風のアレンジをしたりしてカード完成! 自分にしては頑張ったな(笑) 相変わらず字が汚いのが難だけど(泣)
しかし相変わらず中国語はチンプンカンプン。もし例文に誤字・誤植があっても分からない(苦笑) 願わくば、変な文になっていませんように(-人-)

して、無事カードも完成し、さ、住所を書こう…と、以前クリスマス・カードを送る際に教えてもらったJettoneの住所を書こうとしたのだケド、この住所、本当にあってる? と、ふと疑問。イヤ、クリスマスの返事無かったからサ…確実に返事が来るとは思ってないケド、もしかして住所が間違って届かなかった所為だったらイヤだなーとか思って…。
で、ネットでJettoneを調べてみたら、公式HPがあった。

Jettone (澤十東)→ http://www.jettone.net

ざっと見てみると、トニーさんの出演交渉なんかも請け負っているようなので、ココに送っても大丈夫そう。で、肝心の住所はというと…あ、教えてもらったのと違ってる…。 引っ越したの? 引っ越した場合の香港の郵便事情でどうなってるんだろ? 転居先にちゃんと届けてくれるのかしら??
わーん、どっちで送れば正解なの!?(泣) やっぱ公式HPに載っているほうが正しいのかな? 正しいということにしておこう(苦笑)

ということで、私は↑のHPに書かれている住所に送ってみるサ!
他の人はどうしたのかな?
もしココを見ている方で正しい住所知っている方がいましたら、ご一報くださいませ。ヨロシクお願いしますm(_ _)m って送っちゃった後なんだけどね(苦笑)

ホーム

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。