10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004/02/21

SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2004 Vol.1 @ shinjuku LOFT

本日のライブ:てるる. . . , BURGER NUDS, SPARTA LOCALS, Syrup 16g
LOFT presents SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2004 Vol.1
supported by Weeklyぴあ @ shinjuku LOFT
一番手:てるる. . .
「若いながらしっかりした演奏をするバンド」と聞いていたので期待していた。SEは物凄く古そうなカンジのフォークソング。でも本人たちの歌と言っても違和感がないような曲だった。登場早々ステージにお尻をついて靴紐を結ぶボーカル…なんか独特の間を持った子だなぁと思った。
演奏は噂に違わず上手かったし、格好良かった。曲も良し。ちょっと独特な展開だったと思う。歌はなぁ。声があまり好みじゃないかな…嫌いって訳ではないけれど、もう少し甘い高めの声のほうが好きかな。ま、好みの問題だから。下手って訳ではない。歌詞は「この子は物凄い真面目なんだろうな」と思わせるような、バンプの藤原とは又違った青臭さを感じる詩だった。また機会があれば聴いてみたいな。

二番手:BURGER NUDS
以前バンプ繋がりで興味を持ち、CDを1枚だけ買ったのだけど余り好みではなかった…。でもまるっきり知らないバンドと言うわけではないし、生で聴いたらまた印象が違うかもしれないから楽しみにしていた。バーガーのメンバーの雰囲気も好きだしね(←HPの日記やインタビューで知っている範囲だけど)
で、実際生で聴いて印象が変わったかと言うと…変わらなかった。なんかバーガーの音はキラキラしていて駄目だった…。でも知っている曲があると楽しかったけどね。しかし殆ど音に集中せずにずーと丸潤のベースを弾く手元を見ていた。あー、やっぱベーシストの指は好きだなぁとか思いながら(笑) そして武瑠くんが一番好みの顔だとこの日まで思っていたけど、実物は丸潤の方が数段好みだった(笑) あと門田君のMCが笑えた(←失礼) 彼も独特の間のある人だなぁ。「無邪気」って言葉が好きって言ってたけど、本当無邪気なカンジ。トライセラの和田クンも無邪気ではあるけど、和田クンとは違って門田君は幼さからくる無邪気さのような気がする…と音楽以外のコトをいっぱい考えていてゴメンなさい…。

三番手:SPARTA LOCALS
向井秀徳が誉めてたのでどんなバンドかと思ってたのだけど「あ、成るほど」という感じだった。好みではなかったけれど。Vo.が裸の大将みたいな雰囲気の人だった…。

トリ:Syrup 16g
前回観に行ったワンマンが凄かっただけに、否が応でも期待が高まる。後ろからのプレッシャーも高くなる。皆シロップに期待しているんだな。
特にSEもなくメンバー登場。五十嵐さんは最近お気に入りなのか黒シャツ(ベンジー風(笑))で登場。中畑君は普通にTシャツ、マキさんはTシャツの上にデニムシャツを羽織ったラフな格好で登場。
「今日はマキさんを観るぞ!」と心に決めていたので、マキさんチェック!(笑) 髪長くなったなぁ、なんか昔の民生みたいだ(←例えが古すぎ)
ふとマキさん足元を見るとエフェクターのスイッチ(?)と並んで爪切りが置かれていた。マイ爪切り!? 手に気を使ってるんだなぁ、プロなんだなぁ、と変なところで感心してしまった(笑)
そんな中、静かにライブが始まった…
「My Song」…ライブ版が一番好きだな、と思う。シンプルなのが一番。
早くもココでMC…「ライブハウス、久し振りですね」…え? いつもライブハウスじゃん!と内心突っ込んでいると、「イヤ、こういうライブハウスがね…みなさんの顔が良く見えます」とのコトで。こちらからも良く見えますよ。何だか和やかなムードに包まれていた(笑)
「生活」…うわ、ココで生活か! モッシュスゴイかも…と内心構えていたのだけど意外と大人しく。演奏も大人しめだったせいかな?
「イエロウ」…こっちの方が動きあったかも。頭振って脚踏み鳴らして楽しかった♪ 最前に居ると否が応でも体が動く。
「タクシードライバー・ブラインドネス」…演奏中に中畑君を見ると、何やら口を動かしている。一緒に歌ってるのかな??と思いきや、歌詞とは違う口の動きをしている。よくよく見ると口でリズムをとっているらしい。新たな発見(笑)
「パープルムカデ」…間奏がタワレコで聴いたVer.だった。こっちの方が好き。
「夢」…静寂の中ファルセットの部分、一声目…思いっきり音がハズレてた…。ええ??って思わず五十嵐さんを見つめてしまったよ。「ぱぁ」と一声発したところで音が外れてるのが分かり口をつぐみ、再度声を発する…今度はキレイに音が出た。ほっとしてマキさんを見ると…口元を押さえてる…もしや笑ってた?(笑)
続いて「イマジン」「シーツ」…この曲の時のマキさんの手が! 撫でるように弦を弾いていて…カッコイイ!! ずーっと手元ばかり見つめてしまった…。
とココで本編終了。「シーツ」を歌い終わって袖に引っ込む五十嵐さんを観て、あ、今ので終わりなんだ…とチョット拍子抜け。まだ続くと思ってた。周りもそんな感じでビックリしていたけれど、気を取り直してアンコール。
五十嵐さん「My Song」Tシャツ(黒)に着替えて登場。マキさんは上の羽織ってたシャツを脱いでTシャツになっていた。中畑君は…わ、忘れた…。
「テイレベル」…これで「My Song」コンプリート。前回のワンマンでは聴けなかったからウレシイ。マキさんの動きが一番あった曲かな。
「あ、次はクーデだな」と漠然と思っていたら即興(?)が始まった。適当に演奏しながら五十嵐さんが叫ぶといったカンジでAXワンマンの時と似たような感じだったけれど、今回のほうがもっと切羽詰った内容だったんじゃないかな…って前回は良く聞き取れなかったのだけど。今回は拾えた言葉は…

オマエは女か?
オレは人間だ 打つぞ


最後の方は繰り返し「オレは人間だ 打つぞ」と叫んでいて「あぁ、戦争のことを言っているのだな」と思いながら聞いていた。「打つぞ」と言っている言葉の間に「打つな」とも言っていたかな? この即興がこの日一番良いアクトだった。
「coup d'Etat~空をなくす」…「車の~」のくだりを「地球は自転しているらしいぜ オレにそんな自覚はねぇが」と歌っていた。最近は「地球の自転~」がお気に入りなのかしら?
この曲でアンコール終了。
終電が気になる身としてはWアンコールをしている場合ではなく…ま、他のお客さんも退いていってたしね。ドリンク交換もせずに会場を後にした。

この日はワンマンで演れなかった新曲たちを補完したライブになった。タワレコの時に一度ライブで聴いていたけれど、あの時はギターの音がメタメタでとても聴けたものじゃなかったけれど、この日はギターの調子も良く安心して聴くことができた。
でもライブとしてはごく普通に、本当に普通に良いライブで。シロップやエレカシのライブには「普通」を期待していない私にはチョット物足りないライブだった…。例え演奏がメタメタでもキレている五十嵐さんをみたかったなぁ。まぁ、この日の目的はマキさんだったからその点は満足しているのだけど(笑) いつぞやの赤布のようなキレまくったライブを是非再び!!
スポンサーサイト

≪ fuzz maniax supported by smart @ AHIBUYA-AXホームSyrup 16g @ SHIBUYA-AX ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。