10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/09/18

SWEET LOVE SHOWER 2005 @ 日比谷野外音楽堂

本日のライブ: SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2005

連休二日目。この日はイトコと日比谷野音でイベントライブ。
今回のイベント、特に目的のアーティストがいたわけでなく、この面子なら観てみたいな~という軽い理由でチケットを取った。なので一つとして出演者のCDを持っていなければ、聴いたことも無い…聴いたことがあるとすれば、TV以外に無いという、ある意味失礼な参加者であった…。しかしイトコ的には好きなアーティスト多数で、このイベントに行けることをスゴク喜んでくれたので、私のマイナス分も0になったハズ(笑)

このイベント、毎年シークレットに大物が出ると聞いていたので、今回は誰かね~なんて、イトコと予想しあいながら開演を待っていた。
そして15:00開演とともに現れたのは…Mr. Children!! うわー、ミスチルか! コレは予想外だった!! でも嬉しい誤算。ソレは会場も同じだったようで、もの凄い盛り上がり方だった。知っている曲は1曲目に演った某CMソングだけだったケド、歌を歌うことが好きだ!と全身で表現している桜井さんは素敵だった。オープニングアクト扱いだった為か、3曲のみ演奏して退場するメンバー。少々物足りなかったケド、こんな機会でもなければミスチルなんて観れないもんな。アリガタやアリガタや。

その後、「SOIL & "PIMP" SESSIONS」~「風味堂」と続く。
この間、演奏を聴きがてら、入場時に貰ったシャボン玉で遊ぶ。コレは主催者側の粋な計らい。グッジョブです! いや~、2?年振り(笑)にシャボン玉したケド楽しかった~♪ 野外だから思いっきり飛ばせるし。でも意外と難しいのね、シャボン玉。イトコと二人で悪戦苦闘。子供のときは何も考えずに飛ばせたのに。やはり煩悩塗れの人間に純粋な遊びは出来ないのでしょうか…。

で、3組目、今回の一番のお楽しみ「グループ魂」
かねてから観たいと思いつつ、縁のなかったグループ魂。やっと観れた感想は…楽しかった~♪ もう最初から最後まで笑いっ放しで。それって音楽のライブとしてどうなの?ってカンジだケド(笑) グループ魂はミュージシャンというよりはパフォーマー、ライブというよりはエンターテインメントショーといったカンジで、セットチェンジの間もお客さんを飽きさせず、楽しい空間を作ってくれた。これは普通のミュージシャンにはできない、やはり演劇集団の人だからできるライブなのだと思った。だからといって、お遊びでやっているというカンジは全く無く、本当パーフェクトな空間だった。12月にはワンマンライブがあるそうなので是非参加したい。でもチケット取りが厳しいだろうなぁ…。

4組目: TOKYO No.1 SOUL SET
以前、このバンドのメンバー、BIKKEの別バンドのライブを観たことがあった。その時はアコーディオンやバイオリンを使って、何とも不思議な空間を作り出していて、独特の雰囲気のある人だなぁと思っていた。今回も同じような曲調なのかな?と思っていたら、全然違った。格好良かった! こっちの方はツインボーカルだったのね。BIKKEはBIKKEで独特な声の持ち主だケド、G & Vo.の人の声がカナリ格好良かった。本来、私が好きなタイプの声。そして曲。CDで聴いたら、それほど良いと思わないかもしれないけど、野音というあの解放された場で聞くには最高に気持ちの良い音楽だった。今年は野音でワンマンをやったそうなので、また野音でワンマンをやる時があれば是非観に行きたいと思った。

5組目: スガシカオ
スガさんはイトコが好きなアーティスト。私は全く曲を聴いたことがなかったのだケド、イトコが解説してくれたので楽しむことが出来た。例えば、1曲目はスガさんが歌詞を忘れてしまったとか(笑)

6組目: 忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
トリはやはり忌野清志郎!! オレンジ号も無事戻ってきたということで、舞台に登場しました(笑) そしてそのネタをヒロシ風に披露(笑) 大御所であるのに気取ったことろが無く、常に観客を魅せ続ける。グループ魂とは又違ったエンターテインメントショーだった。本当、ゴッドだと思った。凄いよ、忌野さん! あんな奇天烈な衣装も忌野さんだから許されるんだよね!(笑) 御付き(?)とのチョットした小芝居も楽しくて。コレがね、なんか微笑ましかったんだよね~。自分勝手な主上と、甲斐甲斐しい御付きってカンジで。萌え~とか思ってた(爆) あと、バックミュージシャンが本当にイイ年したおっさん達で。特にテナーサックスのおっさんが“NICE MIDDLE”というよりは“ROMANCE GREY”なカンジの銀行に勤めてそうな硬そうなおっさんで(笑) 何でこの人が!?という驚きとともに、なんだか目が離せなかった…。
と、知っている曲は殆ど無かったケド、なんだかんだでこの日一番楽しいライブだった。

そしてアンコール。1曲目は忌野さんと再び登場のミスチル桜井さんのデュエット。このときの桜井さんが笑顔全開でね…忌野さんと共演できて本当嬉しいのね~と微笑ましくなってしまうくらいの可愛らしさだった(笑)
2曲目は出演者全員での「上を向いてあるこう」 ロック風にアレンジされ、且つ出演者全員にソロパートを設け、エンディングには最高の曲に仕上がってた。
もう一回アンコールをかけようかと思ったトコロに、忌野さんの「DAY DREAM BELIEVER」が流れ出し、エンドロールのように出演者の名前がレーザー光線で描き出された。最後の演出も抜かりなく、後腐れの無いキレイな幕切れとなった。夜空を見上げると、中秋の名月。全てが祝福されたイベントのように感じられ、チョット涙ぐんでしまった。
「セブンソード」の試写会を蹴っただけの甲斐はあったなぁ(イヤ、おつりが出るでしょう・笑)、と大満足のイベントでした。
スポンサーサイト

≪ チャーリーとチョコレート工場ホームHTD名古屋2 アフターイベント ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。