10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/09/23

チャーリーとチョコレート工場

本日の映画: 「チャーリーとチョコレート工場」

高校時代の友人たちと総勢6名で観に行ってきた。いつもは映画鑑賞会を企画しても、微妙に日程が合わず、企画倒れになるか少人数で敢行することが殆どだったので、コレだけの人数が集まれるのは珍しい。映画だけでなく、会うコト事体も楽しみに。

当日。上映15分前に現地集合で待ち合わせをしたのだケド、3人が集合場所を間違える…。あれほどいつもと違う映画館だってメールに書いたのに!(泣) おかげで予告編を何本が観損ねてしまった…ガクシ↓ そんな中、観れた予告編で面白そうだったのが、「ブラザー・グリム」 予告編を観るまでは全く興味が無かったのだケド、ダーク・ファンタジーな雰囲気で指輪物語が面白かった人には楽しめそうなカンジだった。衣装も可愛かったし。次の映画鑑賞会はコレかな。

そして10分ほど予告編を流した後に、本編「チャーリーとチョコレート工場」の上映が始まった。
以下、感想↓↓↓ 【ネタバレあり】
この作品の原作は全く読んだことがないのだケド「海外のお子様には根強い人気の児童小説」ということは以前から聞いていたので、勝手にドキドキ・ワクワクな子供が笑える内容を想像していた。
したらば! 思いっきり泣かされる映画でしたよ!! まさかこの映画で泣くことになろうとは…数日前に泣くつもりで観に行った「アイ・アム・デビッド」は殆ど泣けなかったというのに…。

先ず初っ端から、主人公チャーリーの健気さに涙。チャーリーがゴールデン・チケットを入手するまでの間に、彼と彼の家族の様子が描かれているのだケド、それがもう素敵でね。家族愛に弱い自分はイチコロだった。ココだけでこの映画観にきて良かった~と思ったよ! ものの20分位のところでサ(笑)

で、いざチョコレート工場に行ってからは、チョット中ダルミに感じたのは私だけかしら? なんだかテンポが悪いように感じた。特に太っちょの子とガムの子の間。次はまだ~??ってカンジで。でもその後は割とテンポ良く進んでたかな?
しかし、チャーリー以外の子は順番にお仕置き(?)されるのだケド、よく親たち(劇中のね)は取り乱さないなーと。意外と冷静だったよね。もっと取り乱しても良いと思うんだケド。だって有り得ないじゃん! ウォンカさんに「訴えてやる!」って言って騒ぐ親がいてもよさそうだと思うんだケド…。ファンタジーだから良いのか!?
そしてこのお仕置きの際に、ウォンカさんが雇っている小人族「ウンパ・ルンパ」が歌を歌って踊るんだケド、これが良かった~♪ この演出ブラボー! 楽しかった! お仕置きされる度に、次はどんな歌と踊りで来る!?とニヤニヤしながら待っていた。てか、ウンパ・ルンパのキャラクター強烈過ぎ(笑)

で、最終的にチャーリー1人が残って、チャーリーに工場を譲ろうとして断られるウォンカさん。この後のチャーリーとウォンカさんとのエピソードが私的にツボで。特に靴磨きのトコロが! 大人だけど子供なウォンカさんと、子供だけど男前なチャーリーに密かに萌えてました…。ホント、あぁいうシチュに弱いのデス…頭腐っててゴメンなさい(爆)
最後はウォンカさんのトラウマも見事解消し、また泣かされてしまった。EDもハッピーエンドで大満足♪
一つ心残りがあるとすれば、拾ったお金でチョコ買うのはOKなのか!?ってコト。良いのか? ソレで?? チョットその辺モヤっとなりましたよ…。

前評判でジョニデが格好良くない、演技が過剰でイマイチだという意見をアチコチで聞いたケド、元々ジョニデを二枚目だと思ってない(と友人に言ったら理想が高すぎだと言われた・笑)自分には全然OKだったし、あの演技もむしろジョニデ最高!ってなカンジだった。特にウンパ・ルンパとの出会いを回想しているシーンの演技が♪ あーあんなアホなことしてるよ!ってカンジで(笑) アホなことを如何に大真面目に演るか、その面白みに気付かせてくれたのは香港映画サ…。有り難う、トニーさん(笑)

というカンジに、久し振りに映画館で観た映画の中では大満足な映画だった。笑って泣いて…切なくて泣くのではなく、感動して泣く映画って最近なかったからなぁ。間違いなく、今年観た映画TOP3には入るかな? もう一度観に行きたいトコロだけど、直ぐにDVDになるしね。それまでガマン。でも早く観たいーーー。ジレンマ(苦笑)

映画鑑賞後はいつも感想会になるのだケド、今回はソレがなかった。皆満足してたのかな? 気になるわー。
スポンサーサイト

≪ アジアポップスウィンド 9/26ホームSWEET LOVE SHOWER 2005 @ 日比谷野外音楽堂 ≫

Comment

こんにちはー

TB&コメントありがとうございました!
ジョニデって、映画を観るたびに全然違う人になってるので、どれが本当のジョニーなんだろうって、思ってたんですが、今回来日した時の様子を観て、あら、やっぱり素顔が一番かっこいいわ、と思ったのでした…(笑)
私も二枚目とは思ってないですけど、白塗りがあれだけ似合うので、やっぱり二枚目なのかも。

最近、香港映画のハチャメチャぶりが自分の中で「面白いもの」として認定されてしまったので、ハリウッド映画では、この映画が久々にヒットでした。
クオリティは、さすがハリウッドって感じですね。

素顔のジョニー

が実は一番イケてないと思ってたりします…ジョニデファンに石を投げられそうですが(笑)
私には一寸アクが濃すぎるというか…目が濃いですよね。
スパロウ船長は格好良いと思うんですけどね。あの濃さが上手い具合に生かされてるカンジで。
私には珍しく、↑の船長観たさに映画館に足を運んだ思い出が。あ、あとオーリーもか(笑)

>クオリティは、さすがハリウッドって感じですね。

ですよね! 実際お金もかかっているのでしょうが。
香港映画を観ているといつの映画だ!?と思われる映像がしばしば…。ま、ソコも味ではあるのですが(笑)
香港映画のハチャメチャさも慣れると面白いですよね。
バカ映画の代表として、友人にチャウ・シンチーの作品を強力に推されたので今度観てみようと思います。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

チャーリーとチョコレート工場

ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ジュリア・ウィンター、アナソフィア・ロブ、ジョーダン・フライ、フィリップ・ウィーグラッツ出演。ティム・バートン監督作品。公式サイト家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バケット少年(フレディ・ハイモア)は失業中の父(ノ

映画「チャーリーとチョコレート工場」

原作:ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」 全世界で1300万部を売り上げるベストセラーの映画化作品。両親と両祖父母と一緒に、今日もまたキャベツのスープをすするチャーリー少年(フレディー・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日に買っても

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。