10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/20

最近TVで観た映画の感想

最近TVで放映された映画「リベラ・メ」「CASSHERN」の感想です。
即行ネタバレの感想ですのでご注意を(笑)
「リベラ・メ」
聞き覚えのあるタイトルから、以前Webで読んだ批評が面白かったような…と思い出し、観てみるコトに。この映画に出演しているユ・ジテが、現在公開中の「美しき野獣」(←このタイトルセンスはどうなの!?)にも出演している関係で放送された模様。「美しき~」も観に行きたいんだよなぁ。ちょっと無限道臭がするから(笑)
で、この映画の感想はというと…あー、色々と詰め込みすぎちゃったね…という感じだった。
話自体は面白いと思うんだケド、風呂敷広げ過ぎちゃって最後は尻窄み…みたいな。どの辺に焦点を置きたかったのか良く分からなかった…多分TV用に編集されて余計に分かり辛くなっていたと思う。なんかね、場面場面が繋がらないんだよね…何処がどうなってこの状況なの!?ってカンジに人物と状況が繋がらなかった。
このシーンは盛り上がるから入れとけ! このシーンは泣けるから外せないな!みたいな基準で入れてんじゃないの!?と思ってしまうくらい。
特に冒頭は登場人物も多くて、名前も顔の区別もつかずチンプンカンプン。話が進むにつれ登場人物がどんどん死んでいって、漸く区別が付くようになったり(苦笑)
そんな訳分からないながらも最後まで観てしまったのは、やはりツッコミ所が満載だったせいでしょう!(笑) もう至るところでツッコミまくり。
ヲイヲイ、いくら消火後で水浸しだからといってタバコのポイ捨てはマズイでショ! とか、
韓国の消防士の扱いってそんなにヒドイんですか! とか、
先輩の行動(一般人の前でカルテ広げるのはどうよ!?)は軽率すぎるでしょ! とか、
いくら何でもそりゃ燃えすぎ(ある意味「萌」でもある・笑)でしょ! とか、
先輩はそんなに後輩君のコトが好きなんですか! とか、
ヒロインいる意味あるんですか!? とか(笑)
あと役者さんたちも演技が達者でカナリ惹きこまれた。特に犯人役の人! イっちゃってる演技がスゴカッタ!
と、結構良い要素が多いのに消化不良なんだよなぁ。先生の行動とか、最後の犯人の心変わりとか、腑に落ちない点が沢山あって。てか先生が勝手な判断をしなければ、そもそも事件はこれほど大きなモノにならなかったのでは!?
犯人の心変わりの切っ掛けも何だか納得に欠けるというか…何が犯人の琴線(?)に触れたんだろうか…。なんか監督が面倒になって適当にオチを付けたようにしか…(←そんな訳はありません・笑)
TV版でなければもう少し筋が通ってたりするのかしら?
DVDでもう一回観てみようかなぁ、とチョット思った作品でした。


「CASSHERN」
世間の評判通り、キレイなだけの映画でした(爆)
PVを延々観させられているようだ、というような批評があったケド、正にその通り。映像の出来としては最高に良いけど、それを2時間半も観るのは正直言って拷問です。良いものだからといって、量があれば良いってもんでもないでしょ? 加減が必要ですよ、加減が。良薬も量を過ぎれば毒ですよ。
しかもストーリーも良く分かんなかった…。監督の中では筋が通っているのだろうケド、私にはサッパリ。「キャシャーン」という自分の好きなヒーローを使って、自分の好きな映像(というか美意識?)をイッパイ録りたかったんだろうなぁというのは分かったケド(笑)
観終わって昔読んでいたコバルト文庫を思い出した…「そうか…、そうだったんだ!」と唐突に登場人物が納得しちゃうヤツ。作者の中ではその登場人物がどういう経験をつんできたかとか、どういう考え方の人物かという背景(読者にはない情報)が分かっているから筋が通っているという。
読者に作者と同じ理解力を要求する…ってカンジかな? オレの意図(思考)を読め!みたいな…。
だから最後の宇多田ヒカルの歌には目から鱗。正にこの歌の歌詞にこの映画の全てが詰め込まれてると思った。
あの訳分からないストーリーを歌詞の中に収めた宇多田の感性(?)はスゴイ! 宇多田天才!(笑)
てか、最後のPVみたいなところだけ作っとけば十分だったんじゃん?(爆)
スポンサーサイト

≪ NHK中国語会話ホームベルベット・レイン(日本語吹替版) ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。