10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/26

二月大歌舞伎 夜の部 第三回目

本日の歌舞伎: 二月大歌舞伎 夜の部 二幕 「京鹿子娘二人道成寺」 @ 歌舞伎座

とうとうこの日で見納め。
過去の感想はこちら→ 第1回目(2/16・木)2回目(2/25・土)

昨日も観ただろう!ってカンジだけど、好きなものは何度観ても飽きないのです! しかも千穐楽だから、コレを見逃すと次に観れるのが何年先になるか分からないという…。
後腐れを残さぬためには実行するのみ! ということで、ASIAを引き連れて歌舞伎座へ…。
本来なら二幕の幕見席の販売時間は17:55~だったのだケド、早めに行くに越したことはないとばかりに、美術展を見終わったら速攻歌舞伎座へ。
着いた頃は開演前の一幕目の幕見席の入場がほぼ終わっている状態で、二幕目からの入場希望者が10名ばかり並んでいた。とりあえず打ち切りにはなっていないようなので、その場でそのまま待機。そのお陰か、無事入場することができた。

幕見席は初めてだったのだケド、思ったほど悪い場所ではなかった。近いか遠いかの違いで、見える範囲はほぼ三階席と変わらない感じかな? スッポンから出てくる玉さまは観えなかったケド、花道で踊る菊さまはホボ観えたから私的には全然良し(笑) コレで800円なら、好きな演目で時間が許すなら毎日でも通いたいところ(笑)

前日は間近で菊之助丈を追うばかりだったケド、この日は一点でなく舞台全体を楽しんだ。やっぱこの演目は舞台全体を観れるところから観るのが一番素敵だなぁ。
遠目だと、菊さまと玉さまが時々どっちか分からなくなるんだよね…ソレがまた神秘性を増すカンジで…っていうのは言い訳かな(笑)
本来なら双子みたいな演出がしたかったんでないかなぁと思ってみたり。でも菊玉だとやはり「花子さん」と「お姉さま」にしか観えないよな。特に手拭のクダリは本当に百合ちっく(笑) でもココが特に好きだったり(爆)
そして花子とは別のもう一つの見せ場、坊主の講釈。最初のほうで詰まったので、大丈夫かな!?と思ったケド、最後はキレイにまとめて…でも、少々早くに終わったような…。

ともあれ、色々楽しかったこの演目も暫くお預け…。次に観れるのはいつになるのかな。
でもこの演目も好きだケド、次は別の菊玉モノが観てみたいわ~。

それから最後に…一日私の趣味に付き合ってくれたASIA、アリガトね~♪
スポンサーサイト

≪ 三月大歌舞伎ホームアートと話す/アートを話す ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。