10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/10

パルコ歌舞伎 “決闘!高田馬場”

本日の歌舞伎: パルコ歌舞伎 “決闘!高田馬場” @ PARCO劇場

当日は生憎の雨だったけれど、予てからやってみたかったコトをしてみた。
ソレは何かと言うと…着物 de 歌舞伎(笑)
歌舞伎座は座席が狭い上、上演時間も4時間と長いので、着慣れない着物で行くのは無理があるな、と思っていたのだケド、今回は上演時間が2時間で、座席もある程度余裕があると思われたので、思い切って着て行ってみた(着物に関して五月蝿く言う人も少ないよな~と思ったのも正直なところ・笑)

開場時間チョイ過ぎに会場へ到着。座席は予想よりカナリゆったり目。歌舞伎座もコレくらい余裕があると良いのになぁ。会場もそれ程大きくないので、どの席からでも比較的観易すそうで、カナリ好印象の劇場だった。トイレも広くてキレイだし(笑)
幕は既に上がっていて、大道具も小道具も一切ない、ただただ広い舞台が広がっていた。本当に何もないので、コレからどんな芝居が始まるのか、全く予想がつかなかった。
歌舞伎と言うと、「時間厳守!」なイメージがあるのだケド、やはりパルコ歌舞伎は歌舞伎であって歌舞伎でない所為か、開演時間を10分ばかり過ぎてからの上演となった。
で、この作品、三谷幸喜さん作とあってか、カナリ面白かった。ほぼ全編笑いっぱなし(笑) しかも細かいところまで演出されていて、ソコがまた笑いを誘った。
今まで観てきた歌舞伎は、大概辛気臭い話ばかりだったので、こういう心のソコから笑える作品は今後も定番になって欲しいな、と思うところ。
でも、基本が若い人向けなのか、一緒に観に行った母には笑いのツボが分かり辛かった模様。私の解説で、ようやく理解してたよ(笑) 時事ネタは知らないと、本当に分からないからね…自分も見落としているかも。

話自体は「みんな安兵衛が大好きv」が基本で、安兵衛と同じ長屋に住む住人が、それぞれと安兵衛が纏わるエピソードを交えて進んで行くカンジ。ホントおかしい位ミンナが安兵衛に尽くすんだよね…。長屋の住人、イイヒト過ぎ(笑)
そんな長屋住人の中で一番“安兵衛LOVE”なのが、勘太郎くん演じる又八。自ら弟分を名乗り、偽の喧嘩をでっち上げ、喧嘩の仲裁に来た安兵衛に仲裁料を払って安兵衛を持ち上げる。因縁をつけられ窮地に陥った又八が「先生~、助けて~~~」と声を上げる様はカワイカッタ(笑)
でもある事件を切っ掛けに、不甲斐ない安兵衛に見切りをつけ、長屋のみんなが安兵衛に協力する中、一人裏切り行為を働いていく。
でも一見裏切り行為の様でも、安兵衛のことを一番に考えて行動していたのは又八だったと思う。
長屋の人々が安兵衛の為に身を捨てていっても、未だ煮え切らない態度をとる安兵衛に又八は罵りの言葉を投げ、ついには安兵衛に斬られる。
そして息も絶え絶えながら「かつての安兵衛に戻って欲しかった」と言う又八…切ない、切ないよ、又八!!(泣)
もうこの又八の、安兵衛の為なら例え人の命だろうと犠牲にしてしまえるトコロに究極のエゴイズムを感じたよ。この作品での一番のエゴイストは又八だね。だって、彼の理想の安兵衛を取り戻すためにミンナ犠牲になっちゃったんだもん…(しかしミンナ死んでるとは思わなかったヨ…又八の台詞を聴くまでは…) ある意味影の主役だよな…と思ってみたり(笑)

出演人は、みんなそれぞれ良かった。前から二列目で観られたので、役者さんたちの熱演振りが手に取るように分かった。汗や唾のしぶくところや、白粉が舞う(笑)ところなんて、歌舞伎座の三階席からじゃ分からないもん(笑)
また、花道代わりに使われていた通路近くの席だったから、ホント役者さんたちが近かった。でもスポットライトは眩しかった(*o*)
染五郎さんは初めて観るのだケド、横顔が強烈に色っぽかった(笑) あと、敵役の先生の時も、また別の色っぽさがあって◎ 内心「ミッチー」て呼んでたよ(笑)
勘太郎くんは、本人の人柄が滲み出ているような、胸に迫る演技だった。
そんな中、特筆したいのは市川亀治郎丈とお梅ばあさん役の市村萬次郎丈。
亀治郎丈は主演3人の中で、一番演技が光ってた。声が良く通るし、何より目力がスゴイ! ホント射貫かれるかと思うくらいの目力だった~。なんだかコチラも気を抜いてはいけない気分にさせられたよ(笑)
最初、立役で出てきたときはチョット残念だったケド、その後女形でも登場してくれて嬉しかったv 亀さんは立役より女形の方が好きなので。しかも今までと違って、才女というよりは可愛さを武器にした計算高い姫なカンジで、これもまた可愛らしくて良。
そして亀さんが一番歌舞伎役者っぽい演技をしていたと思う。でもその演じ振りが歌舞伎慣れしていない人には滑稽に映るようで、シリアスな場面でも笑い声が上がっていたのがニンともカンとも…。ま、ソレが狙うところであったのなら良いのだけど。
そして、お梅ばあさん。もう凄く良いキャラだった! 近所にいたら小憎らしく思うだろうケド、憎めない(笑) 萬次郎丈がホント良い味を出して演じていた。

でも一番凄いのは、三谷幸喜さんか。それぞれの俳優さんにあったキャラを作り出したのだから。ホント、どの役者さんも違和感なく素敵だったよ~。

今回の作品、「パルコ歌舞伎は歌舞伎じゃないなんて、言うだけ野暮」と義太夫さんも歌っている通り、言うだけ野暮なのだケド、「これ歌舞伎だ!」と言えるまで続けていって欲しいなぁ(今は「これ歌舞伎」って範疇だと思う・苦笑)
でも初回で構想8年…。次回は8年後か!? 先は長いなぁ(笑)
スポンサーサイト

≪ ブロークバック・マウンテンホーム夢の映画バトン ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。