10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/22

平成若衆歌舞伎 「大坂男伊達流行」

本日の歌舞伎: 平成若衆歌舞伎 「大坂男伊達流行」 昼の部 @ ル テアトル銀座

前日に引き続き、この日も歌舞伎。当初予定に無かったのだケド、朝日新聞のチケットプレゼントに当たったので、母と二人して観に行ってきた。
一応、当選者枠があって抽選ということだったケド、応募した人全員当たっているような気がする…何だか何時ぞやのライブを思い出してしまったよ(遠い目)
早めに来た方が良い席のチケットが貰えるかな~?と思って、早めに会場に行ったのだケド、引き替えたチケットは微妙な席だった…。んー、コレなら遅く来ても同じだったかな?と思ったケド、会場に入ってみたら思っていた程悪い席ではなく、ソコソコ観やすい席だった(←タダで貰っておいて注文をつける女・笑)

作品自体は良くある話で、先が読める分、客を舞台に集中させるのは役者の技量次第。そして、その技量はやはり若手とあってか心許なく、途中何度か深い眠りの森に誘われてしまった(爆)
そんな中、一際キラリと光るのは愛之助。ヤハリこの中では技量の差が歴然。当然といえば当然のコトなのだケド、本物だなぁと思った。
他に目を惹いたのは“おせん”役の人。声が普通に姐さん声で、この人実は女の人でないの!?と密かに疑ってました…(笑)
前半で良かったのは、敵対する2チームの決闘シーン。ちょっとミュージカルなカンジで面白い演出だな、と思った。
しかし前半は、全体的に話が広く浅く~というカンジで散漫な印象が否めなかった。もう少し説明が欲しかったなぁ。って、自分が聞き逃してただけかな!?
後半、平左衛門とおせんの一騎討ち(?) とぉってもシリアスな場面なのだケド、おせんのあまりのしぶとさに思わず笑ってしまった。スミマセン。でもアレは幾らなんでも引っ張りすぎでない!? オカンは「不死鳥だね」とコメント(笑) まぁ、コレのお蔭で完全に目が覚めたのだケド(苦笑)
その後の立ち回りは目を見張るものがあって面白かった。特に戸板を使ったバランス(?)は「おぉ!」と感嘆の声を上げてしまった。
最後はお約束、心中なのだケド、「人死にで泣かせるな!」と思いつつ、お約束通り泣かされるのでありました。

前半は締まりがなく、やはり若手が演っているからかな?なんて不遜なことを思っていたのだケド、後半は勢いがあって最後は泣かされて…〆が良かった所為か、終わってみればそれなりに満足することが出来た。
あと特筆すべきは、回り舞台がない中、テキパキ変換されていた舞台変換。美術さんの技量に感心。大掛かりな舞台設定にしなくても、魅せることは出来るのよね。今月の歌舞伎座の「江戸の夕映え」もこうだったら良かったのに…。音楽も若手を意識してか、疾走感のある曲が多用されててナカナカ良かった。

最後、歌舞伎には珍しくカーテンコールがあり、頑張って!の意も込めて出演者達に沢山拍手を送った。最後に愛之助が登場。その場で汗を拭いた手拭を客席に向ってポイッチョ。ソレに飛びつくファンの群…何だかミュージシャンのライブみたいね(笑)
歌舞伎歴の短い自分が言うのも何だケド、まだまだ拙い所はあったけれど、一生懸命やってるんだ!という意気込みが伝わってきて、最後、全員が舞台に並んでいる姿を観て、何だか泣けてしまった。

東京進出第一弾はカナリ厳しい結果だったとは思うけど、来年もチャレンジして欲しいな。でも先ずは会場の広さと、チケット代を考えた方が良いのでは? やはり名題下の役者さん達が出ているのだから、もう少し安くても良いんでない?? 音楽系だってインディーズは安いんだしさ~。ってそういうモンでなし?
スポンサーサイト

≪ 團菊祭 五月大歌舞伎 昼の部 第二回目ホーム團菊祭 五月大歌舞伎 夜の部 第二回目 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。