10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/17

六月歌舞伎鑑賞教室「国性爺合戦」

本日の歌舞伎: 六月歌舞伎鑑賞教室「国性爺合戦」 @ 国立劇場 大劇場

「歌舞伎鑑賞教室」ということで、初心者の自分にとって歌舞伎の基本や仕組みを知るには丁度良い機会+値段もお手頃ということで行ってきた。
この日はどこぞの高校の課外授業の日だったらしく、1階席はほぼ貸し切り状態。騒がしかったらイヤだな~と思ったのだケド、始まってみれば静かだし(3階席だったから気付かなかっただけかも・笑)、驚きや笑いの感情表現が素直で、歌舞伎座とはまた違った雰囲気でソレはソレでまた新鮮だった。しかし開幕のときに口笛を吹くのはお行儀が悪いですよ!(笑)

先ず初めに「歌舞伎の見方」と題した解説が。
幕が上がると、円形舞台が回りだし、セリの部分が上下運動。3階席からだと俯瞰する感じで奈落の深さも分かって迫力があって面白かったケド、1階席からだとイマイチ面白味がなかったんじゃないかな?
続いてスッポンから解説担当の亀三郎登場。解説は担当役者が考えているのかな?と思っていたのだケド、チラシを見ると予めシナリオが用意されてある模様。なので、淀みなく解説が進んで行くので飽きさせない。しかも亀三郎は声がホントに良いんで聞いているだけでもウットリ(笑)
この解説、今更聞けない歌舞伎用語や基礎知識も優しく簡単に解説してくれて、大変有り難かったデス(笑) 歌舞伎初心者にはホント持って来いなカンジ。
基礎知識の他にも、この後に続く「国姓爺合戦」の解説もしてくれ至れり尽くせり。この解説が面白かったので、演目にも否が応にも期待が高まった…
で、肝心の「国姓爺合戦」はというと…

やっぱ時代物は苦手だな~と(苦笑) 導入部分(一幕目)が増長にカンジて途中寝てしまいました(爆) 錦祥女の思い入れというか泣かせの場が長いかな~と。義太夫が良かったことは良かったのだケド、でも長い、長いよ…。なので、いつの間にかオカンの渚が縛られててビックリ(苦笑)
でも二幕目は一幕目に比べ、話に動きがあってわりと観れたかな。
甘輝が錦祥女を殺そうとして、ソレを阻む渚のトコロは面白かった。オカンのアゴ強すぎ(笑)
あと、錦祥女が自決したのを機会に、甘輝が和藤内に協力を約束して共に奥に引っ込み、和藤内が投げ捨てた刀を甘輝の部下たちが片付けようとするトコロ。ヲイヲイ、君たち。そこに瀕死の上司の妻がいるのに何を遊んでいるんだい? 早く助けてあげなさいよ!!と思ったのは私だけではないハズ(笑)
微妙に演出が変(?)で、その辺が刺激になっていたかも(苦笑)
しかし、甘輝の信二郎は台詞が入ってないってコトはないだろうケド、台詞回しが随分間の悪いカンジで微妙だった。見た目が立派だったダケに勿体無い。

今回、舞台が中国とあって、衣装も派手で見目も楽しく、音楽も中国っぽいカンジで普段と違った面白味があったケド、如何せん話が無駄に長い気がした。長く書けば面白いというモンでなし、無駄なところがあるとヤハリ面白くないと思うのですよ…。
あと、歌舞伎教室ということで、義太夫節を電光掲示板で表示していたのだケド、義太夫より役者の台詞を表示して欲しかったな。義太夫は意外と聞き取れるケド、役者の台詞回しは時代がかってて意味不明なことが多いので(泣)

帰り際、学生さんが「思っていたほど面白くなかったね」と会話しているのを聞いて、解説聞いて折角興味を持ったのに、ソレを挫いてしまう結果になってしまったんだなぁと苦笑い。

今回の演目、歌舞伎を観たことが無い人が連想する「これぞ歌舞伎!」という演目ではあったけれど、歌舞伎教室を機に歌舞伎に興味をもって欲しいと思っているのであれば、とっつき易い世話物を上演したほうが今後に繋がるような…。もしくは十八番系とかね。私も小難しいモノよりエンターテインメント性のあるものが観たいワ(笑)
スポンサーサイト

≪ 恋するブラジャー大作戦(仮)ホーム「梁朝偉オフ会 in 東京」計画 最終案内 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。