10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/11

六月大歌舞伎

忘れないうちに、「六月大歌舞伎」の感想を…

◆◇◆ 昼の部 ◆◇◆

一、「君が代松竹梅」
ご祝儀舞踊ということで、何だかおめでたい雰囲気の舞踏。しかし何で今の時期に!? お正月とかの方が向いてそう。
各々が松・竹・梅を手に持っているのだケド、遠目(三階席)から観ると、大根を持っているように観えてしまった…(笑) 三人の中では愛之助が一番好みの踊り方だった。

二、「双蝶々曲輪日記」
え? そこで終わっちゃうの!?ってトコロで終わっていて、何だか消化不良…。というか、結構寝てたかも…(爆)

三、昇龍哀別瀬戸内 「藤戸」
舞踏劇というのかな? 吉右衛門の老母はちょっと無理がある(貫禄がありすぎる)かな…なんて思ってたケド、蓑を使って子供の思い出(?)を語るトコロはウルウルきた。
あと、佐々木盛綱の部下4人が素敵だった~v つい、一番若い種太郎を目で追ってしまった(笑) 最後、悪龍を囲んで退治するところが格好良かった。
しかし、対する悪龍のアノ頭の龍の載せ物(冠?)はチョット滑稽だった(苦笑) ズバリ龍の形をしたモノを載せるより、龍を彷彿とさせるモノ(龍の角だったり…)を載せた方が様になったんではないかな?と思ったり。

四、江戸絵両国八景 「荒川の佐吉」
佐吉という役は、初めから格好良い役なのかと思っていたら、本当に三下奴でビックリ。仁左サマは格好良いのに!(笑) 腕っぷしは強くないケド、義理人情に篤く…そんなんだから、いつも貧乏クジを引いていて…。ホント、損な性分だな~って思うのだケド、そいういう佐吉だからこそ、辰五郎も兄貴分として慕っちゃうんだろうな。この劇に出てくる女性はホント見る目がないね(笑)
仁左衛門と染五郎のコンビも歳の差を感じさせない良い雰囲気で、カワイイナ~二人ともv、なんて思いながら観てた。染五郎は世話物の方がイキイキとしていて好きだな~。段四郎は格好良い悪役でこれまた素敵v
後半、子供の話になったトコロは、ちょっとレスリー・チャン主演映画「流星」を思い出した。てか、設定一緒ね。最後は母親に引きとられるという…。
菊五郎演じる大親分が、子供を母親に返すよう佐吉に諭すときに、「犬猫を育てるのとは訳が違う」みたいなことを言ったのだケド、ここでもう大泣き(ToT) 踏ん切りをつけさせるため、あえてキツイ言葉を言ったのだろうケド、ヒドイヨ親分ーーーッ(泣) 佐吉は犬猫育てるつもりで卯之吉を預ったんじゃないやい!!
もうこの後の子別れは涙なしには観れなかった…周りのお客さんでも結構号泣されている方が多かった…(でも、鼻かむのは我慢して欲しかったな、なんて・笑)
序盤は自分勝手な人達に振り回され、最後は可愛がっていた子も取り上げられ…佐吉って不幸ね…と思わなくもないケド、仁左サマが爽やかに演じているので、それほど後味の悪い作品ではなかった。結構良い作品でした。うん、私は好きだな。

◆◆◆ 夜の部 ◆◆◆

一、「暗闇の丑松」
題名の通り、話も演出も非常~~~に暗い、後味の悪い作品だった…。丑松が一人、勝手にグルグル回って、周りを不幸にしていって…巻き添えをくった女房お米が一番不幸で可哀相だった(泣) アンタに言われた通りにしてたのにさーーー。

二、新古演劇十種の内 「身替座禅」
前幕の後味の悪さを一掃してくれる、楽しい作品だった♪ おとっつぁん本領発揮(笑) バカ殿様が似合ってますvvv
仁左衛門が奥方役…ということで、色男の仁左サマなら女方も結構素敵なんじゃない??なんて思っていたのだケド…色男、色女に非ず(笑) やぁもう立派な奥方だったよ!(笑) 手とかゴツイんだもん! どうみても女に観えない(笑) でも、嫉妬を露にするトコロは乙女入ってて可愛らしくカンジたのだケド、でもやっぱりゴツイ(笑) 松也も似たような身長だけど、仁左サマ並ぶと可憐に観えるもんなァ。って、この時に限らず松也はいつも可憐だけど(笑) ヤハリ骨格の違いかしら?
玉の井の器量が良かったら、右京も他に目をくれずに、仲の良い夫婦になれただろうに…と思うと、チョット可哀相…。
見た目で判断したらイカンよ!と思いつつ、滑稽さが理屈抜きに笑える作品だった。
今度、勘三郎の襲名披露地方巡業でも演じられるので、非常に楽しみ♪♪♪

三、「二人夕霧」傾城買指南所
何だか良く分からないうちに大団円になっていたポカーン(苦笑)
最初と最後の世話物っぽいノリのときは楽しく観れたのだケド、義太夫に入ってからはチンプンカンプン…
でも時蔵の花魁姿(?)を観れたから、ソレだけでも結構満足かも(笑) しかし遊廓でもないのに何であんな格好してるの? コスプレですか!?(笑)


と、↑の様なカンジで、六月の演目はチョット微妙だった(苦笑) 殆どが「意味が分からなかった…」というのが最たる理由…コレはもう慣れるしかないかなぁ…。勉強、勉強!
スポンサーサイト

≪ 「梁朝偉オフ会 in 東京」計画 最終案内ホームココシリ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。