10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/25

「王の男」 モニター試写会 @ よみうりホール

本日の映画: 「王の男」

韓国映画「王の男」のモニター試写会に行ってきた。
「王の男」は韓国では動員数が1300万人という大ヒット映画。日本での公開は12月の予定。
私がこの映画を知ったのは、とあるブログで。そこでは「韓国発のゲイ映画」として紹介されていたのだケド、雰囲気的には「ゲイ」というよりは「BL」といったカンジだったので、BLスキー(笑)としては観てみたいな~と思っていたので、試写会が当たったのはスゴク嬉しかった。

※ネタバレはしていないつもりですが、先入観ナシで観たい方はご注意を!
この映画、ある程度のゲイ描写は覚悟していたのだケド、ソレは杞憂に終わった。
全くそういう描写がないわけではないケド、「藍宇」「バッド・エデュケーション」のような直接描写はほとんどないので、濃い~ゲイ映画を期待してると肩透かしを喰うかも…。
かく言う自分は「濃い~ゲイ映画」は苦手なので(笑)、その辺はホッと一安心だったのだケド、かと言ってストーリーが充実していたかというと…う~ん………。
正直、韓国人はこの映画のどの辺にハマったのかサッパリ分からなかった。韓国の歴史を知っているとまた一味違うのかしら?
「きっと韓国の腐女子(失礼)がこぞって観に行ったのね!」と勝手に想像していたのだケド、乙女がココロトキメクような展開でもなかったし…。
でも前の席に座っている人は泣いていたから、感動したのかな? 私の感性が悪いのかしら??

私的には話の中心になる3人の男達(美青年・王・相方)がどうもイマイチだった。各々のツカミ(?)はOKなのだケド、その後の各々の行動が気持ち悪いというかしっくりこない。何だか皆さん流されっぱなしな感じが…。
どうしてもっと自分の意思をハッキリ言わないんだろう?ということが多々あって、「お前は一体どうしたいんだっ!!」と胸倉を掴んでガクガクさせたいくらい(笑) その煮え切らなさが良いのだろうか?
要所要所、切なくなる場面が用意されているのだケド、ソレが切っ掛けで何か進展があるわけでもなく…。イヤ実問題としては進展があるんだケドね、人間関係の進展がないのヨ。LOVEの部分が!!(笑)
そうか、LOVEの部分がイマイチだったから物足りなく感じたんだ…と、感想を書いていて今更ながら納得(笑)

この試写会、モニター試写会ということで最後にアンケートに回答をしたのだケド、その設問の中で「この映画はどのジャンルに分類されますか?」というモノがあり、私は「ヒューマンドラマ」に○を付けた。観る前までは「ラブ・ロマンス」だと思ってたんだケドね(笑)
他には「美青年・王・相方の内、誰に一番共感しましたか?」という設問があり、「誰にも共感できない」と回答を増やして答える私…(笑) だって、強いても誰にも共感できなかったんだもん…。
ただ、美青年役のイ・ジュンギに関する設問には好意的に答えてきた。以前、朝日新聞のインタビューで見たときは「コレが王を虜にする美青年か!?」と思ったのだケド、映画での彼は美青年でした。きっと髪型の効果もあるんだろうなー、うん。美しかった。踊りもエロくて素敵だった。外見はバッチリ! でも中身(性根)がなぁ…。コレが男前だったら面白かったのに…(←あっ…)

他の役者サン達も皆さん個性的且つ演技派揃いで、役が好きかどうかは別として、その演技力は評価するものがあった(って偉そうだな、自分・笑)
特に王様! キモイヨー、コワイヨー、北村○樹みたいだったヨー(笑) 他には3バカトリオ(←勝手に命名)の兄貴分が良かったなぁ。

この映画を観ている間、何度となく「覇王別姫(さらば、わが愛)みたいだな~」と思った。それは別にパクッてるとかそういうことではなく、似たようなシチュエーションが多かったからだと思う。でも「覇王別姫~」程の見応えはなかった。

と、公開前の映画にケチ付けまくりだケド(ネタバレして良いならもっとダメ出ししたいくらい・苦笑)、結局は自分が想像・期待していた内容と違ってガッカリだったんだろうな。これが良い方向に裏切られる内容だったら又違ったンだろうケドね。ある意味、想像の範囲内だったからなぁ。

何だか「SAYURI」を観たときと同じようなモヤモヤ感を感じる映画だった。
ホント、LOVEモノは自分の趣味と合わないとトコトン駄目だなぁ。
逆に趣味に合う人には名作になるんだろうな…、きっと。
スポンサーサイト

≪ 秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部ホームゲド戦記 ≫

Comment

けっこう

興味深い映画です~。
私も、BL系好きなんで。。(濃いのがないのは、ちょっと残念でありますが。。)
誰にも共感できない映画って、たまにありますよね。居場所がない感じで。

ゆうこさんもBL系好きなんですね♪ 同士!(笑)
是非観て感想を聞かせてください。
語りたくなる作品なので、私は一人で観に行ってチョット欲求不満です。
しかし他の方の感想を読んでみると、結構評判が良いです…やはり私の感性が外れているのかしら(苦笑)
登場人物の一人である王様は実在の人物なので、その辺を理解しているとより楽しめるかも知れませんヨ。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。