10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/03

秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部

本日の歌舞伎: 秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部 @ 歌舞伎座

この日は夜の部のみの観劇。

一、 「鬼一法眼三略巻」 -菊畑-
んー、やっぱり時代物は苦手だなぁ(苦笑) 結局集中力が続かず、いつもの通り睡魔が…はぅ。しかし、染五郎の牛若丸と芝雀の皆鶴姫は衣装も綺麗で美しくて、ソコはちょっと目が冴えた(笑)

二、 「籠釣瓶花街酔醒」
いやぁ面白かった! 序幕から引き込まれた。2時間近くある作品だったケド、最後まで飽きなかった。
先ず序幕の花魁道中が凄かった! 一人目(後ろ姿しか観れず、誰だか分からなかった)の時も「キャ~素敵~vvv」と思ったケド、福助の八ツ橋の時には余りの迫力ある美しさに思わず涙が…正に眼福。アレじゃぁ佐野さんが落ちちゃうのも納得。
七三のトコロで、惚ける佐野さんに対して会心の笑みを浮べるのだケド、以前何かで専門家の方の「ここでの八ツ橋の笑みは相手を見下して(侮蔑して)いて、八ツ橋は高慢な女だ」的な発言を聞いたので、ほほう、コレが…と思っての観たのだケド、自分には八ツ橋がそんなに性格が悪い女のようには見えなかった。
そしてその印象は「縁切りの場」でも変わらず…ホント、この時の八ツ橋が観ていて可哀相だった(泣) 好きでこんなこと言ってるんじゃないのよ感があって。
しかしソレにも増して佐野さんが! 可哀相過ぎる!(号泣) 惚れた女には愛想を尽かされ、一緒に居た仲間には慰められるどころか、追い打ちを掛けられるような酷い言葉を浴びせられ…唯一、下男の治六だけが味方になってくれて…あ、芝雀の九重もか。この九重が慈愛に満ちた素敵な方で…もう佐野さん、九重に乗り換えちゃいなよ!と誰もが思ったハズ(笑)
それまでの佐野さんの浮かれ振りというか人の良さ振りに観客も和んでいたから、余計に佐野さんの悲壮感が強調されて切なかった(泣) 人は外見じゃないのよ!
縁切りの場の最後、八ツ橋が「ほとほと嫌になったわいなぁ」的なコトを言って去るのだケド、コレは自分(八ツ橋)に向けて言った言葉なんだろうな。でも佐野さんは自分(佐野)に向けられた言葉として受け取ったんだろうな…。
大詰、人相の変わった佐野さんが登場したところで、あぁこの話は悲劇になるんだなぁと、分かり切っていてもやはり切ない幕切れ。佐野さんには最後まで良い人でいて欲しかった…。
しかし吉右衛門はスゴイなぁ。ハマリ役って言うのはこういうのを言うんだろうな、と思う役者振りだった。益々好きになっちゃったヨ!

三、 「鬼揃紅葉狩」
この舞踊劇も面白かった! 常盤津と竹本の掛け合いが格好良くて! 役者そっちのけで、上手下手に視線飛ばしまくり(笑) コレばかりは舞台正面の席を取って正解だったな~と思った。下手に常盤津連中、正面に田中社中、上手に竹本連中が配置され、御簾内でも鳴り物がフンダンに使われていて、ホント面白かった! 歌舞伎の曲で、素敵!と思うのはなかなかナイのだケド、コノ作品の曲はホント良かった~というか派手で楽しかった♪
と、音楽ばかり褒めてしまってますが。
踊りの方はというと、ホント、目に入ってなくて記憶が…(爆)
只、男山八幡の末社の4人組は可愛らしくて、あぁいう健気な姿を見せられると、オバチャン涙が出ちゃいますよ(笑) 松江さんも目を開けて観たかっただろうな~。
他に目を引いたのは種太郎くん。6月にも同じような従者役で出ていて、その時も目が釘付けになってしまったのだケド、ホント凛々しくて格好良いです。
どんな役者さんに成長するのか楽しみだなぁ。
スポンサーサイト

≪ 第19回東京国際映画祭 ラインアップ発表!ホーム「王の男」 モニター試写会 @ よみうりホール ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。