10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/29

あわれ彼女は娼婦

本日の舞台: あわれ彼女は娼婦 @ Bunkamuraシアターコクーン

今回初めて、蜷川幸雄演出の舞台を観てきた。
昨年、歌舞伎座で観た「NINAGAWA 十二夜」が面白かったのと、今回の演目の題材に興味を惹かれたから。
その題材とは…「近親相姦」
興味を惹かれた…なんて取り澄ました言い方をしたケド、要は萌えポイントなのだ、自分の(爆)
人にはそれぞれの状況において、好きなシチュエーションというのがあると思うのだケド、私の場合、恋愛モノ(創作)におけるツボがコレ。まぁ他にも「年下攻」とかね…(笑)
タブーが多ければ多いほど、恋愛モノは燃えるのです!!(極言)

別に近親モノが好きだからといって、自分がそういう指向(嗜好ではあるけれど・苦笑)というわけじゃない。自分がそうなりたいとは思わないケド、そういう指向の人を否定したりはしない。
そもそも「肉体とは精神の器である」と思っているので、恋愛に関しては何でもアリだと思ってるし…てか、何で人間「バイ」でないの? って自分大好き人間の言うことじゃないケド(苦笑)
でも、恋愛は自由だ!とは思っていても「近親相姦」にタブーを感じている時点で私も世間と一緒なんだケドね…。一応モラルはあるのですよ…。

で、感想の方はというと…

一言で言ってしまえば「面白かった」
怒涛の展開で3時間超の作品がアッという間だった。
自分的には「もっとその辺を詳しく!」と思うようなトコロも多かったケド、3時間という枠内に収めるには仕方ないのかな…役者さんたちも早口だったし(そういう理由でか!?・笑)
どの辺をもっと詳しく描いて欲しかったかと言うと、兄妹がそこに至るまでの心境。お互いがお互いのコトをとても神聖視しているのは分かるのだケド、その結論だけが語られていて、そこに至るまでの苦悩や葛藤が語られていなかったのが残念。まぁこの物語が二人の恋物語というよりは、周りの人たちの謀略がメインの話だから仕方がないのだケド…。
しかし序盤でアッサリ兄妹がそういう仲になってしまうのには拍子抜け。幾ら何でも簡単すぎるだろ!
一応初っ端は苦悩はしてるんだケドね…その後アッサリ告白しちゃうし、受け入れちゃうし…。まぁ、妹は今にも結婚させられそうだし、両想いだと分かったら、受け入れてしまったほうが幸せだしね…。
でも「いけませんわ、お兄様」的シチュエーションが無かったのが残念だった(←そこかよ!・笑)
まぁ、恋人同士になってからの二人は行動は愛らしくて良かったケドね。
しかし妹の“ばあや”は著しくモラルに欠けていて「ソレで良いんかい!」って突っ込みを入れたくなった。昔の人なら尚更厳しいだろうに…。
中盤は、アホの子バーゲットの最後に涙(泣) 側にいたらハタ迷惑以外の何者でもない存在だケド、陰謀渦巻く世界に唯一打算のない純粋な存在だっただけに幸せになって欲しかったなぁ。
そして大詰めは、………兄の余りのキ○ガイっぷりに失礼ながら笑ってしまった。究極の悲劇は笑いに繋がるな…と。でも、究極の愛情表現でもあるな、とも思った。デアボリカのバッドEDみたい(笑)

で、役者さん達はというと…妹アナベル役の深津絵里が可愛かった~。顔が小さくて、声も愛らしくて。これなら兄が落ちても仕方がない。
対して兄ジョヴァンニ役の三上博史は精神的に病んでる姿が様になる(←褒めてます) こういう兄なら妹に惚れちゃいそうだ(笑)
亭主ソランゾ役の谷原章介はホント演技が上手くなったなぁと。これからはドラマも観れそうだ(笑) カーテンコールでも愛敬があって、良い人だなぁと思った。

あ、あと忘れてならないのが照明の効果。まるで朝日のような明るさがあって、コレが本当に綺麗で…。今まで観てきた舞台で、照明に関しては只の光源としか思っていなかったケド、今回の照明は舞台を装飾する一つの効果として立派に主張してた。コレも蜷川演出の特徴なのかしら? ならば、もっとこういう照明が活かされた舞台を観てみたいな。

ということで、物語はもちろん、演出・効果も満足な作品で、今後も機会があれば蜷川作品は是非観たいトコロ。もちろん、蜷川作品なら何でも!という訳でなく、ストーリーが気に入ったのをね。ドロドロの悲劇が観てみたいな~(笑)
スポンサーサイト

≪ Syrup16g presents “UP TO THE WORLD #2” @ SHIBUYA-AXホーム七月大歌舞伎 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。