10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001/04/15

勇気ある子供たちが世界を救う @ 日比谷野外音楽堂

勇気ある子供たちが世界を救う @ 日比谷野外音楽堂
アナム&マキ, HARCO, YOGURT-pooh, キセル, 大久保海太, After me, ?????, GO! GO! 7188, In the Soup

アナム&マキ
アコギを物凄い勢いで掻き鳴らす女性二人のユニット。マキの声がチョーカッコイイ!! 女性なのにスゴイ渋い声なんだよね。曲の感じも良かったのでアルバム出たら買おっと。

HARCO
1曲目、その演奏パフォーマンスにドキモを抜かれる。連段になっているキーボードの上に飛び乗っちゃうんだよ。足で弾いてんだよ! 近藤正臣も真っ青だね(笑) それでも曲になってるところがスゴイぞ青木君。2曲目からは歌詞付で、オザケン風。なんだ、普通の曲もあるのかと一安心。曲の合間に「こんなに広いところだと、端から端まで走りたくなりますね。では、走ります」と言ってから舞台の端から端を走り出したときには思わず笑ってしまった。カワイイな~。出演後、関係者席にいる彼を発見(というか目の悪い私はユースケと間違えた…) FANに押し寄せられ、戸惑いつつもサインをしていました。この日一緒に行ったAちゃんは書くものを持ってこなかったので握手してもらってました。近くで見てもやっぱりカワイかったな(笑)

YOGURT-pooh
司会者に「コレ以上やる気のないバンド名はない。つーかコレ以下もないだろ」と言われた男性3人組みのバンド。3人とも立教大学出身。ヴォーカルの人は卒業したそうだが、ベースは中退、ドラムは6年生になったそうです。でも6年生になったことは親には内緒だそうです(笑) やっぱ、学業との両立は難しいのかしら? 曲のほうはヘヴィーな感じで私にはサッパリでしたが、このバンドのFANの方は結構いました。ヴォーカルのミント色のギターがカワイくて印象的でした。

キセル
京都出身の兄弟ユニット。はんなりとした京言葉で話すのが微笑ましい。曲は「Neo Stream Live」のときと同じもの。今回も例のキセル第三のメンバーが大活躍(笑) 出演後、再び舞台に呼ばれインタビューされるとき、2人の司会者にそれぞれ司会者側に引き寄せられたとき弟が「あわわ、兄ちゃん」と心もとなげに兄のほうに手を伸ばしたのがカワイかった(←ってコレばっかだな)

大久保海太
一人でアコギを弾きながら歌う大久保海太。バックバンドがないと、こんなにも迫力がないものかと実感。私、この人のこと知らなかったんだけど、男性FANが多くてビックリ。男性アーティストに男性のFANが付くってのはスゴイことだと思う。曲の感じは…、んんー、まぁ、弾き語りな感じと言っときましょうか(うまく表現できないが…) 外見はスメリーに似てると思った(笑)

After me
ピキピカ(千葉テレビ)の麻雀大会でヴォーカルの方は何度か拝見したことはあったのですが、歌を聴くのは今回が初めて。外見に違わず、サワヤカ~な感じの曲でした。まるでヨーグルトのCMで流れそうな…。FANは大久保海太と大体かぶってました。最初のMCのとき、「『モーニング娘。』の中澤さんが卒業するというのにこんなところにいる場合じゃありませんね」というようなことをヴォーカルの方が言っていて「ネタか?」と思ったら、後のインタビューでどうやら本気で「モーニング娘。」のFANらしいことが発覚。「誰ってわけじゃなくて『モーニング娘。』そのものが良いんですよ」と熱く語るヴォーカルが微笑ましかった。そして彼らの演奏中に、インスーの八谷サンを関係者席で発見。自分たちの出番前なのに、ビール飲んでました…。大丈夫なんスカ、はっつぁん…。

?????
大久保海太に続き、またもや全く存じ上げないユニットの登場。ピアノとヴァイオリンのアンサンブルにラップのようにヴォーカルの声がのっかる。雰囲気は宮沢賢治の世界。今まで良いお天気だったのに、このユニットのライブのときだけ突然風が吹きだし「風の又三郎?」なんて思ってしまいました。この方たちにはコアなFANが多く、自分の席を立ち、舞台前に押し寄せていました。そんなFANの中に「キセル」兄を発見。かっぱえびせんをムサボリながら熱心に耳を傾けていました。すっかり一般人の中に埋もれる兄。しかしこのユニット、本当に独特な雰囲気をかもし出していて、途中のMCもなかったので演奏後のインタビューが非常に楽しみだったのですが、インタビューはナシのこと。やはり謎な人は謎を残していくのね…。

GO! GO! 7188
「THE BOOM」の前座バンドで見て以来、2度目のライブ。ニューマキシの「土壇場でキャンセル」が好きなので「インスー」の次に楽しみにしてました。私がよく知ってる曲はこの曲と「ジェットにんじん」だけなのですが、こちらも演奏してくれてウレシカッタ。やはり生で聴く本物の音は良いです。他の曲もノリがよく、知らなくても楽しかった。今度真面目に他の曲も聴いてみようと思ったのでした。出演後のインタビューでライブ告知をメンバーそれぞれが行ったんですが、個性が出ていて面白かった。ベースの姉さんの「お前ら男だったら絶対来いヨッ!」はドラムの兄ちゃんの告知(スピーカーの上に足を乗っけて小林旭風に告知)より迫力あって良かった。カッコイイ姉さんは好きだ。

In the Soup
トリは待ちに待ったインスー! Yeah! この日は2月のEASTで仄めかしていた重大発表の日でもあり、更にドキドキ。八谷サン、草場クン、吉田クンが登場し、最後にスカーフを手に持ってユースケ登場! この時点でお客サンはすでに最高潮。舞台中央に立ち、スカーフを頭に巻き気合を入れるユースケ。皆が期待に胸膨らませる中、ユースケの声がゆっくりと詩(ウタ)を紡ぐ。静まり返った中でユースケの声だけが響く「川」の歌い出しはいつも鳥肌が立つ。「今日もやっぱり期待を裏切らないライブになるな!」って予感に。続いて「せんこう花火」 「LOVE SONG」へと続く。「LOVE SONG」は野音バージョン。ユースケが即興で歌詞を変更。この後にMCに入り、重大発表! 「『モーニング娘。』の中澤さんの脱退に比べたら大したことないンだけどね。なんかHPで『重大発表まであと○日!』とかやってたらしいンだ。だから皆大げさに喜んでね。大したことなくっても、大げさに喜んでね」と念を押すユースケ。悪い告知じゃないってダケで私はウレシカッタよ。吉田クンにドラムロールをさせ、発表した内容は…「日比谷野外音楽堂ワンマンライブ決定!」おぉ、スゴイじゃないかこんな大きいところでワンマンなんて!

………と、ここまで書いて放っていたので、ここでお終いです…。
て、肝心のインスー書いてないじゃん! 忘れちゃったんだよね…。ダメダメ自分。
一番覚えてるのは、インスーのライブはトリだったので荘口さんとのトークがなかったのが残念だったってこと!
スポンサーサイト

≪ POKISTA 21 @ ZEPP TOKYOホーム

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。