10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/24

男兒本色  (Invisible Target)

Bunkamuraで開催中の「香港映画祭」で上映された「男兒本色」を観てきた。

で、その作品は…
自分の想像を上回る、
はるかに格好良い映画で…

感動した!(笑)

※※※ネタバレ含みます※※※


そもそも、この映画を観ようと思ったのは、ショーン君+ニコが出てるから(笑) 画面に潤いがあれば、話しがイマイチでも楽しめるかな~と(←失礼)
でもこの作品はビジュアルだけでなく、内容も素晴らしかった!

冒頭が「香港国際警察」を彷彿させる流れだったので、あぁいう感じの映画だったら嫌だなぁと内心思っていたのだケド(観終った後に分かったのだけど、おんなじ監督サンだったのね! 通りで似ているわけだ・笑)、結果として、良きにつけ悪しきにつけ各々の思いが、信念が昇華されてたのが良かったかなぁと。あとは登場人物が愛すべくキャラクターだったところも。
「香港~」ではひたすら嫌な気分になることの方が多かったのだケド(特にダニエルの最後が…涙)、この作品は殺伐とした中にも笑いがあって…それがまた良い塩梅で(笑)
ほのぼのというわけでは無いのだケド、作品から醸されるそういった雰囲気が、根底にある優しさみたいなものが、救いのある作品になっているのかな?と思わせていたので、ジェイシーの最後にはビックリ。…まぁアレだけのコトされたら普通無理か…でもそのお蔭(?)で、最後はジェイシーの一人勝ちというか、男だったぜ!感が出て良かったんでないでしょうか? ジェイシー的に(笑)

ジェイシーは思ってた以上に演技が良かった(笑) 以前ラジオかなんかでカ~ナ~リ~扱き下ろされてたので不安だったのだケド、この作品の彼はそんなに悪くないな、と思った。
彼本来の雰囲気と、役の雰囲気が合ってたんだろうな、と思う。
何つーか、苦労知らずの熱血漢なお坊っちゃん…と言った雰囲気が。良く言えば天真爛漫、悪く言えばボンボン臭が(笑)
でもその雰囲気が、また彼の魅力になっているンでないかな? 取り立てて美男子と言うわけではないケド、カワイイナ~と思わせるところがあるから(笑)

で、当初の目的だったショーン君とニコ。
ショーン君は男っぷりというか男臭くなっていてビックリ。こういう役も出来る役者サンだったのね! 汚れ(?)役のショーンも素敵だったヨ~vvv
アクションも頑張ってたし! あんなにアクションが出来るなんて思ってなかった。
ショーン君というと「ホンワカ、ボンヤリ、ポヤンキ~」なイメージ(←どんなやねん・笑)だったので、今回は彼の新たな一面を見せられ、今後の彼の活躍が益々楽しみになった。
ニコはといえば、アクションシーンが素晴らしかった。3人の中では一番体張ってたんじゃないかな?
正直なところ、顔で売ってる役者のアクションシーンは体したコトないだろう、と思っていたのだケド…ゴメン、間違ってました! 失礼しました。侮っててゴメンナサイ m(_ _)m
もうアクションシーンが兎に角格好良かった!
皆さん今時の青年だからスタイルがスゴク良い。そしてまた、その長い手足がビシッ! ビシッ!と華麗に奇麗に型を決めていくから本当に惚れ惚れする~vvv
特にニコが足を使って相手の首を絞め上げるシーンが印象的。ニコ、格好良かったです。

あとはラストバトルも凄かった~。RPGのラスボス並に強かった! てか人間じゃないよ!(笑) 最初はハラハラしながら観てたケド、最後の方はその余りにも人間離れした強さに可笑しさが込み上げて仕方なかった(爆笑)
しかし香港警察…警備体制どうなってるんでしょう? よくハリウッド映画である、犯人を追い込めるためのシャッターとか採用してないのかな? 犯人に好きにされ過ぎです(苦笑)

EDではショーン君とニコのその後の生活が垣間見えて優しい気持ちに。お祖母ちゃんも幸せそうでよかった(涙)
でもニコが彼女の写真を消去しちゃうのはどうよ?と思った。彼女とのことは過去にして前に進む…ってコトを端的に表現したのだろうケド、ちょっと安易かなぁなんて。何だか彼女のことを忘れようとしているようで、彼女が可哀相だなぁと。モゴモゴ。
あとEDは歌も良かった! アレってニコが歌ってるのかな? クレジットで確認できなかった…。カナリ好みだったのでまた聴いてみたいなぁ。

何だかコレっきりの上映では勿体ない作品だった。
正式に日本で公開しないかな? そうしたらもう一回観に行きたいな。

ところで。
前日のオープニングセレモニーでは出演者の舞台挨拶があったと聞いていたので、この日も期待してオペラグラスを用意していたのだけど、使う機会もなく…残念↓
てか、当の作品を観に来たファンに会わないってどうなの!?
それとも、全員当然全作品観るわよね!?っていう逆プレッシャーなのかしら?(苦笑)
…と、スターには会えなかったのだケド、香港のTVクルーが街頭インタビューをしているのは目撃した!(笑)
東京国際映画祭新聞に使われている写真に写っているマイクも香港のTV局…(苦笑)
日本のメディアももっと力入れて香港映画を応援して欲しいところです…。
スポンサーサイト

≪ ラスト、コーション(色|戒)ホームトニー・レオン 舞台挨拶@みゆき座 ≫

Comment

楽しかったですね♪

風邪は治りましたか?私もあの映画想像以上に楽しめて、香港映画をこれから背負っていくであろう若者達、ものすごくイケてると思いました!
ニコのアクションは体張ってるし、あれだけ動けるのも普段から相当なトレーニングをしているんだなぁと感心しましたよ♪
この映画日本公開になるといいですね!香港映画であのホ-ルが満杯になるなんてそれだけでも感動しました。

最後に

ショーンとニコがおばあちゃんのところでご飯食べているシーンよかったですよねぇ。
(あんないい男が遊びに来てくれること自体すばらしいです。。)
映画も楽しかったです!!
悪い人たちが強烈でした。もう一度じっくり観たいです。
またみんなで観にいきたいですねぇ!

お疲れ様でした!

> marieさん
想像以上に面白い映画でしたね。
ショーン君、今までのイメージだとヘタレっぽかったケド、男らしくなってましたね!
ニコは顔も良くてアクションも格好良くて言うことないですね(笑)
当日は普段の映画館で観る雰囲気とは違った、香港映画大好きムードがありましたね(笑)
誰に遠慮することなく、感情を抑えずに観れて楽しかったです♪

> ゆうこさん
さりげなく、あぁいうシーンがあるだけで嬉しくなりますよね。
孫のことは残念だケド、幸せそうで良かったです。
バランス良く楽しめる映画になっていて、その事にスゴク感動しました。
悪い人たち…余り見分けが付いてませんでしたf^_^;
次に観る時は、シッカリ認識して観たいと思います(笑)
その時はまたゆっくり感想を言い合いたいですね♪

以前に・・・

ここを覗いていたので、てっきりコメントしたと思ってました。遅くなってすみません。
映画面白かったですね。私はDVDを先に観ていましたが、日本語字幕がなくても十分面白かったと思っていたので、皆さんが絶賛してて嬉しかった♪
ニコもショーンもアクション凄かったです。「龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)」もアクション良かったですが、また違った凄さがありました。ジェイシーも頑張ってましたね。
来年、日本公開は決まっているそうなので、またぜひ観たいです。

かなり久々の更新だったので、忘れ去られてるだろうな~なんて思ってたのですが(笑)
コメント有り難うございます。
ショーン君のファンミは残念だったけど、そのお陰でこの映画が観れたので結果オーライかな?(笑)
ホント絶賛したくなる映画でした!
シリアスな中にも笑いがあったお陰で、飽きることなく最後まで楽しめました。
誘ってもらえて良かったです♪ 有り難うございました♪♪
「龍虎門」は結局観てないのですよね…。
ニコ&ショーン君のコンビだし、ドニー先生も出ているし、いつか必ず!(笑)
日本公開も決まっているのですね!
それは是非もう一度観なければ!!
その時はまたご一緒させてくださいね♪

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。