10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/02

ラスト、コーション(色|戒)

公開を楽しみにしていた「ラスト、コーション」を公開初日に観てきた。
去年から何かと話題で期待が膨らむ一方、監督のネームヴァリューで過大評価されてるんじゃないの?なんて、ちょっと穿った思いもあった。
でも作品を見終わった後、そんな自分に反省…スミマセン、監督。
ホント、評価される価値のある作品でした。

正直言うと、観る前は「どんなエロい映画になってるんだろう(#ノノ)」というスケベ心(笑)が大半だった。なんというか、団鬼六先生の世界が展開されているのかと思ってましたよ…(苦笑)
でもソレは全くの誤解で。
確かに過激な性描写が少なくはないけど(始めの方ではまだこの作品の真髄をわかっていなかったので、最初の濡れ場で「四十八手!? ここから四十八手が!?」とか下世話なこと思ってました…ホント、アホで済みません…)、それは物語の上では些細なことで…って、些細なことでもないのだけど…うーん、上手く言えない…。
兎に角! エロイところだけが注目されるのはオカシイぞ!と言うことで。

今回この映画を観に行った切っ掛けは、やはりトニーさんなのだケド、最初から最後まで印象に残ったのはタン・ウェイ演じるワン・チアチー。
もう彼女の人生が切ない…。
父親に見放され(たも同然)、大学で出会った男は理想ばかりが高いヘタレ男…。あんなヘタレのために純潔まで捧げて…(涙)
愛情に乏しかったチアチーがイーに心動かされるのも仕方ないことだと思う。
今まで彼女が愛情を欲した男たちは言葉ばかりで、行動を起こして彼女の愛情に応えなかった(別に、彼女自身は見返りを期待していたわけではないと思うケド…)
でもイーだけは一番分かりやすいカタチで彼女を欲してくれた。それが暴力的な性愛であったとしても。しかも、あんなに必死にしがみつかれ、かつ情事が終わった後のイーの普段とは全く違う、頼りなさげな心もとなげな顔を見てしまったら! もう母性本能くすぐられちゃうわよね!と。
そこに駄目押しのピンクダイヤ。娼婦としてでなく、彼女自身が愛されている証を出されてしまってはもう降参するしかないよな、と。
うーん、言葉にしてしまうと何とも陳腐な感じだけど(苦笑)

最初から最後まで、気高かったチアチーは素敵だった。その時々の選択は愚かしく見えるけれども、自分の意志を貫くチアチーは、惚れ惚れするくらい格好良い女性だった。幸せになって欲しかったなぁ。
そのチアチーを見事に演じたタン・ウェイ…新人とは思えない素晴らしい演技。トニーさんが霞むくらい(笑)
イヤ、トニーさんも素敵だったけどね。時折見せる不安げな表情とか…。
でも最後の脱兎の如く逃げる様が。あそこで全て吹っ飛んじゃった(笑)
まぁ人間、本気で逃げる姿は無様だと思いますが、あそこまで無様だと(笑)
リーホン…クァンという役がピッタリなルックス(笑) あのルックスがあってこそ、クァンのヘタレ具合が活かされるな、と。苛立ち度MAX(苦笑)
そしてこの作品を作り上げたアン・リー監督…ホント、素晴らしい監督なのだな、と改めて思った。短編小説をここまで濃厚な映画に作り上げるとは。
BBM同様、こちらも原作を読んでみたくなった。原作を読んでからもう一度映画を見直してみたいと思う。それまで地元の映画館で上映してますように!(笑)

そういえば、冒頭の麻雀シーン。あそこの役にも意味があると聞いていたので、目を皿のようにして観ていたのだケド、イマイチ良く分からなかった…。
んー、どの辺に意味があったのだろう? チラっと見えたチアチーの手が「一萬」でアガリだったように見えたのだけど、その辺なのかな? 「イー」待ちってことで。でも其れがどう物語に繋がっていくの!? 気になるー。
スポンサーサイト

≪ 「エグザイル/絆」舞台挨拶付き試写会ホーム男兒本色  (Invisible Target) ≫

Comment

土曜日は

お疲れ様でした~。せっかく予約してもらったお店をキャンセルすることになって、残念でした。読みが甘かった・・・(悔)。
私もこの映画はタン・ウェイのための映画だ、と思いましたよ。トニーファンなので、やっぱりトニーに注目してしまいますけど、タン・ウェイちゃんの魅力全開だったと思います。
あのピンクダイヤ、うっとりしちゃいました・・・。そりゃ言っちゃうよねぇって感じで(笑)。ダイヤをした指とチアチーの顔を交互に見て、ちょっと嬉しそうなイーがせつなかった。
マージャン、私もよく分からないんですが、ポンとチーのシーンのやり取りは分かりました。確かチーよりもポンが優先なので、最初にイーが出した牌は、イー夫人がポンで取ってしまったけど、イーは次の番でまた同じ牌を出してくれてました。
・・・分かりにくかったらすみません(汗)。

土曜日は楽しかったですね♪お店キャンセル料取られなくて良かったです(^^)
タン・ウェイちゃんも相手がトニーだったからあそこまで演じられたのかもしれませんね。イーの役がもし他の人だったら・・・
例のシーンもトニーだからこそ厭らしさのないものに仕上がったのかもね。
最初どうして乱暴してしまったのか?男の心理が今一つ理解できないのであります(笑)
私もトニーが車に飛び込むシーン思わず笑いそうになりました。ダイブしてますもんね(笑)

はじめまして

hi-chanさんとmarieさんのところから遊びにきました。
神奈川在住の年子2人います。

TLPドンチャさんやnancixさん ぐうさんにもお世話になっています。
いつかお会いできる日を...

リンクいただいて帰ります。
よかったら家にも遊びにきてくださいね(更新率は低めです)


> hi-chan
初日があんなに盛況だとは! 私も想像してませんでしたヨ。
香港飲茶…残念でしたが、また別の機会に行きましょうね♪
タン・ウェイ、素晴らしかったですね! 想像を遥かに超えて良かったです。
彼女でなければあの魅力はなかったな、と思います。
イーとチアチーが一緒の麻雀シーン、イーがチアチーの有利になるよう牌を捨ててるなってのは分かりました。
だからチアチーが和がったとき、他の面子がイーが態と振り込んだんじゃないかとイーの手牌を確認してましたよね。
そのあと問い詰められてなかったので、一応、疑われないように捨ててたみたいですが…。
結構麻雀シーンが多かったので、こういうときルールを良く知っていると、更に面白いんだろうなぁとチョット悔しくなります(苦笑)

> marieさん
キャンセル料、取られると聞いていたのでドキドキでした(笑)
でも無事キャンセルも出来、初日に揃って観られて良かったです♪
そうですよね、トニーさんだからタン・ウェイの演技があれだけ引き立っていたのかも…。
非情さと脆さを両方併せ持つイーはトニーさん以外演じられそうもないですよね。
最初に乱暴してしまったのは…余裕がなかったんでしょうね。可愛さ余って憎さ百倍みたいな(笑)
車に飛び込むシーンは、本当うまく飛び込んでるなーと。
そこに一層笑いを誘われます…未だに思い出し笑いしてしまいます(笑)

> nozominさん
はじめまして。お名前はmarieさんのところでしばしばお目にしてます。
nozominさんもジャパンプレミアに行かれたのですね!
少ないようでいて、意外と行かれた方が身近にいるものなのですね。
直接お会いできたときには、是非そのときの様子をお聞かせくださいね。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。