10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/10/31

「俺の道」ツアー @ 渋谷公会堂

本日のライブ: エレファントカシマシ
「俺の道」ツアー @ 渋谷公会堂

「俺の道」ツアーファイナル。9/5のリキッドで良い感じに臨戦状態なヒロジを観ていたし、各地を回って良い感じに仕上がって東京に戻ってきたのではないかな?という期待もあり楽しみにしていた。そして今回はイトコと並んで観る初めてのエレカシライブ。最初誘った時は「渋公は好きじゃない」と断られたのだけど、後日一緒に行ってくれるということに。イトコは熱狂的なエレカシファンだから一緒に観て楽しいだろうな、と思い更に楽しみに。

当日はお互い会社帰りに待ち合わせ。イス席なので開演ギリギリでも余裕があって嬉しい。今回の座席、ファンクラブ経由で取ったのにも関わらず2階席だったのでチケットが届いた時はかなりガッカリした。野音もFC経由で取ってあまり良い席ではなかったから、今度こそは良い席よね!?と期待していたから尚更。しかしいざ座席へ行ってみると思っているほど悪い席ではなかった。でもコレって一般で取っても変わらないような…。本当、チケットを確保するための一手段って感じなのね。

座席に着いて開場後に買ったツアーパンフを二人で眺める。今年に入ってから直前までのライブ風景が納まっている。BOFは全5公演の内、お互い2公演ずつ観ているにも関わらず1公演も被っていないことで話が盛り上がる(笑) 写真を観た感じではモーサムと対バンしたSHELTERのライブが良さげだった。コレ観たかったなぁ。
パンフを見た後はチラシを見、年末のRIJFの出演者の話で盛り上がる。お陰で開演時間まであっという間だった。
18:30開演予定のところ、5分ほど押して開演。ヒロジを残し、先ずは3人が登場。みんな黒シャツ。「ヒロジだけ白シャツで出てきそうだよねー」と話していると、本当に白シャツでヒロジ登場(笑) 思わず二人で大爆笑。
1曲目「生命賛歌」…この曲は今までのライブでは本編の最後に演奏されていたから微妙にシックリしない感じがした。そして渋公の音の悪さにビックリ。渋公は以前に何回か来たことがあったのだけど、その時はそれほど音のことは気にならなかった。でもこんなにライブハウスと違うとは。あまりのチープさ加減に、イトコが渋公は好きじゃないと言っていた意味が良く分かった…。
続いて「ハロー人生」…石君がコーラスしているのは以前からなのだけど、この日は成ちゃんもコーラスに参加! でも成ちゃんの声はよく聴こえなかった…。この曲の最後だったかな? ヒロジが石君にマジ蹴りを一発入れてた。石君よろけちゃって可哀相…と思いつつヒロジの傍若無人さに笑ってしまった。
「クレッシェンド~」でギターを弾くヒロジ。しかし何が気に入らないのか、途中でギターを放り投げる。叩きつけるって感じではなく、子供が気に入らないおもちゃを放り投げるような感じでポイっと。で、すぐスタッフが来てギターを持ち去った…お手入れしないといけないのだろう(笑) この曲、イントロがアレンジされてて何か和風な感じに仕上がっていて、最初この曲だと気付かず新曲かと思ってしまった…。カナリ格好良い感じ。もう一度聴きたいな。
その後はもうほとんどアルバム通りの順で演っていったような。
記憶に残っているのは、
「勉強オレ」…「宿題だ」じゃなく「宿題を出すっ!」と言っていた先生(笑) もう好きにして。
「ラストゲーム」…タンバリンを持って奇妙な踊りを踊るヒロジ。これがもう大爆笑モノで(笑) 本人真面目なんだろうけど、物凄くけったいな踊りだったよ。
「覚醒」…「俺が偉いわけじゃない」を何度も連呼する先生。そして「偉い人の37歳のところを読んで自分と比べてみる」というようなことを言って、もう歌というよりは語り入ってたな。
「オレの中の宇宙」…出だしが唐突でいつもビビる(笑) ここでも俺語りしてたよなー。
「ロック屋」「オマエもロック屋なんだよっ!」と石君の首根っこを捕まえて言うヒロジ。
そして最後に「心の生贄」…このイントロが始まった時は「え? え?? 演るの!? 演ってくれるの!!」と驚きと共に頭の中が白くなった。そして鳥肌が立ってきた。ヒロジが今この場でこの歌を歌うことに感動し、感謝した。なんかね、この歌に対し自分の中で物凄い妄想が渦巻いているのです(笑) そして最後に「良かったね、ヒロジ」という処に行き着いて涙が出そうになる。シークレットとしてではなく、表に立ってこの歌を歌ってくれたヒロジに、そしてヒロジを支える石君、トミ、成ちゃんに感謝。

本編だけで正直満足だったのだけど、やっぱり観たいアンコール。全員着がえてくるのかと思いきや、トミだけが着替えて登場。「アンコールあんまり長くない?」と思っていると「この世は最高!」1曲を演って退場…やっぱり…しかし袖でスタッフが石君の替えのギターを持っていた。これはもう一回アンコールがあるな、と思い再び拍手。
予想通り再び登場。今度はヒロジ黒シャツに着替えてくる。ここからアンコール本番だ。と思っていると「演る曲がないんですよね」とヒロジ(笑) そんなことはないでしょ! 生で聴きたい曲いっぱいあるのに!! そんな中、急遽4人で集まり決まった曲は「星の砂」…定番じゃん(笑) 定番過ぎるよー。他の曲できないんですか?(苦笑) 続いて「武蔵野」…東京だからかな?と思ってみたり。そしてココのところライブの〆の曲「何処へ?」…これで終わりかぁと思っていると、ヒロジが「今日は…まだまだ行くぜっ」と言いつつ袖に引っ込む。何? 今日はまだまだアンコールがあるの!?とイトコと一緒に喜んでいたら、結局ここで終了…。何なんですか先生、あの発言は。人を期待させておいて!!
あの発言さえなければ、シックリと終わったのにー。何か釈然としない。そんな気持ちで会場を出ようとすると「新年 新宿コマ劇場ライブ決定!!」のポスターが。「まだまだ行く」はコレのことを言っていたのね。もちろんついて行くよ、エレカシ!!

この日のライブは、今までのエレカシライブの中で一番良かった。
何故ってヒロジの気合が凄かったから。
この日は本当にヒロジの迫力が凄まじかった。もう歌詞なんてあってないようなもの。歌詞の通りに歌おうなんて頭は端からないのだろう。どの曲でも「俺がっ」「俺がっ」「俺がっ」…∞…って一体何回「俺」って言ったんだろう? もう俺様天国(笑)
でも私はこういうヒロジが観たかったの! CDでは聴けない、神憑ったような…壊れかけたうな…狂気の一歩手前のような。この日はソレが観れた。
ロック屋モードのエレファントカシマシ。私の中で益々目が離せないバンドになった。
スポンサーサイト

≪ Hermann H. & the Pacemakers ・ つばき Tour @ 千葉LOOKホーム中尾諭介 @ 津田沼PARCO 3F連絡通路 特設ステージ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。