10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/10/26

中尾諭介 @ 津田沼PARCO 3F連絡通路 特設ステージ

本日のライブ: 中尾諭介
IN STORE LIVE @ 津田沼PARCO 3F連絡通路 特設ステージ

超久々のユースケ!! しかも地元千葉の上に津田沼! 津田沼には並ならぬ愛着があるので嬉しい限り。この報を受けて早速Aちゃんに連絡するも、既に他の予定が入っているとのこと…残念。地元のライブ(しかも一般の人も大勢いるデパートでの!)に一人で参加は恥ずかしいなぁと思っていたら、当日、母も津田沼に買い物に行きたいということで、母と一緒にユースケを見ることに(笑) 身内に熱をあげている姿を見られるのも、コレはコレで恥ずかしい…。

というわけで、当日は母とともに津田沼へGO!
先ずはインストアの時間を確認しにPARCOへ(自分の記憶違いで見れなかったら悲しすぎるので) 多分あそこで演るんだよなーと思っていた、エスカレーターを上がってすぐの場所は他のイベントに使われていた…「えぇ!? じゃあドコで演るのさっ」と思いA館からB館への連絡通路へ行ってみると…そこにはちっちゃなステージが!! 本当に連絡通路で演るんだ!? かなりビックリ。
とりあえず時間を確認し、母の目的である甥っ子の誕生日プレゼントを買いにコムサへ。しかしコムサでは気に入ったものが見つからず、無印を見るために再びPARCOへ。
したらば! 丁度ユースケがリハーサルを始めるところじゃないですか!! グッドタイミ~ング♪ 開演時間まで1時間以上あったのでお客さんもまばら。母を残しステージ前へ。久しぶりに見るユースケ。最後に見たときも痩せた?と思ってたけど、更に痩せた感じで…大丈夫かヨー。そしてこの日は無精ヒゲまで生やしてて更にヨレヨレ感UP(苦笑) でもどんな格好をしていてもユースケはカッコ良い! あー、もう自分ユースケバカだわ…と再確認。あ、服装はポスターと同じだった。プロモーション用の衣装なのかしら?

ギターを片手にサラリと歌いだすユースケ。リハなのでさわりの部分だけチョコっと歌う。インスーとは違う切ない感じの歌。歌い終わった後「リハなのでそんな真剣に見つめないでください…」とユースケ(笑) イヤ、この時間からいるお客さんはみんなユースケが見たくて来てるんだから、真剣に聴くよ(笑) 音声さんとあれこれ打合せをし、最後に♪中尾ユースケのインストアが三時半から始まるよ~ みんな観に来てね♪というカンジの即興を歌うユースケ。久振りに即興聴いたー。こんなことでさえ嬉しくなる。「本番では新鮮なリアクションをお願いします」と言い置いてステージから普通に店内へ去るユースケ。後ろの非常ドアから去るものだとばかり思ってたよ…。
開演までしばらくあったので、再び買い物へ。途中ノンタンを見つけ、母とはしゃいでいると係りのお姉さんが「一緒にいかがですか?」と言ってくれたのでノンタンと一緒に写真を撮ってもらってしまった(*ノノ) ノンタンは私の子供の頃の愛読書だったので嬉しかった♪ そうこうしている内に開演20分くらい前になったので、再び会場へ。微妙に人が増えていたけれど、溢れ返るほどではなかった…。30人くらい? 関東圏内では初めてのライブだからインスーファンの人がいっぱい来るかと思ったら意外に少ない。漫然と始まるのを待っているとK君が現れる。あーっ、K君だよー!!と思って周りを見ると反応なし…。それより反対側にいるノンタンにみんなの興味がいっていた…みんな、K君だよ…久しぶりじゃないのかなぁ。

しばらくして開演時間になってもライブが始まらず、どうしたんだ??と思っていると音声さんが別会場で仕事中でこちらに来るのが遅れてるとか…なにおー、早く来んかいっとチョットいらいら。5~10分過ぎにようやく音声さん登場。インストア開演ー。

ステージ横の非常ドアからユースケ登場! 譜面台にノートをセット。どうもユースケ自身の手で歌詞とコードが書かれている自作の譜面らしい。そしてギターとハープをセット。ギターはインスーのライブで良く観る黒いボディのアコギではなく、木目が新しいカンジのアコギ。ハープはあの首からかけるヤツに上手くはまらず悪戦苦闘。手元を見ないでハメようとするんだもん。手元見りゃいいのに…と思いながら悪銭苦闘振りを眺める(苦笑)
準備が完了し「中尾ユースケです。フォークシンガーと呼んでください。せーのっ」
「「「フォークシンガー」」」

ははは。みんな優しいなぁ。って自分も言ったけど。何か、温かいなぁと思って嬉しくなった。「今日は今度出るCDの予約を取りにサインやら握手やらをしに来ました!」ってそんな身もフタもない(笑) でも握手もサインもしてもらえるなんて嬉しすぎ♪ 場所が狭いし、案内にもそんなこと書いてなかったから期待してなかったヨ。
そして「沖縄に負けないぞ!」の言葉に続き「相合傘ダンボール」…ユースケらしいチョット貧乏臭い曲(笑) 決して馬鹿にしているわけではなく、ささやかな幸せを感じるような優しい曲だった。沖縄~の件は、この日PARCOでは沖縄のイベントをやっていてBGMにガンガン沖縄民謡がかかっていたからなのです。
「今日までそして明日から」…吉田拓郎の歌。元歌は知らないのだけど、この日一番楽しい気分になった曲。ユースケ自身も楽しそうに歌ってたしね。
「今回は吉田拓郎さんや長渕剛さんの歌を歌ってますが、自分の歌だと思ってます」と言い切ったユースケ。なんかキラキラしててイイ雰囲気を醸し出していた。今年に入ってからのインスーのライブは何かモヤモヤしたものがあったから、吹っ切れたのかな?と思ってみたり。
ここで前の曲で外したハープをもう一度はめようとするユースケ。最初の時と同じように上手くはまらず、力任せにはめようとして結局スタンドを壊してしまい、スタッフに一言「〇〇ちゃん、壊れた…」ってアンタが自分で引っこ抜いたんじゃない!と内心突っ込んでたのは私だけじゃないハズ。不器用なのかアガっていたのか、この日のハープのセッティングは散々だった(笑)
「最後のMCなんですけど…」と言い以前千葉に住んでいた頃の話をするユースケ。幼稚園の頃に我孫子に住んでいて、そこで初恋を経験したと。相手は幼稚園の先生で、パンダみたいな人だったって…どんな人?(笑) で、その先生の気を引きたいが為に色々やったんだけど、全然気付いてもらえんかった…というような話をしたのだけど反応がイマイチ(苦笑) ボソリと「千葉っ子には刺激が強すぎたかな」と言ったけど、どこにどういう反応を期待してたんだ(笑)
「砂時計」…ビデオで以外聴いたことのなかった曲。しかもビデオが磨り減るのがイヤ(笑)で1回しか観てないからあまり印象に残ってなかったのだけど…スゴク良い曲だったのね…なんかバンドでやるよりアコギ1本でやった方が雰囲気のある曲だと思う。サビがね、切なくなる感じ。ユースケの声とサビのメロディがイイ感じに重なり合って鳥肌ものだった。
最後はやはり表題作「好きです」…この曲の前にさっき話したばかりのMCを繰り返すユースケ…MC入れる場所間違えたのか?(笑) 「好きです」は今までに無い感じの曲で正直ビックリ。ストレートすぎるラブソング。あんなに「好きです」を連呼されると恥ずかしくなっちゃうよ(笑) このサビをウィンクしながら歌うユースケが可愛かった…(笑) そしてこのときの左足の動きが(笑) この日のイベントスペースは本当に小さくて。ステージも申し訳ないくらい小さくて、スゴク動き辛そうだった(その分お客さんは本当に間近に観れて至福だったと思う) その限られたスペースで感情のおもむくままに動く左足。表情もだけど、左足にもユースケの感情が表れていて観ていて楽しい。
ホンワカした雰囲気でライブ終了。この後はサイン+握手会! 母を待たせていることだし早くしなくちゃってことで、お店の人が用意しているそばから予約用紙に記入。チャッチャと済ませて前の人が遠慮して前に来ないのをよい事にチャッチャと1番に並んでしまった…スミマセン…。で、1番にユースケと握手(笑) 
M「今日はお疲れ様でした!」
Y「お疲れ様でした」
M「また千葉に来てくださいね!」
Y「ハイ」

↑この受け答えが結構適当な感じで(苦笑) 本当に来る気あんのカヨ!と内心ツッコミつつ、握手してサインを貰った。あぁでもこのとき自分は本当に舞い上がってしまっていて。後になってから色々あーすれば良かった、こーすれば良かったと後悔しきり…。せめて自分の名前を入れてもらうんだった…ガクシ↓ 後の方だったら色々学習してユースケに対峙できたのになー。ちゃんと神様は見ているのね…。

帰りの電車で母にライブの感想を聴く。すると「最後から2番目の曲が一番良かった」とのこと。「え? 最初から2番目(吉田拓郎の曲)でなくって?」と念を押したら、「最後から2番目」とキッパリ。ふふふ。ユースケ自身の曲を選んでくれるなんてお目が高い(笑) 「でも前髪長すぎなのがダメ」とダメ出しをしてた(笑) そして「あの人はアレだけで食べていけるの?」なんてことも言っていた(爆笑) そんなこと考えながら観てたのは母さんだけだよ!

6月のライブ以降インスーの活動予定が白紙状態だった。しかもそのライブが総決算のようなライブで、「もしかして××なんてことないよね!?」と最悪なことを考えていた。8月のある日、いつものように公式HPを見に行ったらTOPに『重大発表』の文字が…いよいよ最悪の事体が本当になっちゃうの!?と恐る恐るそのページを開いてみると…『中尾諭介ソロデビュー』 ホッとしたのと同時に、チョット淋しくなった。かなりモヤモヤしていたけれど、この日のライブを見て「アタシは幸せそうに歌っているユースケの姿が好きなんだなぁ」と確認した。もちろんインスーとして活動して欲しいけれど、ユースケが一番したいことをしている姿を観ている方が安心するし幸せだ。この日のライブは本当に幸せそうに歌っているユースケを見た。これが一番良い状態なのだろう。いつまで続くか分からないけれど、ユースケが納得いくまで演り続けて欲しい。頑張れユースケ。
スポンサーサイト

≪ 「俺の道」ツアー @ 渋谷公会堂ホームfuzz maniax supported by Smart @ SHIBUYA-AX ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。