10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/04/19

SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2003 @ 新宿LOFT

本日のライブ: ASIAN KUNG-FU GENERATION, 浅井信一, In the Soup
SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2003 @ 新宿LOFT

約2ヵ月半振りのインスーライブ。
前回のワンマンの時、終演後モヤモヤした気持ちがあって「これからのインスーはどうなるんだろう?」と不安になっていたのだけど、CDを聴けばやっぱりユースケの歌声は大好きで、インスーの音楽も大好きで。「何を心配してるんだ!」と思い直し、張り切ってチケットを取ってきた。

今回はいつもインスーライブのときには一緒に行っているAちゃんはお休み。一人で参戦。
ストレイテナーの新譜を買いに先ずは新宿のタワーレコードへ。「インストアライブのチケットまだあるかな~」と期待して行ったのだが既に配布終了。ガクシ↓ 行きたかったな~(ToT) でもポラが観れたからまぁいいか…(←本当は悔しい… 負け惜しみ)
新譜を片手にいざロフトへ。今回の整理番号は28番と今までのインスーライブの中でもかなり良いほう。ユースケを間近で見れるわ!とも思ったのだけど、一人で最前列は気が引けたので開場前には並ばず、開場10分過ぎ位にロフトへ到着。中へ入ってみると既にステージ前には人だかりが。壁際の座席が空いていたので開演までそこで待機。来る途中で買ってきたバームクーヘンを食べるが想像していた味と違いガッカリ↓ ドリンクチケットはフローズンオレンジと交換。…コレが味が濃くって不味い! もう次に来たときは絶対交換しない! 開演までスクリーンに映し出されているOASISのビデオを漫然と観る。

開演前に特にチューニングの音も聴えず、時間通りに開演。
一番手:ASIAN KUNG-FU GENERATION
CDが売れているらしいということと、アニメの主題歌を歌っているということしか知らなかったバンド。Quipの付録に何曲か入っていたので予習がてら聴こうと思いつつ、結局聴かずに当日になってしまった。が、かなり期待していた。
編成はVo.& G.+ G.+ B.+ Dr.の4ピース男の子バンド。SEが曲のイントロだったらしく、登場してそのまま音を被せるようにして演奏へ。
曲のカンジは…レミオロメン? かなり似たカンジ。最初にアジカンを聴いてたら逆にレミをアジカンに似ているって思っただろうケド。ただしアジカンはヴォーカルが聴き取り辛かった。その点レミの方が好感度上。正直アジカンはコーラスをしているG.の声の方が自分好みだった。G.の口を見たときに「あ、この人は歌うのが上手い口しているな」と思った(←ミック・ジャガーとかユースケとかCoccoとか、ああいう口)
MCは開始早々「カネ」の話(笑)って宣伝なんだけど。Vo.& G.が「カネの話ばっかで申し訳ないですね」と言っていたので。インディーズで出したアルバムをメジャーで再発行するそうで。売れてるのね~と感心。良い音源なのだろう。ホント、歌詞が聴き取れなかったのが勿体無かった。良い歌詞を書いていても聴き取れなかったら意味なし。
ライブ自体は30分位だったかな? 可もなく不可もなく、当り障りのないバンドだった。
正直、曲のカンジがレミと似ている…ということでこの手のバンドはもういいですって思ってしまった。まぁ期待していたからね、チョットガッカリだった。

二番手:浅井信一
ベンジーと名前が似てるな~と名前を見たときに思った。その程度にしか認識していなかった。ライブ近くになって、近頃CMでよく耳にして気になっていたKinki Kidsの新曲の作詞を担当していると知って興味が湧いた。
で、ライブはというと…
弾き語りなのかな?と思っていたらG.& B.& Dr.の3人をサポートを入れた4人編成。G.の人がサポートらしからぬ派手な動きをしていたのが印象的(笑) サポートはいつも同じ人なのかな? 和気あいあいなカンジで観ていて微笑ましかった。
楽曲はというと、こちらも当り障りない感じ。昔好きだった楠瀬誠志郎を思い出した。あまり印象に残るものはなかったケド、一番最後にやったスピード感のある曲は良いなと思った。
全体的に暖かな雰囲気があってよいライブだったと思う。

トリ:In the Soup
セッティング中に自分も移動。折角なのでなるたけ前で見ようと思って。前から4~5列目に上手く潜り込む。時計を見ると既に9時過ぎ。終電が気になりつつ開演を待つ。
SEはあったかな? チョット覚えてない。4人揃って登場。お、吉田君ヒゲ生やしたんだ。ユースケは痩せた? っつーかやつれてないか? 大丈夫?? 2ヵ月半前とは雰囲気の違うメンバーに不安が頭をもたげる…。
↓ライブの感想↓(今回はチョット辛辣)
新しい曲も古い曲もアレンジがいっぱいしてあって、楽曲の完成度は以前にも増して高かったと思う。「風の子」のイントロのハッチのギターは特に格好良かった。
ただし「バイブレーション」はいただけなかった。好きな曲だけどライブだと長すぎ。特に今回はいつも以上に長すぎ! あんまり長すぎて途中からお客さん置いてけぼり。本人たちはいたって楽しそうだったけど。特にK君。イっちゃってたよ…。
そして「グリーン グリーン」にいたっては掛け合いタイムがなかったのだ!! ファンとコミュニケーション取ろうとしてない? 4人だけで楽しもうとしてる? そんな嫌なことを思ってしまった。
ライブが2ヵ月半振りということもあってか、ファン、インスー共にお互いの距離を上手く計れていないように感じた。コール&レスポンスが上手く出来なかった。
ユースケの投げかける「お久し振りー!」に対してもファンの反応はほとんどナシ。前は打てば響くような反応があったのに。ユースケも戸惑っているように見えた。開始早々のMCで「最近あったことを話します! …後で。最初に喋りすぎるのも何だしね」と言ったっきり結局最後まで語らず。
無条件で楽しいはずのインスーのライブが無条件に楽しめなかった。
何故? フロントマンであるユースケに以前のような勢いがないからだ。人のせいにするのはどうかと思うけど、明らかにユースケの温度が違うように感じた。虚ろに彷徨う視線。K君、吉田君、ハッチが盛り上がる中、ユースケだけがどこか辛そうに見えたのだ。実際、顔を歪めて歌う姿は痛々しかった。どうしちゃったんだよユースケ!
結局、前回も感じたように今回もインスーは色々迷っているように感じた。
何処へ行こうとしているのだろうか? 目指す先が見えているのだろうか?
早く今の状況から脱出して欲しい。
好きだから期待する。
今までのインスーを知っているから期待する。
これで終わらないよね?
スポンサーサイト

≪ ACIDMANワンマンライブ @ SHIBUYA AXホームTriple Knock Out @ 新宿LOFT ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。