10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/01/12

JAPAN CIRCUIT -vol. 8- @ 赤坂Blitz

本日のライブ: レミオロメン, ACIDMAN, Syrup 16g, PE'Z
JAPAN CIRCUIT -vol. 8- @ 赤坂Blitz

2003年一発目のライブは、今自分の中で気になる度1・2を争うバンドSyrup 16gとACIDMAN(といっても1位はシロップだけど(笑))が対バンするという夢のようなイベントJAPAN CIRCUIT -vol. 8-!
当日、正月からの風邪が未だ直らず体調が最悪だったけど、物凄く楽しみにしていたライブだったので頑張って行ってきた。渋谷のTSUTAYAに取り置きをお願いしていた「つばき」のCDも取りに行かなくちゃ!だったしね。
というわけで、赤坂へ行く前に先ず渋谷に寄って「つばき」のCDをGET! 年末ライブで気に入ったのでCDを買おう!と思ったのだけど、コレが大変だったんだ(ToT) つばきの限定CD「向こう側」…東京都内で最後の一枚を買ったのはきっと私でしょう(笑)
レミオロメン
山梨在住の3ピースバンド。今回のシークレット。一番最後に出演することが発表されてた。(実はこのシークレット「BUMPが出ないかな~」と密かに期待してた。「新曲出たし、ジャパンだし! 有り得るカモね!」ってね。…有り得ませんでした(笑))
全く知らないバンドだったので、取り敢えず予備知識をつけておこうと思い、ネットで検索。公式HP発見。HPを観ての感想…コ、コミックバンド? ………だってB.の人おでこに「レ」とか書いてるし、Dr.の人イマドキ7:3分けだし! オカシイよ!
ということで、余り期待していなかったのですが…。
良かったです! 全然コミックバンドじゃなかった(笑) ジャパンがプッシュするだけはあるなぁ、と。
Vo.の声のせいもあると思うのだけど、雰囲気は「スピッツ」な感じ。歌詞も可愛らしい感じで好印象。♪背中の羽根がどうのこうの~♪(←ウロ覚え)という曲が良かった。Vo.の声が良く出ていたので歌詞も聞き取り易かった。
MCも笑かしてもらいました(笑) 出場バンドの中で一番喋ってたかも。
Vo.& G.「レミオロメンも結成してそろそろ2年ぐらいになるんですけど…」
B.「まぁ、結成と言ってもDr.はサポートなんですけどね」
Dr.「違うだろッ!」
Vo.& G.「Dr.はサポートなのでこの場を借りて正式メンバーを募集したいと思います」
Dr.「勘弁してくれよ~」←これが本当に情けない感じで(笑)
という様な感じに、Dr.がVo.& G.とB.に虐められてた(笑) アハハ。仲良いんだナ。
ステージが終わった後、すぐに物販へCDを買いに行きたかったのだけれど、ステージが良く見える今の位置をキープしておきたかったので、シロップが終わるまで我慢。シロップが終わると同時にダッシュで物販へ。焦らずとも未だ売ってた。良かった。音源は7曲入り500円のCDのみ。安! しかしこのCDには私が良いな~と思った曲は入っていなかった…。残念↓
そしてこの500枚限定CDは、イベント終了後もう一度物販を覗いた時には見事売り切れ。おぉ。スゴイぞ。
凄いと言えば。レミオロメンの時だけミキサーブースに、いかにも音楽業界人(プロデューサー)といった感じの人がワンサカいらっしゃった。視察? メジャーデビューも間近なのかしら?
とにかく好印象のバンドで今後の動きも要注目! ストレイテナーとの対バンライブ観に行きたいな~。チケット取れるかしら?

ACIDMAN
初ACIDMAN! 朝日新聞の音楽評で「ライブでの演奏技術はまだまだ」と言われていたので、「BUMPと一緒!?」とかなりビクビク。
アルバム「創」のイントロ「8 to 1 (compleat)」が流れると同時に沸く会場。ステージへ詰め寄るファン。フロア後方にポッカリ空間が。まるでバンプのライブの時のようだった。
アルバムと同じ流れでいくのかと思いきや1曲目「アレグロ」…アルバムの曲の中で一番好きな曲。♪立ち止まると勝てぬだろ 勝ち誇ると果てるだろ♪のクダリが凄く好き。そしてVo.オオキのアノ独特な声がなんとも言えず好きで、期待を込めてステージを注目。………。やっぱり朝日新聞は正しかったのか…。演奏は問題無しだと思う。特にDr.は文句無し。スゴイ。しかし私がアシッドを気に入っている理由第一位のオオキの声が! アアアァ↓ 1曲目だったので声帯がまだ伸びていないらしく、私が好きな↑のフレーズも声が裏返って出てなかった。高音がダメな模様。
少々打ち拉がれながら、でもまぁこんなモノだろうと気を取り直し2曲目「造花が笑う」…オ? オオオオ! なんか良くなってる? 1曲目で散々扱き下ろしたけど、2曲目以降オオキの声は良くなってた。そうそう、この声だよ! 嬉しくなって、自然と体もリズムを刻む。ウ~ン、楽しい!
これ以降のセットリストは下記の通り。順番はチョットあやふや。
「シンプルストーリー」…この曲も好き。サビが良い。
「静かなる嘘と調和」…新曲。雰囲気的には「酸化空」のような感じだったような。
「スペースアウト」…この曲より他の曲が聴きたかったなぁ。正直どうでもいい曲。ゴメン。
「FREE WHITE」…全編英語のアレ。ダイブとかでるかな~と思ってたケドでなかった。この曲に限らずライブ全編を通して開始時の客の意気込みから想像していたよりノリが大人しかったんで、チョットビックリ。
「飛光」…こちらも新曲。「静かなる嘘と調和」よりこちらの方が好みだったナ。
「赤橙」…この曲をラジオで聴いてアシッドを好きになった。ライブで聴いても完成度が高くて損なわれることがなく、良かった。
多分他のバンドのファンを意識して、最新アルバム「創」からの選曲になったと思うのだけど、昔の曲とかもチョットは聴きたかったなぁ。「今、透明か」とか。まぁ、それは4月のワンマンライブの時に期待しましょう!(←先行で既に取ってあるのサ)
それから、今回初めてのアシッドライブだったのでMCも楽しみにしてたのだけど。こちらはHPの日記からは想像つかなかったようなエラク真面目な感じで。「みんながそれぞれの楽しみ方で楽しんでくれれば、自分達も嬉しいです」というようなことを終始言っていた。説教臭くなく、好青年ってカンジで好感度UP。

Syrup 16g
新曲尽くしだった! ネットでLIQUIDでのワンマン以降のシロップのライブは新曲ばかりと聞いていたけど、今回も新曲ばかり。8曲中、古い曲は一番最後にやった「翌日」1曲のみ。その「翌日」もCD収録とは別アレンジのスローヴァージョンだったから、全部新曲だったと言っても良いかも。
新曲のうち1曲はワンマンでもやった♪勿体な~い♪という曲。LIQUIDで聴いたときとはまた違った印象。音響の違いかな。スローな感じで良かった。それ以外は初めて聴く音源だったけど、なんか耳に残る言葉が多かった。♪早期発見だー 末期症状だー♪とか♪ロックスターはTVの前で嘘をつくのが上手♪とか♪挨拶はハロー コンニチハ♪とかとか。なんかいつにも増して支離滅裂なヤバイ感じの歌詞です…。でも好きサ。
今日もまたMCは全く入らず、初めて喋ったのは4曲目(?)が終わった後のコレ↓

「今晩は。Syrup 16gです」…(ギターチューニング中)…「今晩は。Syrup 16gです」(←会場から笑い)

そしてMCらしいMCもなく、最後の曲の前に「次はワンマンで会いましょう。JAPAN CIRCUIT、また呼んでください」(←ウロ覚え)と言ったくらい。
ステージの演出も照明を落として逆光気味のフットライトのみでメンバーの表情が窺えず(「delayed」のアー写の様な雰囲気)、例の左足も全然上がらず、機嫌が良いのか悪いのか…。しかもこの日の五十嵐さんの登場、他の2人よりかなり遅かったし…。なんか揉めてんの?とか思ってしまいましたヨ。
私の後ろに居た大学生位の男の子は「このバンドはずっとこの調子なの!?」とチョット不満そうだった。アシッドが終わって会場を後にするお客さんも意外と多かったしな…。シロップは良いから聴いてけヨ!
しかしこの日一番驚いたのは、「HELL-SEE」の折込チラシ。15曲入り1,500円て! 正気ですか!? てか、誤植じゃないよね? イヤ、ファンとしては単純に嬉しいですけどね。スゴイですシロップ。つーか五十嵐さん。なんか生き急いでいるようで心配です。短距離走者だなんて言わずに長距離走者目指してください。ともあれ、発売日3/19が待ち遠しいです。あー、早く聴きてぇ。

PE'Z
風邪っぴきだった私はシロップが終わった時点で既に体力の限界に。つーかシロップ迄は気力で保ってた。正直「PE'Z知らないし、もう帰っちゃおうかな」とも思ったけど「これも料金のうちだし、勿体ないわ!」と思い直し、終電を気にしつつ観戦。
感想…帰っといても良かったかも…。あの時の私には必要なかったヨ。
会場は物凄い沸いてた。この日一番の盛り上りだったと思う。正直ビックリ。体力が残ってたら一緒に楽しめたんだろうけど、そんな気力は欠片もなく、早く終わってくれ~と祈るばかり。じっとして聴くにはツライ音楽だった…。
一応本編終了まで居たんだけど、アンコールする人より、アッサリ会場を後にする人の方が多かったから、私もサッサと会場を後にした。10時過ぎてたし。終電間に合わなくなるし! しかしあの後何かあったのかな…。それだけが気になる。あ、あとコンバスの人の服装も気になったんだった。何か遠目には、一昔前の学園マンガに出て来るような長ランを着ているように見えたんですケド…(笑) どうなんですか、その衣装。

このライブの存在を知ったとき、最初は行くか行くまいか迷いに迷った。何故かと言うと値段が高かったから。と言ってもバカ高って訳でもないんだけどね。ACIDMANはライブに行ったことがなかったのでどう転ぶか不安だったし、残り2バンドも全然知らないし、ワンマンでもないシロップだけのために3,800円(+送料600円+振込手数料70円)は高いな~と思った。でもシロップの新曲を自分も早く聴きたかったし、行かなかったら後悔するのは目に見えていたから、公式HPの先行予約でチケットGET。(しかし先行予約って送料高いし、整理番号悪いしでメリットあんまりないよね…。いつも止めようと思うんだけど、一般発売でチケット取れなかったら泣くに泣けないんで利用しちゃうけど…)
取っておいて良かった。3バンドで4,470円の元は取れたかな(笑)
このライブを皮切りに、今年もライブにガンガン行くぞ!

ところで。レミオロメンのステージ前、挨拶をしていたアノ人が「鹿ッペ」なんだろうか? 自己紹介なかったし。どうなんだろう?
スポンサーサイト

≪ "03" TOUR FINAL @ SHIBUYA AXホームTHE FINAL OF 2002 presented by SHELTER <第一部> ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。