10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/05/11

インファナル・アフェア III 終極無間

本日の映画: インファナル・アフェア III 終極無間

先日、TVで「インファナル・アフェア I 」を観て、ヤン(トニー・レオン)の草臥れおっさん具合にノックアウト(笑) 格好良いよ~ヤン~LOVE☆(←アホです)
いや、ストーリーも好きですよ! ストーリーあっての、あの草臥れ具合ですから!
1が公開された当初「観たいなぁ~」と思いつつ、映画を観に行くという行為に積極的でない私は結局観に行かず終い。今更キチンと観に行っとけば良かったと、後悔しても後の祭り(泣)
という訳で、ヤンをスクリーンで観れるラスト・チャンス(笑)を逃してはならないと、レディース・デイということもあり、会社の目の前にある映画館で「インファナル・アフェア III 」を観てきた。

さて、この作品、三部作ということで今回観た3の前に当然1と2があるわけだケド、2を観ないまま3を観に行ってしまった。でも特に問題はなかった…と思う。1の話は直接絡んでくるので観ておかないことにはチンプンカンプンだろうケド、2は主役二人の過去編という事で、知っていたほうが今現在に至る二人の立場、思いが分かって心情的に面白い(深みが増す)だろうケド、話には直接関わってきていない(と思う)ので、知らなくても大丈夫だった。

で、以下、感想↓ (ネタバレ有るので要注意)
感想を一言で言うと…「おっさん天国」
て、ソレ感想になってないから!(←セルフツッコミ・笑)
いや、1作目にも増しておっさん率が高くなってたなぁと。新たなおっさんヨン様(笑)もなかなか素敵でした。眼鏡万歳。でもやっぱヤンが一番格好良かった。似合わないサングラス姿も素敵です(←失礼・笑)
3は1の話と前後する展開になっていたので、1のラストで死んでしまったヤンも結構出ていて嬉しかった♪ ヤンが出て来る度、内心「素敵~(>◇<)」とトキめいてました…でもそんな素敵ヤンが途中ウッちゃんに観えてしまったのは内緒です…(爆)

…と、おっさん萌えはこの程度にしておいて…(苦笑)

物語は1で自分の素性を知る人間を抹殺して、善人になろうとした「ラウ」のその後を中心に展開していくのだケド…
これがナカナカ複雑で、ラウの主観で物語が進んで行くから、何が本当で何が嘘(虚構)なのかの判別が難しくて、見終わった後かなり頭が痛くなった…。これはもう一度、人物相関をよく頭に叩き込んでから見直さないと、見誤っている箇所が多そうだ…。
兎に角、謎(というか伏線か?)が多すぎる。アレはなんだったんだろう?とか、結局アレはどういう意味だったんだろう?と、見終わった後クエスチョンマークが頭にたくさん浮かんだ。奥が深いというか、1作目からは想像がつかない複雑さだった。まぁ、その話を複雑にしている要因はラウの狂気なんだけど…。
しかしその謎は、映画鑑賞後に買ったパンフレットで大方解決された。てか、このパンフレット親切すぎっつーか、コレ読んだら映画観なくても良いじゃん!って出来だった(笑) だって正しい人間相関図も書かれているし、ひいては結末まで書いてあるんだもん…。他の映画のパンフレットは、あらすじ程度にしか書いてなかったハズ。なんだか、推理小説を読む前に、既に犯人分かっちゃってますってカンジだ。観る前に読まなくて良かったよ(苦笑)
でも映画を観た後で読んでみると、なるほどなぁと思うのです。で、もう一度ソレを踏まえた上で観たいな、と思った。

しかしラウはあんなに弱い人間だったのか…。1作目ではエリート然としていたラウが、ヨンが出たことによって一気に落ちぶれて観えたのにビックリした。アレ? この人こんなに小物っぽかったっけ?ってカンジで。ヨンが更に上を行く、エリート然としていたからかな? でも、どんどん狂気に犯されていく様は切なく、最後の叫びは悲痛だった。本当、彼に善人になるチャンスを与えてやって欲しかった。まぁ、無理な話だけどね、無理を承知で。彼は良くやっていたと思うから。
ヨンも謎の人だった…最初の、ヨンの目の前で警官が自殺しちゃうアレも真相が分からなかった…。ヨンの行動全てが、ヨンを怪しく見せる(観客を騙す)為だけの演出でしかなかったような気がしないでもない。ちゃんと意味があったのか? 本当に真っ当な警官だったのか!?(←ここが一番知りたい・笑)

とまぁ、一度観ただけではよく理解できない内容でした(←ダメじゃん)
でも、場面場面ではグッとくるシーンがあって…特にキョン関連…ヤツは良い奴だよね。1でもヤンのこと庇ったトコロで涙だったけど、今回もヤンのこと庇って自分で自分の頭殴ったトコロで涙だった(T_T)
こういう友情モノ(?)大好きなのよね…。そんなシーンが結構多くて、ストーリーは難解だったケド、十分楽しめた作品だった。次はDVDでもう一度!
スポンサーサイト

≪ ローザンヌ国際バレエコンクールホームよゐこライブ @ 時事通信ホール ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。