10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/05/14

COME VOYAGE WITH US TOUR @ SHIBUYA-AX

本日のライブ: TRICERATOPS
COME VOYAGE WITH US TOUR @ SHIBUYA-AX

久々のトライセラ・ライブ。この日はNewアルバム「THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS」を引っ提げてのツアーファイナル。このアルバム、初めに聴いたときは「パンチが今一つ…」と思っていたのだケド、聴き込むうちにこのアルバムの持つ良い意味でのぬるま湯さ加減というか温かさが心地良くなり、今ではヘヴィーローテーション。俄然ライブで生を聴くのが楽しみになってきた。

当日。整理番号が300番台と微妙な番号だっ為、早く行くのも面倒だなぁと思い、開演30分前に開場へ行ったのだケド、既に外にお客は居らず…アラ、随分スムーズに入場を済ませたのね、じゃぁもう会場は満員かしら?と思って入った会場はそれほど混んでも居らず…割と見通しの効く和田クン側の後ろフロアが上手い具合に空いていたのでソコで待機することに。開演間際、何処にそんなに人が居たんだ!?ってくらいの人が和田クン側の前フロアにわらわら出現する。少ないな、と思っていたのはこの伏兵の所為だったのか…。

この日の開演は17:30と早いものだったのだケド、実際に始まったのは15分後だった。
始まりの曲は「Now I'm Here」…Newアルバムの中でも特に好きな曲(私はこの曲を密かに「マ××ル」と名付けている・笑)から始まり嬉しくなる。でも、この曲はあんまり1曲目には似合わないなぁ、なんてコトも思っていた。
その後はNewアルバムの曲の合間に過去のヒット曲を折り混ぜての選曲だった。
途中「Guatemala」ではライブに来ているファンには恒例のギター講座を開校(笑) コノ曲、和田クン的トライセラベストを作ったときには3~4曲目に置きたい曲だそうだ。私的には8~9曲目だなぁ、なんて思ってた。そしてこの曲の素晴らしいトコロを解説(←自画自賛です、和田クン・笑) で、この曲の素晴らしいトコロとは、Aメロとサビが同じフレーズなのだケド、歌詞がのるメロディが違うというトコロで…ソレを実践してみせ「どう? 今の分かった?」と和田クンが聞くも会場の反応はイマイチ…「ダメだよ! コイツら分かってないよ!!」と和田クンが嘆く傍らで林クンが「同じフレーズなんだけど、メロディが違うんだよ」と補足すると会場が納得。すると和田クン「言葉で言わないと分かんないのかヨ!!」とご立腹(笑) ハハハ、カワイイなぁ、和田クン(笑)
他にもココで日本でのメジャーなコード進行というモノも教えてくれたのだケド「このコードは日本人の涙腺を刺激するコードなんだよ! 日本の曲で良く使われてるでしょ?」と言って米米の浪漫飛行やら宇多田ヒカルの曲なんかを披露(でも歌詞は適当・笑) で、「オレたちはあえてこのコードは使わない。使わないんだけど、たまに使うこともある」といって「Finally」をチョコっとだけ披露。「ね? 涙腺に来るでしょ?」と得意気に話す和田クン。貴方には敵いません(笑)
続いて「Big Bag Blues」ではボディがスチール(?)で出来たアコギでボトルネックの技を和田クンが披露。会場にウケて大満足の和田クン。その横で和田クンを真似てベースを弾く林クンに会場が更に拍手。続いて吉田さんもドラムテクを披露して更に会場が沸き立つ。その会場の反応の良さに二人に不満の声をあげ嫉妬する和田クン(笑) で、もう一度ギターテクを披露して、会場から拍手を貰って満足した模様(笑) 本当、歌詞通りの人なんだなぁと思った(笑)
「ラストバラード」「Fly Away」とスローなナンバーが続いたトコロのMCでは、「目立ちたがり屋だけど劣等生だった自分に、力をくれたのがギターだった。好きなことを続けていると人は強くなれる。だから皆にも好きなことはずっと続けていって欲しい。オレもこの二人とこの場で音楽を続けて行くから…」といった内容のことを言っていた。トライセラのライブに行くと、毎回この言葉を聞くけれど、その度にスゴク勇気づけられる自分がいる。有り難う、和田クン。
トライセラもチョット前までは模索中なカンジで、色んな作風の曲があったけれど、今では自分の進むべき道が見えてきているようで安心した。これからも3人で、3人だけにしか作り出せない世界を創造していって欲しい。
本編最後は「エベレスト」でしっとりと終了。今の和田クンの心境に一番近い曲だったのかな?

続いてアンコール。今日は何回答えてくれるのかな?と思っていたら、4回!! 粘るファンも凄いけど、ソレに答えてくれるトライセラは本当にファン思いのバンドだ。 アリガトウ、和田クン、林クン、吉田さん! でも4回目のときは流石に「また次のライブで会おう!」って言ってたね(笑) お疲れさまでした。
アンコールは、2回目で演った「Any Day」で林君がウッドベース弾いてて格好良かった。ベース弾ける人って、コンバスも弾けるものなのかしら? あとアンコール最後の曲はなんて曲だったんだろう? ビートルズっぽいなぁと思ったのだケド…和田クンの歌い方がトライセラの曲での時とは違っていて、これもまた格好良かった。トライセラもHPにセットリストUPしてくれないかなぁ。
スポンサーサイト

≪ ブエノスアイレスホームローザンヌ国際バレエコンクール ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。