10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/06/07

妄想

今、とてつもなく仕事が忙しい。
といっても、短期集中の仕事なんで、来週はまた暇になってしまうのだケド(苦笑)
しかし単純作業なんで眠くなって仕方がない…しかも嫌いな校正が山のようにある…。
で、眠気を吹き飛ばすために妄想なんかしてみたりする。
最近のお気に入り妄想は、トニーさんに演って欲しい役を考えるコト(笑)
先ず好きな小説・漫画を思い浮かべ、その中の登場人物に当てはめてみる。

真っ先に思い浮かんだのが、「わが手に拳銃を」(高村薫/著)の一彰。「ブエノスアイレス」の不機嫌なトニーさんなんか結構イメージに合ってるカンジ。
続いて高村繋がりで「合田シリーズ(?)」の加納兄…お、コレは我ながら良い思いつき!(笑) チョット抜けてて、優しそうなイメージなんてトニーさんそのもの!
あ、でもこのイメージは「MONSTER」(浦沢直樹/著)のDr. テンマにも通じるかも…。追い詰められても白さを失わないところなんて「ミッドナイト~」のトニーさんに重なるものが。
他には「ブラディ・ドール シリーズ」(北方謙三/著)のキドニーも良いなぁ。今よりもうチョット痩せてもらって(笑)、青白い顔で不健康な弁護士演って欲しい! イメージ的には「花様年華」の髭トニーさん。あー、コレも似合いそう(笑)

といった具合に妄想して楽しんでマス。他にも似合いそうな役あるかな? まだまだ妄想は止まりません(笑)
しかし見事にみんな日本人(笑) トニーさんが演じることはなさそうだなぁ。

で、今日のお昼休み。パートさんと一緒に昼食をとっていたら、パートさんが「小説を読むとき、知っている俳優さんを想像しながら読む」という話を振ってきたのでビックリ。さっきまで、正にソレしてました(笑) なんてタイムリー。
スポンサーサイト

≪ 第三回 トニー・レオン祭ホーム無間道祭 @ キネカ大森 ≫

Comment

久しぶりに遊びに来てみたら。
あんまりビックリして、頭が沸騰するかと思いました。
高村薫と北方謙三。
私も大好きです!
と言っても、北方氏は「三国志」のみ、高村女史もほんの数冊程度
しか読んだことないのですが。。
中でも「わが手に拳銃を」と「李歐」はかなりのお気に入り。
トニーは、高村さんや北方さんの作品にすごい似合いそうですよね~。

そういや、無間道シリーズにはまる人は、高村&北方好きが
多いと聞いたことがあります。
私やmomotaさんも例に漏れず、って感じですね。笑

>高村薫と北方謙三。
>私も大好きです!

スゴイ!! 漫画といい小説といい、さゆさんとは気が合いますね(笑)
残念ながら北方・三国志は読んだことないのですが、コレ評判良いですよね。
会社の同僚はコレを読んで三国志にハマったと言ってましたヨ。
三国志は北方版に限らず敷居が高いイメージがあって、
なかなかチャレンジできないのですが、今度読んでみようかな…。

高村薫は「黄金を抱いて翔べ」が一番好きです♪ 次点が「我が手~」
「黄金~」では誰が適役かな?と思ったのですけど、上手く当てはまる役がいなかった…。
強いてあげるなら幸田かモモさんか…ん~コレは微妙(笑)

>トニーは、高村さんや北方さんの作品にすごい似合いそうですよね~。

そうですよね! ちょっと幸の薄そうな役が似合いそうだな…なんて思ってます(笑)
言われてみれば、無限道も両人の作品の雰囲気に似たものがあるかも。
知らず知らずのウチに、その雰囲気に引き寄せられたのかも!?

高村&北方作品が好きなのであれば、真保裕一、藤原伊織もオススメですよ♪
あー、この両者の作品でもトニーさんが似合いそうな登場人物がいるなぁ。
妄想は尽きません(笑)

>真保裕一、藤原伊織もオススメですよ♪

お勧め情報、ありがとうございます!
この方々の作品はノーチェックでした。
早速、図書館で借りてこようっと♪(←せこい…)

高村薫の「黄金~」、私も大好きです!!
去年久々に読み返してみたら、初読の印象とずいぶん違ってすごい驚いたものです。
(でもやっぱりステキだった~)
確かにこの作品の登場人物は、微妙にトニーには合わなそう・・・?

北方三国志は、私が今まで読んだ三国志作品の中で(っていうほど読んでないけど…)1、2を争う素晴らしさだと思います。
私の好きなキャラ?を、ここまで美しくカッコ良く描いてくれた作家を私は他に知りません。
でも、三国志に限らず、歴史物って基本的に敷居が高いですよね。。
私も三国志以外の歴史物は、東西問わずなかなか手が出せません。汗

>北方三国志は、私が今まで読んだ三国志作品の中で(っていうほど読んでないけど…)
>1、2を争う素晴らしさだと思います。

やはり! コレはもう読むべきですね! 私も図書館で借りてきます(笑)
今までにも三国志モノは何冊か友人に借りたりしてたのですが、
完読したのはコバルト版のみという(苦笑) 北方版は道が長そうです…

真保さんは、映画になった「ホワイトアウト」、ドラマになった「奇跡の人」が有名ドコロですが、
個人的には「奪取」が痛快なノリの作品で一番好きです。
他の作品は結構重苦しい内容なので、読んでて疲れます(苦笑)

藤原さんは、どの作品も私のツボを外さないので、どれもオススメです(笑)
特に挙げるのであれば「テロリストのパラソル」と「ひまわりの祝祭」かな。

どれも文庫になっている作品なので、手軽に読めると思うので是非♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

既に主題からずれまくってて申し訳ないんですが。。
コメントせずにいられない。

>完読したのはコバルト版のみという

!!!!
こ、これって、もしかして朝香祥さんの「かぜ江」シリーズのことですか…?
三国志と言うにはかなり作者の趣味に偏った作品ですが、
困ったことに?私の趣味にもマッチしています。苦笑

しかし、私が言うのもなんですが、momotaさんってホント幅が広いですよね~。
ライブやらバレエやら映画やら。
少女漫画やらハードボイルドやらコバルトやら。
…すごい。笑

あ、それと、真保さん&藤原さんのお勧め詳細情報、ありがとうございます!
ちょうど、どれを借りようかな、、と迷ってたトコなので助かりました。
今週図書館に行ってきます。
楽しみ~♪

>こ、これって、もしかして朝香祥さんの「かぜ江」シリーズのことですか…?

正にそうです(笑)
友人がコアな三国志ファンでして、彼女に借りました。
で、北方版も彼女に貸して貰えるみたいなんで、
彼女のためにも頑張って読破してみようと思います(笑)

>しかし、私が言うのもなんですが、momotaさんってホント幅が広いですよね~。

いや、単に浅く広くなだけなんで…(苦笑)
好きなことが一つ増えると他のことはさておき、ソレに突っ走ってしまうので、
どれも究極には至ってないのです(汗)
あと読書の範囲が広いのは、単にオタクなだけなんです(笑)

でもさゆさんとは、興味の対象が多く重なるコトに本当ビックリです。
私も歌舞伎、観にいきたいです…。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。