10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/06/04

無間道祭 @ キネカ大森

本日の映画: 「インファナル・アフェア」、「インファナル・アフェア II 無間序曲」


行ってきました! 無間道祭 @ キネカ大森
仕事忙しいし、睡眠とりたいし、行っても座席が埋まって観れないかもしれないし、もう行くのは諦めよう…と思っていたのだケド、前日に映画館に電話したら、会場を広いところに変更するから観れないということはないですよ、と太鼓判を押され、しかも I と II のパンフレットも売っているというじゃないですか! 俄然行く気満々に(笑)

そして当日。普段通りに家を出て、目指すは大森。約2時間かけて現地到着…と、遠いよ…。
映画館というと、9時位からオープンしているものとばかり思っていたら、10時オープン。SEIYUの中に入っている映画館だから当然と言えば当然なのかな? 早く来すぎてチョット損した気分よ…。でも地元発が次の電車だと、開演間際になっちゃうから仕方ないといえば仕方ない。
開店5分位に前になるとワラワラと人が集まってきた…みんな無間道観に来たのかしら?? 良い場所に座れるかな…とドキドキしていたのだケド、実際は「甘い人生」を観に来ていた人の方が多かったみたいだった。

とりあえず、窓口で I と II のチケットを購入。 III も観たかったのだケド、 III はコレ1本だけでも疲れる内容なので、2本観た後でコレを観たとしても途中で気力が持たなくなりそうだったので今回は見合わせ。
座席は指定席ではないので、さっさと場所取りしてからロビーの物販へ。
パンフレットは…お~本当に売ってるよ~帰りに買っても大丈夫そうな量だから帰りに買おう…他に何売ってるかな~って生写真!! ぎゃーっ。ほ、欲しいかも…わーわーわートニーさんだよーー。かわえぇ~。いやいや、冷静になれ自分…この生写真を買う位なら、中国の怪しい写真集を買ったほうがお得だぞ…と自分に冷静に突っ込みを入れて、とりあえず生写真を買うという行為には走らなかった(笑)
そしてインファナル・アフェア特集をしている一角に行ってみると…
きゃーっ何!? 何なのこのトニーさん!! なんつー、なんつー可愛い顔してんのーーー!! この、このトニーさん欲しいーーー。コピーして~~~(>_<)
という、今まで見た中で一番可愛らしいトニーさんの写真が使われている雑誌の切り抜きが貼られていた。中国版のCOSMOPOLITANて書いてあったかな。インファナルのプロモなのか、アンディと一緒に撮影したものもあってソレも良かったのだケド、それよりトニーさんピンの写真がね、本当可愛かった。アンタ本当に40歳!?(2002年撮影)てな写真で(笑) チョット長めの前髪の下から上目遣いに見上げるようなショットだったのだけど、この表情が「いじめる? いじめる??」って表情でね!(笑) カメラマン、Good Job! あー今思い出しても堪らん(笑) こういうトニーを雑誌上で普通に見られる中国の人が、本気で羨ましくなってしまった。香港行きたい! 香港に!!
と、危うく映画を観る前に萌え死んでしまいそうになった…。ここは冷静にならねば、とその場から去り、座席で大人しく開演を待つ。
1本目: 「インファナル・アフェア II 無間序曲」
主役二人の過去編~ということで、二人にどんな過去が!?と期待していたのだけど…んー蛇足っぽく感じてしまった…。なくっても良いんじゃないかな?って。特にヤン・パート。 I 、 III を先に観てしまっていたから思うのかもしれないケド、彼にはそういう過去があるようには見えなかったなぁ。逆にラウ・パートは、ラウの人格形成というか彼の闇の部分が良く分かって、 III の彼の状況にすんなり納得いく形になっていた。
でも究極のところ、主人公2人の顔の見分けが余りつかなかったのが一番の敗因かと…。観ていて、アレ? コレはどっちだっけ?? なんて思うことが数回。それで余り物語に入り込めなかったのかも…。ゴメンよ、ショーン&エディソン…。
だから、この作品は「無間道 II 」というよりは単品として観た方が面白いのかも。 I と III とコレを繋げてみようと思うと、モヤモヤする箇所が私には多く感じられたから。
と、文句ばかりな感じだケド、好きなシーンもモチロンある。若きウォンの変わりに相棒が爆死する一連のシーンとか、最後の打たれた兄ちゃんにヤンが駆け寄ったシーンとか。兄ちゃんは最後の最後でヤンの真実を知ったのかな? ある程度分かってたのかな? でも駆け寄ったヤンに打算はなかったと思うよ。本当に兄を案じていたんだと思う。そのことを分かってやって欲しいな、と思った。
しかしこの兄ちゃん、荒事でなくスマートに事を収めていくところが格好良かった…インテリヤクザってカンジでね。しかも千里眼だし(笑) ロン・ガイとの組み合せがナカナカ良かったんだけどなぁ。んー、残念。

2本目: 「インファナル・アフェア」
時間を措かずに2本目。丁度昼時でお腹が空き始める…でも昼ごはんを食べてる暇はないのです(苦笑)
既にTVで観ていたのだけど、やっぱTV版とは違うね! TV版は結構端折られてて、?なカンジのところが多々あったのだケド、今回通して観て納得。
そして I は最高傑作である!と改めて思った。なんでこんなに面白いんだろう…大好きだ!!(笑)
もう、ヤンも格好良いし~~~♪ やっぱトニーさんを好きになった切っ掛けの作品とあって、トニーさんが一番魅力的だった。格好良いよ~(←しつこいです・笑)
そして、 III を観たときにヤンに違和感を感じていたのだケド、その理由がハッキリした… III のヤンには無精髭がない!! III を観ながら、あれ? 無精髭って私の気のせい??と思っていたのだケド、気のせいじゃなかった。 I ではちゃんと無精髭だったよ…無精髭なところがまた魅力的だったのにーーー。もう一度 III 取り直してください!(←無理です・笑)
一度観ている所為で、とにかくトニーさんばかり追いかけていた。あ~この位じゃ全然トニーが足りません(笑) もうあっという間に終わってしまった…(泣)
そして最後に挿入されるテロップが、 III の結末への伏線になっているのに思わず感心してしまった。 I の落ちとしても成り立つケド、III のことまで考えてこのテロップ挿入したのかな? したら上手いよなぁ~。

3もこのまま観てしまおうかな、とも思ったのだケド、翌日のことも考えて帰宅することに。
あー、無間道はやっぱ面白い。DVDも早く欲しいところだケド、三部作揃ったトリロジーBOXとか出そうでまだ買えない…。早く3部目が出てくれないかなっ。そしたら踏ん切りつくのに。
スポンサーサイト

≪ 妄想ホーム第二回 トニー・レオン祭 ≫

Comment

私も大好きな作品です。

私のレビューを観ていただくと分かりますが、しつこいくらいに書いてます(笑)。
私も特に1が好きですね。
髭の件は、私も気付きましたが、どうなんでしょう。香港映画だから、で済ませていいのでしょうか?(笑)

momotaさんは、キネカ大森まで2時間もかかるんですね。それなのに観に行ったなんて凄い!
実は私、キネカ大森まで歩いて15分くらいなんです・・・(笑)
まさに地元で。あの映画館はアジア映画をたくさん上映しているので、最近よく行きます。3本観ると、1本タダになるんですよ。

特別な作品です

「インファナル~」はやはり特別な作品ですよね。
香港映画が嫌いだと言う会社のパートさんにインファのDVDを貸したら、
面白かったと言ってもらえ、思わず「勝った!」とか思ってしまいました(笑)
ホント大好きな作品なので、多くの人を魅了して欲しいなぁと思います。

hi-chanさんはキネカ大森から随分近いところに住んでいるのですね。羨ましい!
ココの映画館は企画で過去の作品を上映されたりするので、とても魅力的です。
過去にも「トニー・レオン特集」と銘打って、過去の作品を何作か日替わりで上映したこともあるとか…。
今そんな企画があったら、無理をしてでも日参してしまいそうです(笑)

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。