10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/07/06

愛と幻想のシルフィード

本日の舞台: 「愛と幻想のシルフィード」 @ 東京芸術劇場 中ホール

今年、ハマリにハマったマシュー・ボーン版「白鳥の湖」。そのマシューが振付けたという「愛と幻想のシルフィード」。 「白鳥の湖」をあれだけ魅力的なストーリーにした彼の作品となれば、観に行かねば!と思い、チケットを購入した。
一般発売からカナリ日数が経っていたので、良い席は余ってないかなぁと思いつつ「ぴあ」で検索したら、キャンセル分で意外と良い席が残っていた。折角なので前の方で観たいなぁと思い、全公演の中から一番前かつ中心寄りの席が残っていた、この日を選んだ。

当日。生憎の雨。最近また、雨女のカルマが溜まってきているようで、週末の野音が不安になる…。
今回の公演は「白鳥の湖」を一緒に観に行ったSさんと一緒に。地元の駅で待ち合わせ、早めに池袋入りして現地でお昼。程よく時間を潰し、いざ東京芸術劇場へ。私はキチンと下調べをしていなかったのだケド、Sさんが調べておいてくれたので無事劇場に到着! 有り難うSさん♪
会場に着いてみると…アレ? なんかこの劇場知ってるよ?? そういえば、5~6年前に観に行った溝口肇(チェリスト)のコンサートはココだった。

ロビーに入って先ずキャスト表を探す。白鳥の時のように印刷されたキャスト表は無いのね…ガクシ↓ 仕方ないので入口脇にあるキャスト表(ボード?)を確認。今回は、特に誰か目当ての人がいる訳ではなかったので誰が来ても構わなかったのだケド、どうせならウィルが観たいなぁ~と思っていた。しかしジェームズ役はジェームズ(笑) ん~、残念↓
次に物販確認。特に目ぼしい商品はナシ…パンフは観終わってから、買うか決めよう。
他に見る所も無かったので座席へ。今回の座席はB列の中央ブロック。2列目ということも有り、かなり舞台から近い。コレが吉と出るか凶と出るか。
舞台は幕が降りておらず、セットが見える状態だった。どうやって始まるのかな?と思っていたら、会場に流れている音楽が変わり、客電が落ちて舞台が始まった。

感想としては…
呆気なさ過ぎ!
第1幕も第2幕もアッという間に終わってしまって、「え? もう終わり!?」とビックリしてしまった…時間が短く感じられたってんでなくて、本当に短かった。「白鳥の湖」がそれなりに長かったので、同じくらいの量があると思っていたから、ちょっとガッカリ…。物語もそれに併せてか、アッサリ目。白鳥のようなスケールの大きさは無かった。
…と、ついつい白鳥と比較をしてしまう(苦笑) 違う作品なんだから仕方ないのだケド、同じ振付家ということで多大な期待を寄せてしまっていた分、物足りなさを感じてしまった。
じゃぁこの作品は出来が悪いのかというと、そういう訳ではなく。好きな要素は結構ある。踊りの振りは動きがあって好きだし、結婚式の場面ではアイルランド地方の民舞を思い出して、一緒にステップを踏みたくなってしまった。
シーンでは第1幕のジェームズとシルフで洗濯物を使って結婚式の真似事をするところとか、第2幕のジェームズとシルフが駆け落ちするところとか。とに角、シルフ絡みの場面はどれも可愛らしくて好き。シルフのあの奔放さに、こちらも思わず笑みが零れた。でも身近にこういう人がいたら迷惑だケド(笑)
第2幕は特に笑いあり、涙ありで目が離せなかった。でも、話の流れも踊りも「白鳥の湖」と被るところが多くて、ついつい白鳥の方に思いを馳せてしまったり(苦笑)
そして後半の怒涛(?)の展開…二人が血塗れで登場した時はカナリビビった。予測はしていたケド、あそこまで血塗れとは…しかも妙に生々しい血の色だった(泣) しかし、あんなに血をべっとり着けちゃって、衣装どうするのかしら? 毎回新調してるのかしら?とそちらの方に気をとられていたのが現実(笑) でも特殊な血糊だったらしく、後半色が薄れてきてた。そりゃ毎回新調してたら大変だもんね(笑)
そしてココ前後のシルフが健気なカンジで、こちらも思わず涙ぐみ、この後どういう展開が待ってるの?と期待しているところに、おもむろに場面転換→EDになってしまって「??? …え? 終わり!?」と余りの呆気なさに呆然となってしまった。ココをもう少し掘り下げてくれたら満足のいく出来だったと思うのだケド…う~ん、勿体無い。

で、座席に関して言うと…あぁ、この近さで白鳥の湖を観たかった!!ってくらい、ダンサーの表情が良く分かった。ただ近すぎて、舞台全体を追えないのが難点。初めて観る舞台は、先ず全体が観える位置(後方)から状況を把握し、気に入ったら、細部を観るために前方で観る…ってのが理想だな、と思った。でも前方のチケットって、初めに買っておかないと残ってないからね…コレを実行するのは難しい…(苦笑)

バレエ鑑賞の後はヲタスポ巡り(笑) いや~池袋は充実してるね! 早売りの本もゲット出来てホクホク♪
Sさん、一日付き合ってくれて有り難う♪♪ 今度は香港旅行(笑)に行きましょう!
スポンサーサイト

≪ Musical Batonホーム第五回 トニー・レオン祭 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。