10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004/08/18

VINTAGE LEAGUE 2004 @ SHIBUYA-AX

本日のライブ:THE BACK HORN, ストレイテナー, Syrup 16g, スピッツ
VINTAGE LEAGUE 2004 @ SHIBUYA-AX
一番手:THE BACK HORN
野音のワンマンに行かなかったから楽しみにしていたバックホーン。期待に違わず良いライブだった。山田君の歌声は相変わらずスゴイし、栄純のギターも顔に似合わず(←失礼)繊細でスゴイし、光舟のベースも松のドラムも…兎に角みんな凄かった!! やっぱバックホーンもライブを観たいバンドの一つだな、と思った。山田君はあの小さな体で、全身を使って歌い上げる様は本当に圧倒される。そして栄純…相変わらずイッってるね…前は「うわー|||」とチョット引き気味だったけど(←失礼)今は本当にギターを弾くのが楽しいんだってのが伝わってきて、こちらも自然と笑みが浮かんできてしまった。途中、松がMCで「最近フェスが多いですが、今日も屋内ですがフェスだと思ってます。屋根を吹き飛ばすような勢いで楽しんでってください」と言っていたけど、本当みんな楽しんでいたよ! 最後、山田君はヒロジのように歌い捨てて会場を去っていた…。歌うこと以外に興味なし! ってカンジだったよ。そして引き上げてくるメンバー一人一人の背中を叩いて労っていたバックホーンのスタッフは優しいなぁと、ライブとは関係ないけれど、ほんわかした気持ちになった。
また近いうちに観てみたいと思わせた、バックホーンのライブだった。

二番手:ストレイテナー
こちらもお久し振りのストレイテナー。でもテナーはもう安心して観れる感じ。別段変わったところもなく、いつも通り楽しいライブだった。でも昔の曲(この日は「COLDSLEEP」とか「ROCKSTEADY」とか)を演ったりすると、「2人の頃はここのホリエ君のギターが格好良かったんだよなぁ」とか思ってしんみりしてしまったり。3人ver.の方が断然格好良いんだけど、2人ver.もまた観てみたいなと思ったり。
この日の演奏は文句ナシだったのだけど、ホリエ君のヴォーカルがイマイチだった…まぁいつものことではあるけれど…(←失礼)それにしても変だった。バックホーンの時はあんなにクリアに聴こえたのに、テナーの時は変に篭ってしまっていて…耳に綿を詰めて聴いてるような気になった。テナーのときの音響が悪かったのか…それとも実力なのか…。
MCでは「皆さん夏休みですか?」発言で微妙な反応を返されるホリエ君…そう、この日はスピッツファンが多いからいつもみたいに年下相手発言はダメですよ(笑) その後気を取り直し、「ロックインジャパンフェスの3日目に僕らは参加したわけですが、そのときにスピッツを観て…スゴイですねスピッツ。夏の最高の思い出です。僕はもう最高の思い出を作ってしまいましたが、皆さんも今日、最高の思い出を作っていってください」なんて言ったりして…リップサービスですか?(←チョット意地悪) てか、シロップ観なかったんかい!! って内心突っ込んでた(笑)

テナーが終わったところで民族大移動(笑) 自分は一段高くなった後ろのフロアで観てたのだけど、前のフロアでは出て行く人と入っていく人とで人の流れが凄かった。バックホーン→テナーの時はそれほど人が入れ替わらなかったのになぁ。シロップさんは好き嫌いが分かれるのかしら??

三番手:Syrup 16g
今日はスピッツも出ることだし、機嫌良いかな?と期待する(笑)
登場早々アコギを担ぎ椅子に座る五十嵐さん。お、今日はアコースティックな気分ですか? 「よろしくお願いしますっ」といつもより気合の入った声で挨拶して曲に入る…
「your eyes closed」…なんだかとても穏やかな気分になる曲。1曲目から声が良く出ていて、歌詞も間違えず(笑)、スゴク丁寧に歌っていた。テナーで気になったヴォーカルの音の悪さもなく。で、コーラスをサポートギターのアッキーさんがやっていた…何故!?
次の曲に入る前にココで挨拶がてらMC。対バンが素晴らしいってコト(どのバンドも必ず言ってたなぁ)と、「位置的に盛り上げていかなきゃならないトコロなのに最初っからアコギでスミマセン。反省は後でします…。今はこんな気分なんです…I need to be myself…」の言葉とともに「I ・ M ・ N」…あぁもう泣かせるなぁ! この曲は本当私の涙腺を刺激してくる。
「希望」…
何故かこの日はMCが多く、「ベランダにセミが来て…10階に住んでるんですけど、そこへセミがやって来て。たまに『ジジッ』とか鳴くんですよ。で、3日ぐらいした頃、また『ジジッ』って鳴くから『まだ居たのかよっ』って。僕が『まだ居たのかよっ』って言った後くらいに亡くなったみたいで…。この歌は僕の友達に…セミくんに捧げます」 セミに捧げるって(笑)
「変態」…セミに捧げる蝶の歌(笑) チョット違和感あるケド、まぁ昆虫繋がりなのかな?なんて思って聴いていた。
「真空」…前奏が今まで聴いたコトのあるのとはまた違っていて。「delayedead」の中の聴いたことない曲なかぁと思っていたらコレで。スゴイ格好良かったー!! 途中♪懸垂2回以上できませんっ♪と叫んでいた。他にも歌詞を変えていたような…。あとこの曲だったかな? 中畑君が「ロックン ローーールッッ」って叫んでたなぁ。コレに限らずこの日は良く吠えていた中畑君。アレだけ叫んでいてもコーラスでは声が潰れていないんだからスゴイなぁ。
「リアル」…前奏長いかなぁと思っていたらすぐに歌い出したんで「あ、今日はショートver.?」と思っていたら、Aメロを歌った後にもう一度前奏が入ってきた。この日はハンドマイクになることもなく(笑)、普通に歌い上げていた。あ、でも♪許しがたいまで腐りきった 魂は水で洗い流せません♪って歌っていた。流せないのかヨ! と内心ツッコミ(笑)
この後「上手くいきませんね」とボソリと言うので「??」と思ったら、「さっきのMCはココで言おうと思ってたのに、段取り間違えました」と説明が。なんか今日は親切ですね五十嵐さん(笑) “さっきのMC”とはセミ君のことで…エレキからまたアコギに持ち替えたから、次は「Reborn」か?、ベタ過ぎー、と思っていたら「ハミングバード」…ベタ過ぎな考えは自分でした…失礼しました。そういえばこの歌の歌詞に“セミ”って出てきたなぁと曲が始まってから思い出した。
ここでシロップ終了。正味30分強のライブ。曲数が少なかったわけではないけれど、最後が微妙なしっとりさ加減の曲だった所為か、なんか物足りなさを感じてしまった。
しかし今日の五十嵐さんはよく喋った。しかもハキハキ喋ってたしね! 言っていることが良く聴き取れたヨ。自分が見始めた頃を思い出すと、本当別人みたいだった(笑)
演奏は一貫して丁寧な感じだったけど、歌は途中から歌詞が飛んでたなぁ。忘れたって言うよりはわざと歌ってないカンジ。むしろ歌うのが面倒くさいってカンジ!? 歌ってる最中に肩で口を拭ったりして歌が途切れたりして…ちょっと聴きづらかったなぁ。
あと後ろにいた女性2人連れの内、片方の人がシロップのファンらしく、連れの人に1曲目が終わった後「素敵でしょ?」と言っていたのが微笑ましかった。「良いでしょ?」っていうとっさの誉め言葉はよく聴くけど「素敵でしょ?」ってのはナカナカ聴かないので。良いなぁと思って(笑)

トリ:スピッツ
まぁこの面子ならトリはスピッツでしょう。今までのシンプルなセッティングから一転して、機材やら何やらが大量に並んでいた…さすがスピッツ(笑) 舞台向かって左側、ハコがいっぱいあって、何だ?と思ったら、サポートの鍵盤だった。
フルメンバーのスピッツを観るのは初めて。年明けのアコースティックの時は知らない曲ばかりで少しツマらなかったから、今回は知っている曲を演ってくれないかなぁと思っていた。
1曲目はなんか知っているような、知っていないような…(笑) ここでまたマサムネのヴォーカルの音が変だった。テナーと同じカンジで…音響が悪いのか!? 歌い終わった後フレーズが1コ抜けていたらしく、「間違えちゃったね」というマサムネ。するとテツヤさんが「予定通りだから。特別ver.だから!」と透かさずフォロー(笑) それを受けてマサムネも「そう、カスタム、カスタム!」って嬉しそうに言ってて(笑) なんか微笑ましいなぁ。 (後で判明したのだけど、この曲は「メモリーズ・カスタム」という曲だったそうで…だから「特別ver.=カスタム」で喜んでいたのね(笑))
続いて私の大好きな「涙がキラリ☆」…生で聴いたらスゴイ感動するかも~、なんて思っていたのだけど、実際それほど感動もせず…。エレカシの「悲しみの果て」を初めて聴いた時は鳥肌立つくらい感動したんだけどなぁ、やっぱヒロジのヴォーカルが桁外れにスゴイのかなぁ、なんて考えながら聴いていたら…

ジャジャッジャジャ

♪悲しみの果てに~♪

え!? え!? え!? え"ーーー!!!

なんと、スピッツがエレカシの「悲しみの果て」を演ったのですよ!! キャー!!!! 本当にビックリした。私の頭の中覗いたの!?って思っちゃったもん(笑) もうこのときの驚きといったら! 口から心臓が出るかと思った。出ないように口押さえちゃったもん(笑) ソレぐらい興奮した!! スピッツの「悲しみ~」は特別なアレンジはなくて、基本に忠実なカンジで。あぁ何で花男に参加してくれなかったのさっ! ミネタのより断然良かったよ!! マサムネのヴォーカルはヒロジとはまた違った掠れ具合で、哀愁というか寂寥が漂うカンジだった。もうこの曲1曲で魂抜かれてしまった…ってスピッツの曲じゃないし(笑) この曲を作った宮本浩次がスゴイと言うことで(笑)
「悲しみ~」で一気に自分内テンションが上がって、その後はスゴク楽しかった。ステージ上のテンションも凄かったし。久し振りに、プロの仕事を観た! と思った。
途中、鼻を啜るマサムネ。鼻水出ちゃった?(←失礼)とか思っていたら「においフェチなので皆さんの良い香りを嗅ごうと思って」って(笑) イイ年したオッサンなのに何でそんなにカワイイんだマサムネ!!(笑) 自分の周りでも「カワイイ~」発言がチラホラ聴こえた。皆思うことは同じだ(笑)
この他にもオリンピックの話題とか、一方的に話すカンジではなくコミュニケーションを取ろうとするようにMCをするトコロにマサムネの優しさを感じた。こりゃぁ皆ファンになっちゃうでしょ! 実際会場の90%はスピッツファンだったんじゃないかな? 拳の上がり具合が全然違うんだもん。シロップのときなんて逆に10%位しか拳が上がっていなかった…まぁシロップの場合、100%シロップファンで埋まってても同じ状態だろうからな…(笑)
殆どが知らない曲だったけれど、心が温かくなるような幸せな気分を味わえた。んー、スピッツにハマリそう。次はワンマンで観たいなぁ。ってチケット取れるのか!?
ところで。スピッツのベースの人(名前まだ知らない…ケド、顔がジョビジョバのマギーに似てるよね(笑) 心の中でマギーと呼んでます)、動きがすごいね! ビックリした。アレでちゃんと弾けてるの!?(笑) 正直テツヤさんの方が暴れ系かと思っていたら、一番大人しそうなマギーが一番ハジケちゃってたね(笑)

このイベントのことが最初に発表された時点での出演者はシロップとテナーだけだった。でもそれだけで私にとっては行く価値のあるイベントだったので、主催者先行に申し込んでおいた。後日、追加出演者としてバックホーンの名が挙がったときは悲鳴を上げたいほど嬉しかった。自分の好きなバンドが3つも揃うなんて!! 残りの“and more…”に、ロストでも良いな、ピロウズも良いな、あぁでも高望みをしちゃいけないわ、1コ位知らないバンドでも良いじゃない、何てコトを思っていたところにスピッツ!! あぁ、何て夢のようなイベントなの! (ToT) 実際のイベントも段取りがスゴク良くて、当初予定していた終了時間より早めに終わったし…地方人にはウレシイ限り。全ての面において大満足(#^v^#)
このイベントを企画したVINTAGE ROCKに感謝!! また素敵な企画をよろしくお願いします♪
スポンサーサイト

≪ DAIZAWA MEMORIAL @ LIQUIDROOM ebisuホームfuzz maniax supported by smart @ AHIBUYA-AX ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。