10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/07/27

NINAGAWA 十二夜

本日の舞台: 七月大歌舞伎 NINAGAWA 十二夜

今日は人生初!の歌舞伎を観に行ってきた。新聞の定期購読特典で貰える応募ハガキがやーーーっと当たったのだ(笑) そうでなかったら、敷居が高くてナカナカ行けません(笑)
恐れていた台風も無事過ぎて、今日は晴天! しかし降りる駅を間違えて、炎天下の中延々と30分も歩き回り、結局歩いてもラチが明かないので地下鉄にもう一度乗る始末…。おかげで開演時間には間に合ったケドね、無駄なことをしてしまった…お金も時間も…。それが今日の一番の反省点(泣)

で、歌舞伎の方はどうだったかというと…
スッゴク面白かった!!
11:00~15:30という長丁場だったケド、全然飽きさせないし、時間がアっという間に過ぎていった。ホント、ビックリするぐらい。え!? もう15時過ぎてるんだ!!ってカンジで。同じ長時間モノでも、先週観た松尾スズキの「キレイ」よりずっと楽しく観ることができた(←コッチは前半で既に死亡してたからな…思考が…泣)
演出が蜷川幸雄ということもあってか、歌舞伎初心者でも良く分かる内容になってた。舞台も全面鏡を使用していて、ちょっと想像していた歌舞伎とは趣が違ったカンジ。
元ネタ(シェークスピア)のストーリーも全然知らずに観にいったのだケド、それでもキチンと理解できる内容だった。てか、シェークスピアと聞いて、悲劇を想像していたのだケド、喜劇だったし(笑) そんな自分でも最後の道化の台詞「他人の不幸は蜜の味」には覚えがあった。あー、この劇の台詞だったのね!と合点(笑)
台詞も聞き取りやすかったし、役者さんたちも皆さん芸達者で…当然といえば当然なのだケド、わずか10日間の稽古で、アレだけのことができる歌舞伎役者ってスゴイです…感心してしまいます。
その中でも特に、女形の皆さんが可愛かった~。なんなんでしょ、あの可愛らしさは! ホントの女性にはない可愛らしさだと思います(笑) あと、アホの安藤様も可愛かったv
この作品はやたら登場人物のことを、「アホ」 「アホ」と言うのだケド、アレは一種の愛情表現だね(笑) 私も愛すべきバカには「アホ」って使うし(笑)
でもやっぱり一番凄かったのは主役二人を一人で演じた尾上菊之助! 本当にこの人は美しかった!! 先日朝日新聞でもこの舞台での彼のことをベタ褒めしてたケド、納得。素敵だった~(ため息) 特に最後の琵琶姫で登場した彼は美しかった!! 眼福眼福♪ あのクィーンのポスター欲しいなぁ…東京メトロに交渉したいくらい(笑)
最後は舞台の出来が素晴らしくて、その感動で思わず涙が(T_T) 話に感動した訳でなく、舞台の全てに感動した。スゴイなぁ歌舞伎って。この作品を歌舞伎と呼んでよいのかは正直微妙だケド、一応歌舞伎と銘打ってるし良いよね!?(笑)
一緒に行った母も大満足。初歌舞伎で良い演目に当たって、本当良かった♪ しかもタダだし(笑) できればもう一度観たいくらいだケド、もう7月は終わりだから無理か…。TV放映とかあったら絶対録画するんだケド、放送禁止用語使ってたしね…コレも無理かな?(苦笑)
しかし、歌舞伎ってカーテンコールないのね…ソレがちょっと淋しかった…。

帰りに歌舞伎座近くの銀座シネパトスに寄って「ベルベット・レイン」の前売りを購入。
こんなことやってるからね、特製プレス貰っとかないとでしょ!と思って(笑)
前売り券自体は、東京で上映予定の3館共通なので、買ったところで観ないとダメよ!な券じゃなくて良かった。だって、銀座なんて滅多に行かないから…といって、池袋も新宿も行きはしないケド(苦笑)
で、貰ったプレスは…コレ、このままパンフになってしまうんでない!?ってくらい、しっかりした内容になっていた。まだパラ見だケド、テキスト多いし、写真も充実してる。一応「非売品」て書いてあるケド…ちゃんとパンフは違う内容にしてよ! 日活さん!! あと、千葉でも上映して!(笑)
スポンサーサイト

≪ チケ取り合戦ホーム赤壁之戦 ≫

Comment

カーテンコール

「十二夜」の場合終わり方があっけないので、カーテンコールに至らなかったとのだと思います。「十二夜」の場合拍手があっという間に消えたと思います。カーテンコールしようにもお客さんが拍手をすぐやめてしまえば役者側もしにくいし、できません。今度はぜひスーパー歌舞伎を見て下さい。スーパー歌舞伎はいつもカーテンコールの嵐です。つまり観客が拍手を続けざるを得ない、そういう興奮の絶頂へもっていきながら終わるからです。まあ猿之助の演出ですから、最後は宙吊りで終わるんですけどね(^_^; 最高に面白かったのは三国志の完結編です。セリフは「十二夜」よりさらに現代風ですし、ストーリーは登場人物が喋るので、なんの予備知識がなくても楽しめます。ぜひ、ぜひ、一度ご覧下さい!オイラが言うのも変なんですけど!

Re: カーテンコール

はじめまして! コメント有り難うございます。

歌舞伎でもカーテンコールってあるんですね。
私は今回が初歌舞伎だったのですが、幕が閉じたとたん観客がそそくさと帰っていったので、
「歌舞伎はカーテンコールをしないものなのだなぁ」と思っていたのですが違ったようで…。
次に機会があれば粘って拍手してみようと思います(笑)

スーパー歌舞伎も気になります。会社の先輩にも以前オススメされました。
今、自分内三国志ブームが来そうなので(笑)、再演があるようでしたら是非観に行きたいところです。
でもチケット取りが大変そうだぁ。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

「ベルベット・レイン」試写会

「ベルベット・レイン」監督 ウォン・ジンポーCAST アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/・・・STORY裏社会のボスであるホンに家庭ができた。他のボスとの暗殺が交差する中、彼の弟分レフティーが動き出す。その一方で、この裏の社会で出世すべく、二人の若者も動...

Home

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。