FC2ブログ

10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/26

アートと話す/アートを話す

本日の美術展: 「アートと話す/アートを話す」 @ 東京オペラシティアートギャラリー

以前、NHKの番組「新・日曜美術館」他、複数の番組で紹介されているのを見て、行ってみたいなぁと思いネットで調べると、期間中に「ギャラリー・クルーズ」なるものがあり、ソレに参加すると普段は貸出専用のアート・ブックが参加者にもれなくプレゼントされるということがわかり、折角ならこのイベントがある日に観に行こう!と思い、共通の趣味のある友人に声を掛けておいた。3月末まで開催してるし大丈夫よね~と余裕をかましていたら、3月のギャラリークルーズが開催される日は殆ど他の予定で埋まっていたのだった…。
で、慌てて2月最後の開催日、26日に行けるかと連絡したところ、予定が空いていたのは1名だけ…。しかしお互い美術展以外にも目的があり、折衷案を出したところ私の都合を優先してくれることに…アリガトASIA!

ということで、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「アートと話す/アートを話す」のギャラリー・クルーズに参加してきた。
参加する前は、学芸員の方が各作品について解説をしてくれるものだと思っていたのだケド、実際は学芸員の方が先生役なポジションで一組10名ほどのグループを作り、各作品に対してディスカッションをする、というモノだった。なので、人の話を聞くだけでなく、自分の意見も言わなくてはならなかったりして、学校の授業のようでちょっとドキドキのクルーズだった。一人だったら耐えられなかったかも(苦笑)
でも、同じ作品を見ていても、その人の持つ知識によって違う意見が出たり、作品の背景を教えてもらってから改めてその作品を見たりすると違う感慨が浮かんできたりして、中々有意義な時間だった。
クルーズ自体は45分程のモノで、解散後は各自自由に作品を鑑賞。
本来なら貰ったアート・ブックを開いて、そこに書かれている質問に答えながら観ていくのが趣旨なのだろうケド、そんなことは無視して二人で勝手なことを言い合いながら作品鑑賞。まぁ、コレもある意味「アートを話す」だから良しでしょう(笑)
常設展まで一通り見た後、ギャラリー・ショップへ。美術館の売店は面白いものが多くて大好き♪ ソコに今回貰ったアート・ブックが売られていたのだけど、値段がなんと1,500円! 入場料が1,000円だから、元が取れちゃってるよ!(←貧乏人の性・笑) なんだか至れり尽くせりな企画だった。

続いて空腹を抱えつつ歌舞伎座へ…。

2006/01/24

印象派バトン

「むんちゃんのデキゴト」のむんちゃんさんからバトンを頂きました~。アリガトウございます♪
しかし色んなバトンがあるんですね~。最初「印象派」と見て絵画の「印象派」を連想し、随分高尚なバトンだなぁ、なんて思ってしまいましたよ(笑)
では早速回答してみましたので、興味のある方はどうぞ!

続きを読む ≫

2006/01/05

明けましてオメデトウございます

            2006


明けましてオメデトウございます。
昨年お世話になった方、どうも有り難うございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

って、遅すぎです。今更です(苦笑)
年賀状も今更ながら出しました(←4日) 今年はもう面倒だから既製品で良いや~と思っていたのだケド、うっかりブツを買うのを忘れてしまい、結局自分で描くことに…。カタログカットの使い回しのようだケド、ちゃんと一から描いてんのよ!(笑)>友人各位
年末年始にはアレをして、コレをして…と思っていたのだケド、結局やろうと思っていたことの1割もやらなかった…(2005年の総まとめとかね…コレは暇をみてやりたいトコロ)
ソレもコレも年始早々観たかったTV番組(歌舞伎)を見逃してしまい、意気消沈した所為です(←そんな小さなコトかい!・笑)
「一年の計は元旦にあり」という言葉からすると、新年早々計画を実行できなかった私の一年はダメなような気がするよ…厄年だしね…
でも去年は色々と新しく好きになったものが多くあった一年だったので、それを生かして(?)今年は色んな方面で充実した一年を過ごしたいトコロ。今年もイッパイ好きなライブやら舞台やらが観れますように!

さし当たって、明日は今年初の歌舞伎鑑賞です。菊さま~vvv
で、日曜にはエレカシのライブ♪ ヒロジーっ!(笑) エレカシは久々なので本当楽しみだなぁ。

2005/12/31

2005年を振り返る

momota的2005年を振り返ってみた。
先ずはサクッと各ジャンルのまとめを…

LIVE/記憶に残るLIVEランキング
1位: syrup16g @ LIQUIDROOM ebisu on 2005.05.06.
ライブの数日前に救急車で運ばれてしまい(食中毒で・苦笑)、2日連続観に行く予定だったのがこの日しか行けなくなってしまい悔しかったライブ。

2位: 東京の空(つばき, syrup16g) @ 新宿LOFT on 2005.04.22.
会場へ向かう途中の東京駅でヘンタイサンに捕まってしまい、危うくメガネを盗まれるトコロだった…(←一時期ニュースにもなったメガネ泥棒) 親切を仇で返され凹んだ気分で開演を待っていたら、シークレットでシロップが登場して、アレがあったからコレはご褒美か!と、ある意味救われたライブ。

3位: TRICERATOPS @ 品川プリンスホテルステラボール on 2005.11.23.
「ライブ(を観るの)が好きだ!」ということを改めて実感させてくれたライブ。OPと共に涙がこみ上げそうになってしまった…。

と、挙げてみたけど、どれもライブ自体より、それに纏わる出来事で覚えているという(笑)
あの演奏最高!とか、あのパフォーマンス最高!なライブは、パッと思い出せない…あ、矢沢永吉のライブはこの年に観たかな? あのイベントは永ちゃんのマイクスタンド捌きとバクホンの栄純ののイカレ具合が凄かったなぁ。アレはかなり強烈だった。あとエレカシ@雨の野音。
一番観に行ったアーティストは「syrup16g/5回」、次いで「ストレイテナー/4回」 それ以下はイロイロゴロゴロ。
2004年まで、私の生活の大半を占めていたライブ。2004年は年間41本観に行っていたケド、2005年は24本。減った理由は、趣味が広がったというのもあるけど、好きなアーティストが余りライブ活動しなかったってのもある。特にシロップ! 2006年はガンガンライブしてください、お願いします>五十嵐さん

PLAY/記憶に残る舞台ランキング
1位: マシュー・ボーン版 「白鳥の湖」
自分でもココまでハマるとは思わなかった作品。高い餌代(笑)払って何回観に行ったことか! 観る度に違う解釈がでてきて、一時期は妄想の虜に(笑) 是非またキングに再来して欲しいナ。

2位: NINAGAWA 「十二夜」
兎にも角にも菊之助丈が美しかった…。そして作品も文句なしに面白かった! その出来の素晴らしさに感動し、思わず泣いてしまったものなぁ。これまた是非再演して欲しい作品。その時は奮発して一等席で観ます!(笑)

3位: 七人の恋人
当日券を取ったら思いもかけず良い席で観れてウレシカッタ舞台。そして宮藤サンの演じる女性が見た目はアレだけどカワイくて大好きだ!と、改めて実感させられました(笑)

2005年は新ジャンルの開拓の年だった。「白鳥の湖」に代表されるバレエ、そして「歌舞伎」。
歌舞伎は本当見事にハマッたね。それもこれも菊之助丈の存在が大きいなと。歌舞伎役者は大病や犯罪でも侵さない限り、生涯一役者なんだよね。自分の人生と共にその役者さんの成長、生涯を追っていけるっていうのはファン冥利に尽きるというか幸せなことだよなぁ。
ということで、今後の彼を一ファンとして見守っていきたいなぁと思うのでした。

MOVIE/記憶に残る映画ランキング
1位: インファナル・アフェア
今年公開の作品ではないケド、私は今年観たってことで…。もう2005年に限らず、私のこれまでの人生の中で観てきた映画第1位です! 幾ら褒め讃えても褒め足りないくらい、ホント、スバラシイ映画です。大好きだ!!

2位: チャーリーとチョコレート工場
どの作品を持ってこようかなぁと思ったけど、映画のことを考えると必ずウォンカさんのテーマが頭の中で鳴り出すのでコレを(笑) 自分で意識しているより好きってことなのかしら?

3位: ベルベット・レイン
観終わったあとも、色々考えされられる作品だった。ブログでも色々熱く語ったもんなぁ。あとエヂの良さを認識させられた作品でもあった(無限序曲ではイマイチだったんで…)

やっぱ映画はなんと言っても運命の人「トニー・レオン」に出会えたことが一番大きいなぁ。まさかこんなに大好きになる俳優に出会えるとは!
トニーさんを好きになってから、俄然映画を観る量が増えた。総合割合からみても、明かに映画の占める割合が多い。しかもその殆どはトニーさんの作品(笑) でもトニーさんの作品は殆ど観てしまったので、来年はこの割合もまた変わってくるんだろうなぁ。

と、各ジャンルはこんな感じで。

最後にまとめのグラフをドン!(↓クリックすると拡大して見れます)

2005

私にとっての2005年を一言で表すとやっぱり「トニー・レオン」かなぁ。
ホント、トニーさんを好きになってからは、それまで音楽を中心に回ってた私の世界はトニーさんを中心に回り出したからな(笑)
多分、お金を一番注ぎ込んだのもトニーさん。本やらDVDやらCDやら…果ては海外通販までしちゃったからね! 愛という名の原動力は偉大です(笑)
その分アオリを喰らったのが音楽方面。2004年はタワレコのポイントカードを1年経たずに満杯にしたケド、2005年は1年かかって40ポイント溜めるのがやっとだった…。
グラフを見ると、自分が趣味へ傾ける比重の推移が分かって面白いね(笑)
2006年はどんな一年になるのかしら…また劇的な出会いがあるかしら!?

2005/12/07

壊れた(TдT)

何がって去年買ったプリンタが…。
去年の11月に買って丸一年経ち、保障期限の切れた今月になって壊れやがった! クヤシーーーイッ(泣)

私の使っているプリンタはEPSONの複合機型で、普段プリンタ機能は全く使わず、専らスキャナ機能を使うことが多い。
なので久し振りに、親に頼まれた年賀状の用意せねば!と、作った図案をプリントしようとしたらば印刷ができない…。
目詰まりしてるのかな?と思って、ヘッドクリーニングを何度かしてみたケド効果ナシ…。説明書を読んでみると、「ノズルチェックとヘッドクリーニングを交互に5回以上繰り返しても目詰まりが解消されない場合は、プリンタの電源をオフにして一晩以上放置してください」とあったので一晩放置してみたけど効果ナシ。

コレはやっぱ壊れたかな…と思い、今日エプソンのサービスセンターに電話をしたところ、「修理が必要みたいなので、サービスセンターに送ってください。送料はお客さん負担で」みたいな回答をいただいた。
そのとき私は公衆電話から電話をかけており、早く用件を済まさなければカードがなくなってしまう!と焦っていたので、特にサービスマンに不満を言うでなく電話を切った。むしろカンジの良いサービスマンだな、などと思っていた。
そのことを会社の先輩に話すと…「何でもっと強気に出ないんだよ!」と怒られて(?)しまった。1年経って壊れるなんて、普通じゃないんだからもっとクレームをつけても良いんだよ!と力説され、「言われてみればそうだよなぁ。こっちは3年持つつもりで買ったのに1年しか持たなくて、しかも酷使したわけでなく、たまに使ってみたら壊れてたってカンジだし…。コレってエプソン側の落ち度でないの!?」と遅ればせながら沸々と怒りが…。

その後、もう一度修理費についてネットで調べてみたら、基本料+技術料+実費で、少なくとも8,000円以上はかかると分かり、泣きたい気分に(泣)
もう何だかなぁ、1年で壊れるプリンターなら買わなかったヨ!ってカンジ。

そこで今日は、出来る限り修理に出さなくても済むように、とりあえず自分に出来ることをやってみようと、未だ試していなかったインクの交換をやって見ることにした。
インク自体は9月に替えたばかり(というには遅いか?)なので、振ってみるとインクが残っているらしく、チャポチャポ音がする。しかし、ノズルチェックパターン印刷をする度に印刷されもしないのにインクの残量が減っていく…。何処へ消えていってるのか…。とりあえず、黒だけ買ってきて交換してみたら、他の色も交換が必要と警告され、それ以上何も出来なくなってしまった…。必要も何も、インクが未だカートリッジに残ってるっつーの!(泣)
仕方ないので明日又他のインクも買ってこよう…。コレで直らなかったら今度こそ強気に出て、うんと文句(正当!)を言ってやる!
あぁ、怒りより悲しみの方が先にたつね…切ないよ。胃も痛いよ(泣)

ホーム

≪ BackHomeNext ≫

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。