FC2ブログ

10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

2006/09/29

「ディパーテッド」ワールド・プレミア

いよいよ恐怖(笑)のハリウッド版「インファナル・アフェア」が完成した模様。
昨日になるのかな?、ワールドプレミアがあったとかで、朝の芸能ニュースで取り上げられていた。
私が見たのは「めざましテレビ」ので、ワールド・プレミアの様子と、作品映像がちょこっと取り上げられていた。
この作品映像を観たらなんだか微妙な気分になった(苦笑)
どの辺が微妙だったかと言うと、「やらされている感」とでもいうか、「なぞってるな~感」とでもいうか。
リメイクだから当然同じ流れにはなるのだろうケド、なんか自然じゃないカンジだった。
特に冒頭の、ヤンがサムに手のギブスを割られるシーンとか。
「こういうシーンが用意されてるからやりました」みたいな…。
でもまだ断片での映像だからそう観えるだけで、全編を通してみたら違和感ないのかも。
ネットのニュース上では、評判も良いらしく、レオ様にはまたもやオスカーの話題が。
本家のヤンにあやかれると良いですね(笑)

日本で一番早い公開は「東京国際シネシティ フェスティバル」のクロージング作品として、11/26(日)に。
一般公開は、まざまし情報によると2007/1/2(火)からの模様。
そろそろ試写会の募集もかかりそうだケド、時期的に残業月間だから無理だろうなぁ。
ま、来年のお楽しみにしとこっと。

話し変わって。
「第7回東京フィルメックス」も上映作品が決定した模様。
去年はホウ・シャオシェン監督のオープニング作品を観に行ったケド、今年はジョニー・トー監督の「社會」「社會2」が観たいな~。2作品も上映するなら監督の来日もあるかな!?
なんだか東京国際映画祭より楽しみになってきた(笑)
しかしこれまた微妙な会期(11/17~11/26)…この時期ホント仕事忙しいのよね(泣) 時間が合うと良いな~。

2006/07/25

アンディ・ラウ スペシャルシークレットライブ

『愛と死の間で』SPECIAL EVENT
アンディ・ラウ スペシャルシークレットライブ
@ 渋谷TOWER RECORD B1 STAGE ONE

アンディが映画のプロモーションの為に来日するという情報は、トニーさんのオフ会のときに初めて知った。
何でも前売チケットを買って、その時に貰えるハガキでイベントに応募ができるという…カナリ興味があったけれど、ハガキを配っている映画館にわざわざ足を運ぶのも何だったし、そうやってハガキを貰って応募したところで当たる可能性はどれくらいなんだ!?と思ってしまい、結局前売を買いに行くことはなかった。
しかし後日、諦め悪く映画の公式Blogを覗いてみたら、シークレット・ライブの情報が!
期間中に渋谷のタワレコのアンディ特設コーナーの指定商品を購入すると応募ハガキが貰えるという。渋谷限定だし、配布期間も一週間と短い…しかもその短い配布期間内に渋谷に行く用事もある!
ということで、これは狙い目かも!?と思って、配布期間中の唯一の土曜日に渋谷のタワレコに寄ってみた。
5階にある、中華系音楽コーナーに行ってみると…
ア、アレ? 特設コーナーッテドコデスカ?? ハ? コノ小サイノガソウデスカ!?
ってくらいビックリな規模の特設コーナー。コレなら当たる!と私の直感は言っていた(笑)
場所は伏せてあったケド、ライブ会場は地下のイベントスペースだろうと予測が付いたし、この規模の展開なら、あの会場には下手したら応募者全員が入れるかも!?という具合に。
しかし、本来の小心者が顔を出し「本当に当たるか? 当たらなかったら要らないCDが増えるだけだよー」と囁いた。
アンディの歌は「無限道」のトニーさんとのデュエットしか知らないのだケド、実はこの曲のアンディの歌い方が苦手だった…妙にコブシが効いているカンジがサ…。
そんなカンジで私が散々迷っている30分位の間に、3~4人のお客さんがアンディ関連の商品を買って行った。中には2~3枚を一度に手に取る人も。
意外に競争率高い!?と更に迷いに拍車がかかったのだケド、こういう機会も早々あるまい!と決心し、一番新しいベスト版CDを購入…2,980円也。
締切りまで間がなかったので、即行ハガキを出したかったのだケド、50円切手を用意していなかったので、翌日地元から、無事に当たりますように!と拝んでから投函(笑)

翌週土曜。この日は急な仕事の所為で休日出勤。ウチの会社は休日出勤のとき、音楽を聴きながら仕事をしても良いことになっているので、先週買ってそのままになっていたアンディのCDをネットウォークマン(not “i-Pod”・笑)に落として持っていった。
やっぱり苦手な感じだったらどうしよう!?とドキドキしながら聴いてみれば…
ギャー、アンディ、格好イイッ!!
あー、もうビックリした。凄く格好良かった! 休出してるのが自分一人だったら確実に叫んでたね!(笑)
流石40越しても香港の音楽界に君臨しているだけはあるな!と。
当然のことながら、歌詞は全く分からないのだケド、分からないなりに訴えてくるものがあって、泣きそうになった曲も。凄いなぁ、アンディ。
内心、キャーキャー言いながら仕事をこなして家に帰ってみると…招待状が届いていたよ! ワーイ!!
会えるだけでも嬉しいのに、生歌を聴けるという楽しみも増えて、喜び倍増。

しかし、当日になっても意外にも冷静。あ~コレがトニーさんだったら招待状貰った時点でドキドキが止まらないんだろうな~なんて思いながら、渋谷へ向った。
しかし、渋谷に着いてみたら実感が湧いてきたのか、異常にドキドキしてきた! 心不全で倒れるかと思った(笑)
仕事を早退して会場に向ったので、開場時間ギリギリの18:15分に到着。しかしこういうイベントの常として、時間通りに開場しない…結局列が動き出したのは開演時間の18:30過ぎ…アンディはこのイベントの後、スペイン坂でラジオの公開生放送があるんだよね? 開演が遅れるってことは即ちイベントの時間が短くなると言うことで…あぁぁ(泣)
スタッフの手際の悪さを恨みつつ、STAGE ONE恒例のドリンク券を貰って会場に入ってみると、ファン以外にもマスコミ関係者も多く見受けられ、会場はほぼ埋まった状態。埋まった状態だったケド、中央に椅子が設置してあるということは、応募者数少なかったんじゃないかな?と思ったり…(人数が多いときはオールスタンディングが基本なので) とりあえず、目に付いた見やすそうな場所をキープせねば!ということで、ドリンクも交換せずに、上手側で待機。

早くアンディ登場しないかな~とドキドキしている中、先ず司会の黒川さん登場。この人、インファ~のときも司会してたよな…確か。
ちょっとしたイベントの説明の後、司会者から「昨日と同じように呼んであげてください!」と言われ、心得たファンの方々が「ワ~チャ~イvvv」と声をあげる。
いよいよ待ちに待ったアンディ登場!
白髪と聞いてはいたけれど、真っ白というわけでなくゴマ塩風。そして色が黒く、ワイルド系なカンジ(笑)
生を観たら、鳥肌立つほど感激するんじゃないかと思っていたケド、何だか普通に感動してた(笑) わ~アンディだぁ♪♪みたいな(笑)
多分、自分は女王様系のアンディ(ベルベット・レインのホンとか、センチュリー~のフェイロンとか)が好きな所為だろうな。
登場早々、司会者から「この中には2~3日家に帰ってない人も居るんですよ」と話を振られ「通りで何か臭っている気がする!」とアンディ。笑顔で毒吐かれちゃったよ! でも素敵(笑)
こんなに近くで観れるなんてラッキーだな~と単純に喜んでいたのだケド、アンディが上手側の椅子に座ったので、横顔しか観えない! 失敗した!(泣)とその場を選んだことを後悔…。
しかし、通訳さんの話を聴くためにコチラ側に顔を向け、その度に、話を聴きつつ笑顔を振りまいてくれて、アンディ、なんて良い人なんだ!と感動。ホント、会場に居る一人一人と目を合わせるように、隅から隅まで目を配っていたと思う。会場に居た全員が「アンディと目が合った!」と思ったんじゃないかな?(笑)
その後、アンディ素敵~と思いながらアンディのみを観ていたので、最初の方の会話は殆ど覚えてない(笑) 何か映画の話をしていたような…(爆)
その後、「プライベートな質問をしてみましょうか?」ということで「仕事・フリータイム・お金・愛のどれが一番大事ですか?」という質問が。
質問が全て言い終わらないうちに「オカネ!?」と異常にお金に反応するアンディ。「お金」という日本語の意味がしっかり分かっている模様(笑)
そして司会者にお金に異常に反応したことに指摘され、「オカネ~vvv」お金大好き振りをアピールするも「やっぱり愛が一番です。愛があれば仕事が充実する。仕事が充実してれば仕事の依頼が増えて、お金も増える。お金が増えたら仕事が選べるようになるから、自由な時間もできるし…」と上手くまとめるアンディ。素晴らしい!
その後、何故かマジックタイム(笑) 映画を観ていない私には「??」だったケド、映画の中にそういうシチュエーションがあるらしい。
上手いこと映画に使われているペンダントを持っているファンの方が居て、アンディも「シュゴイ! シュゴイ!」と大喜び(笑) そんな幼言葉のアンディに大喜びの自分(笑) そしてその持主が壇上に呼ばれアンディの手品の相手に。こんなチャンスがあるなら私も買ったのに!!と思った人多数のハズ(笑)
手品の内容はリングがネックレスに通るという…アンディは手際良く決めていたケド、その後に続いた司会者の方は何度やっても失敗…アンディが成功するように念力送ったのにね! 結局アンディに手を添えて貰って漸く成功(笑) アンディに手取り足とりして貰いたかっただけだろう!と思うのは、ファンの僻みでしょうか(笑)
その後、ペンダントの持主にペンダントを返すときのアンディが凄く素敵だった!! こう、愛しそうに髪を撫でてあげてね…間近でアレやられたら落ちるって! アンディファンはもう慣れた風だったケド、ホント、コチラも蕩けてしまいそうな位、素敵な仕草だったよ…ホゥ。
そしてこのペンダントが先ほどの「お金」ネタと合わさって「商売上手ですね~」と、再びからかいのネタになっていた(笑)
マジックショーが終了したトコロで、次は生歌披露! 映画の主題歌「再説一次我愛你」を歌ったのだケド、会場に居るファンも一緒に歌い出してビックリ。
ギャー、ヤメテー、アタシは純粋にアンディの歌だけ聴きたいの!!
という思いが通じたのか、次第に歌声が小さくなったので良かった…ホッ。
多分、一緒に歌うのが当たり前なのだろうケド、ソレを望んでない人も居るってコトで…(しかし、一緒に北京語の歌を歌えるのアンディファンはスゴイ)
生歌はホント、惚れぼれするほど上手かった! 超カッコイカッタ!!(←アタマ悪そうな感想・笑)
そしてEDと共にそのまま退場してしまうアンディ。え? コレで終わり!?とちょっと呆然となりながら、一先ずアンコールの拍手。アンディ、カムバーーック! 袖を見ていると、スタッフの方が「もっとアンディを呼んで!」ジェスチャー。更に頑張って拍手をしたのだケド、周りは只ボーっとアンコールを待っている…ホント、どのライブでもそうだケド、この光景って切なくなる。声出すのは恥ずかしいかも知れないケド、手を叩くのは誰だってできるじゃない? 折角香港から来てくれたのだから、もっと“アリガトウ”を表現しようよー。
この程度のアンコールじゃアンディ帰っちゃうかも…(泣)とチョット寂しく思っていたら、再びカラオケが流れ始めた。本人がステージに現われず歌だけが流れる中、1フレーズ位流れたトコロで歌いながらアンディ登場! ありがとう! 再び登場してくれて!!
私には馴染みのない曲だったけれど、ファンにはお約束な曲だったらしく、サビの最後のフレーズ「我愛你」をみんなで歌っていた(というか叫んでた・笑)
今度は歌いながら去るということはなく、ステージに残ってお別れの挨拶。
この時、ファンの方が今回の映画『愛と死の間で』の自作イラストをアンディにプレゼント。そのイラストを見て司会者の方が「今回二人のアンディがいますが、髭のアンディと髭なしとどちらが好きですか?」と質問。アンディが返答に困っているとファンから「両方共!」と助け舟を出して貰ってた。
その後、退場しようと袖に帰りかけたトコロで、私の前にいるファンの方がアンディにプレゼントを渡したがっていた。司会者が「私が受け取っておきますね」と言ったところにアンディがわざわざ戻ってきて直接受け取っていた。こういうトコロにアンディのファンに対する愛情を凄く感じた。
イベントの中でアンディは「みんなに一番大事な人が今居なければ、僕が喜んで一番になるし、一番大事な人ができれば、僕は喜んで二番になるよ」みたいなことを言っていた。冗談でなく、ホントにそう思っているんだろうな、と思った。
求められれば与えてくれる…アンディにはそういった安心感がある。がむしゃらにならなくても、手の届くところにいる。実際には手に届くハズがないのだケド、でもそう感じさせる大きさがあると思う。
上手く纏められないケド、アンディは偉大だなぁと感じさせられたイベントだった。ホント、明星だね! スターだ!!(笑)
時間的には30分弱のイベントだったケド、密度が高くて満足の内容だった。どうも有り難う! アンディ!!

でも本当は、このイベントがトニーさんのモノだったらーーーっと思うコトしばしば(笑) トニーさんも来日してチョーダイ!! でもその時は今回以上に当選率が厳しそうだなぁ(苦笑)

帰り際、開演直前に見つけたゆうこさんにご挨拶。会場前に会えなかったら、もう会えないだろうなぁと思っていたので良かった。短い時間だったケド、お話できて楽しかったです♪ 次にお会いするときは、是非アンディとのツーショ写真見せてくださいね~♪♪

2006/06/24

恋するブラジャー大作戦(仮)

本日の映画: 「恋するブラジャー大作戦(仮)」

新聞の懸賞で観賞券が当たったので、オフ会の前に観に行ってきた。
この映画を知ったのは、去年、新星堂で配られていた香港映画特集のチラシで。こんなアホそうな映画より、トニーさんの出演映画上映してよ!としか、その時は思わなかったのだケド、最近になり、スチールを見る機会があり、その余りのバカさ加減にこれは観ておかねば!となったのでした(笑)
で、感想はというと…

続きを読む ≫

2006/06/10

ココシリ

本日の映画: 「ココシリ」

観終わった後に、こんなに胸が熱くなった映画は初めてかもしれない。
特別ストーリーが感動的だったり、エンターテインメントに飛んだ内容だった訳ではない。
ただただ、泥臭いパトロール隊員達の実状が描かれていた。決してスマートではない。正義だからといって、全ての行動が正しい訳じゃない。目的の為ならば手段は選ばない。正直、どっちが悪だヨ!と思う場面もある。
でもその行動原理は、彼らの抱いている誇りの為にあった。
正直、自分の命以上に大切なものなんてあるのか?と思う。
この映画がフィクションだったら、ここまで胸が熱くならなかったと思う。
「どうせ創作でしょ? 勧善懲悪だもんね。現実でどれ程のことが出来る? 安易な感動作だ」
でもこの映画は実話を元に作られている。
お決まりのハッピーエンドは用意されていない。幾ら気高い誇りを持っていても、強者の前には倒れるのだ。奇跡なんて起きない。現実は非情で無常だ。
終わりは決して清々しいものではない。でも彼らの魂が報われる現実があった。
ソレが胸を熱くさせているのかと、終演後は思っていた。
でも今思い返してみると、彼らの思いが報われていることに胸が熱くなった訳でなく、彼らの誇りの高さにというか、命を賭しても守りたいものがあることに対して…逆(?)に言えば、誇りの為には自分の命を投げ打ってしまえる人間がいるということに胸が熱くなったんだな、と思えてきた。
何だかそのことを考えるだけで涙が出てきてしまう…劇場では一度も泣かなかったのに…きっと、彼らと対比して、自分の不甲斐なさに涙が出るんだろうなぁ(苦笑)

映画を観る前と観た後で、確実に自分の中の何かが変わった気がする。それは何かは自分でも良く分らないケド、決して悪い方向でないことは分かる。
私の魂も少しは浄化されたのかな?
「現実は小説より奇なり」というけれど、「現実は小説より崇高なり」、と思わされる作品だった。

続きを読む ≫

2006/02/22

NHK中国語会話

昨日の朝日新聞の夕刊に、来年度のHNK外国語講座についての記事が載っていた。
「スペイン語会話」が写真付きでバーン!と紹介されてる中、私が注目している「中国語会話」は生徒役の俳優さんの名前だけが載っている30字程度の紹介で…カナリ扱いの差が(涙)
しかし、来期の中国語会話の生徒役は俳優の谷原章介さんになるって分かっただけでも私は満足よ~♪ きゃ~リン・ミン!(←違います・笑)

今現在放送中の 中国語会話の生徒役は金子貴俊さん。決して嫌いな訳ではないけど、アノ甘ったれな態度がどうにも…。バラエティやドラマで見る彼はむしろ好きなのだケド、教育系の番組であのノリは私的にはダメなのよ…あ、あと先生役の人の声も苦手なのだった…先生は流石に替わらないよなぁ(泣)
ということで、今期は気が向いたときにしか見ていないのだケド、来期は頑張って見続けてみたいと思う。谷原さんは結構好きなのよね~ってドラマは「花より男子」しか見たことがないのだケド(爆) あの頃の演技のXXさ加減が脳裏に焼き付いていて、今でも彼のドラマは見れないのだった…出てるとチャンネル替えちゃうから(←失礼)
それでも彼を好きって言うのは、ドラマ以外での彼が好きだから。なんかアノ飄々とした態度が好きなんだよね~。あとスタイルも(笑) 背の高い人好きv
そんな訳で、外国語講座はドラマではないので、ホント、楽しみヨ♪
そして谷原さんが生徒役の間に黎明(と書いて“リン・ミン”と読む・笑)がゲストで出てくれないかな~と密かに期待してますv 似てるよね?この二人。直接でも間接でも、二人並んでいるところが見てみたいなぁ(笑)

で、記事で一番の目玉扱いされていた「スペイン語会話」
どの辺が注目かというと、定期的にあるリスニング・テストで成績が悪い生徒が毎回1人降番させられるという、サバイバル形式を採用するそうだ。
なんでも、他の外国語講座より視聴率が悪いらしく、話題性を高めるためにこの方式を採ったとか。でも視聴率上がっても、視聴者の語学力が向上しなければ意味ないような…ま、コレなら出演している生徒さんの語学力は確実に高まりそうだケド(笑)

もし視聴率だけを上げるのが目的なら、もっと効果的な方法が他にもあるのに…と思ったり(笑) 数年前、一部の女子(笑)の間で話題になった「フランス語会話」 この時の演出(シナリオ?)を参考にすれば、今よりは視聴率稼げると思いますよ? 腐女子の力は侮れませんよ!?(笑)

ホーム

≪ BackHomeNext ≫

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する