10 x 10

気の向くままに、自分の好きなコトについて文書で発散中~

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/05

「傷だらけの男たち」ジャパンプレミア

本日の映画: 「傷だらけの男たち」

「傷だらけの男たち」のジャパンプレミアに行ってきた。
もう、この試写会の招待状が届いたときの喜びといったら! 親も驚くほどの喜びようで(笑)
だってねぇ、届いたのが29日だったんだもん。この頃には既にオークションに試写状が出回っていたし、トニー迷仲間の間でも「当たらないねぇ(泣)」なんて話していたトコロで、もうトニーさんとは縁がないんだなぁ(T_T)と諦めていたトコロに届いたものだから!
嗚呼、ついにトニーさんに会えるのね!!! と喜びも一入ですよ!
それが一転、トニーさん…来日しないって…(⊃дT)
でも、直前になって事態が変わるかも!と一縷の望みをかけて行った訳だケド、ヤッパリ来なかったヨ、ヨヨヨ(泣)
司会の女性(今回は襟川クロさんじゃなかった!)がその事実を告げたときの落胆といったら…
分かっていたケド。分かっていたケド…トニーさーーーん(T口T)
会場の大半の人も分かっていた所為か、特に落胆の声を上げる人も無く…司会者もビックリする程の静寂だった(苦笑) 後から一緒に行った友人と「トニーが来なくて残念だーってアピールしといた方が良かったかな…」と反省。
トニーのファンが全然居ない訳じゃないの!
落胆しすぎて声も出なかったの!!

だから次は絶対呼んでチョーダイ!!(切望)


で、本人が来ない代わりにビデオメッセージが。要約すると…

悪天候の所為で現在撮影中の「赤壁」の撮影が長引いてしまっているため日本には行けません。この作品は、初めて悪人を演るということで、思い入れのある作品です。

といったカンジ。
そして最後に「近いうちに皆さんに会いたいです」と言ってハニカんで笑ったトニーさん。
その笑顔に泣きそうになる私(⊃_T)
あぁ、もしかしたら今ココでその笑顔を生で見れたかもしれないのに!!
ホント残念だった。仕方が無いとは分かっているケド………キレイごとなんて言ってられませんよ………(←相当にヤサグレています・苦笑)
本当に残念だったんだーーー今でも泣きそうだーーーうわ~ん(T口T)

と、愚痴はこの辺にして(笑)
トニーさんが来なかったことは本当にしつこい位に残念だケド(笑)、今回のコトで友人各位には多大なる感謝を。本当に有り難う! 感謝・感謝ですvvv 友人たちの協力があってこそ、今回の当選に繋がったと思ってます。
中でもトニーさんを通じて知り合った仲間には、試写会応募の情報を流してもらったり、お互い励ましあったりで心底助けられました。
2年前、トニーさんを好きになって夢中でネットを徘徊し、そこを通じて知り合った仲間と1年後にオフ会をして。そして更に1年後には全員揃ってジャパンプレミアに参加できるなんてね!(←肝心の人が居ないケド・笑) しかもキッカリ人数分の当選だし(笑) 上手くできてるよなぁ。
きっとトニーが好き!って気持ちがあっても一人寂しく行動していたら、今回のプレミアも当たっていなかったと思う。トニーさんを通じて出来た輪が確実にトニーさんへと繋がっているなぁと実感しましたよ。
まだゴールは遠そうだケド(笑)、今後もよろしくお願いしますね♪

と、熱い話もこの辺にして(笑)
トニーさんのビデオメッセージの後、金城氏とアンドリュー・ラウ監督登場。舞台袖から登場するものと思っていたら客席通路脇からの登場だったので、後ろの方の席だったにも関わらず、思いがけない近さで生金城を堪能。
いやぁ本当にキラキラしてたよ! 特に目が! 特別ファンって訳じゃないケド、自然と感嘆の声が漏れる程に!! 何であんなに目がキラキラしてるの~。
そして金城氏は方々に視線を飛ばしてくれるので、自分もバッチリ金城EYEをキャッチ! 視線あったよ!!(←と、誰もが思ってる・笑) いやぁ良い男だった。眼福☆ 眼福☆
素の金城氏を見るのは今回が初めてだったのだケド、自分の勝手な想像で、愛想の無い人なのかな~と思っていたのだケド、意外や意外、終止ニコニコしていてて、登場時も通路近くの人たちには進んで握手していたし、自分が質問されていない時も相手の話にキチンと耳を傾けていて…カナリ高感度アップでした。
トニーさんのことも「香港映画は余りリハーサルを演らないのだケド、トニーは何時でもその役の状態に入れてて凄いです」とコメント。でもソレってタダ単にトニーさんが役に入り込んでしまってON/OFF利かないだけでは!?と内心ツッコミ(笑)
そして映画についてコメントを求められたときには「香港映画の日本公開が遅いからコメントしたくても忘れちゃいますよ」と冗談ぽく苦言を。確かにな! 今回の映画だって公開が早ければトニーさんが来れたかもしれないのにー(←結局ソレ・笑) 良いこと言った!>金城氏
そしてもう一人のゲスト。金城氏のお陰ですっかり影の薄くなってしまった監督(笑) 最後なんてカナリ酷い扱いでね…(涙) でもちゃんと分かってらっしゃるようで、こちらも終止笑顔で。良い人だ、監督。
途中スペシャルゲストというコトで、主題歌を歌った浜崎あゆみが登場! しかし段取り悪く、微妙な出になっていた(苦笑) 生歌聴かせてくれるのかな~と期待したケドそれはなく…残念↓
正直なトコロ、香港映画に日本語の主題歌ってどうよ!?と「イニD」の時も思ったケド、今回は歌詞が映画の雰囲気に近く感じられ、それ程違和感がなく良かったと思う。エンドロールを見た限りでは、本国版(?)の主題歌もアユの歌を中国語訳してるみたいだし。候補曲が2曲あった中、監督に聴いて選んで貰ったというだけはあるかな、と。

で、肝心の映画の方はと言うと…

ヘヴィだった…

なんつーか、トニーさんの役に救いが無い(泣) 色んな意味で。
ビデオメッセージで「初めて演る悪役(heel)」だって言ってたケド、「暗花」の方が余程悪役だよね? 今回のは根拠あっての悪行だケド、「暗花」の場合は根っからの悪人ゆえの悪行だもんね…。その点の違いで、救いのある結末があっても良かったんでないかなぁと。片や金城氏の役は不幸フラグを全て回収してもらってハッピーな結末なのにね…。
ある意味ココでも無間地獄(笑)

もう1回、トニー迷仲間と一緒に観に行くので詳しい感想はその時にでも。
しかし今回の作品もデカプリオがリメイクするっつーけど、もちろん金城氏の役だよね? トニーさんの役は荷が勝ちすぎるって!

2007/06/27

★☆★ 梁朝偉先生 祝生日快樂 ★☆★

HAPPY BIRTHDAY TO TONY!
というコトで、今年もこの日が来ました。
トニーさん、45歳のお誕生日オメデトウございます!!
今年も無事にお祝いすることが出来てウレシイです♪
今年は精力的に映画を撮っていかれるようで、ファンとしてはウレシイ反面、健康面がとても心配です。
どうか無理をしない範囲内で、私たちファンを喜ばせてくださいね。
あなたのハニかんだ笑顔が私の活力ですから♪

と言いつつ。
トニーさんが来日するかもしれないと聞き、無理をしてでも来て!と思ったり(笑)
だって、トニーさんを好きになってから早2年…この時をどんなに待ち望んだことか!
トニーさんを好きになってから、色んな香港明星に会いに行ったケド、一番会いたいのはヤッパリ大本命のトニーさんなんですよ!
一度でいいから、その魅力的な瞳を生で観てみたい………妄想中……ハ、ハナヂ出るかも…(←アホです)
まぁどんなに望んだトコロで、プレミアに当たらなきゃ意味ないのだケドね…。
どうか私の熱い思いが関係者に届きますように!!(←邪念があるからダメかしら・苦笑)

2007/06/19

學友光年世界巡迴演唱会07 @ 東京国際フォーラム ホールA

本日のライブ: 學友光年世界巡迴演唱会07 ~The Year Of Jacky Cheung World Tour 07~

行ってきました! 張學友のコンサート!!
結果から行ってしまえば學友最高!!(←語彙が貧困です・笑)
本当、素敵なコンサートだった。

學友の楽曲は数日前に「アジアポップスウィンド」で流れていたものを聴いたのみ(あ、「大英雄」の主題歌もか・笑) その時は「歌の神様って言われてるケド、どうよ!?」とか失礼なことを思ってた(苦笑) だってパンチが効いてなかったんだもーん(←アホの戯言)
でも生で聴くことの威力は知っているから、ソレに期待した。
しかしコンサートが始まり、生で聴いても、正直なトコロ、鳥肌が立つような感動は覚えなかった。コレはもう声の好みの問題だとろうな、と思った。私の好みから外れているんだろうと。
でも學友の歌っている姿を観ている内に、先ず体が反応し、そして声が馴染んできた。
そうなるともう! めっさ楽しい!! 舞台上の學友と一緒に踊ってる気分になった。
そもそも楽しみ方を間違えていた。普段行っているライブとは種類が違ったんだな。
なんというか、今回のコンサートは“SHOW”だな、と思った。ただ歌を聴かせるだけじゃない。観て楽しませるのも重要な要素だったんだなぁと。
ホント、今年46歳になると言う學友が前身汗だくになりながらも踊りまくっていて…しかも踊りのキレがイイ! スパーンとヒロミGOの様にキックが決まっていて(笑)
初っ端にダンス+歌で観客の心をグっと捉えた後は、バラードを中心としたナンバーを。
ここで初MC。なんと日本語で! でも、怠け者(笑)なので、伝えることは出来ても質問には答えられないので質問しないでくださいとのこと。イヤ、でも日本のファンとコミュニケーションを取りたいという心が非常に嬉しい。たとえ拙い日本語であったとしても、伝えたい心があれば皆意を酌んで分かってくれるんだよ。
で、以前(2002年)来日して以降の出来事に交えて曲を紹介。
一人目の娘さんにねだられて作った曲と、奥様に作った曲には日本語字幕が付いていたのだケド、この奥様に作ったという曲が! もう泣きそうなほど良い曲だった! 涙腺緩みまくり。てか、この曲聴いて「アタシと結婚して!」って思ったよ(笑)
女性に囲まれて育った學友は女性の気持ちがよく分かるそうで、「娘に曲を作って、奥さんに曲を作らないのはじぇったい大変なコトになる」と思って奥様の為の曲を書いたと笑い話的に言っていたケド、その歳になってもそういう歌詞が出てくる學友がもう! 素敵だなぁ。男の人は幾つになってもロマンチストなのね~。そういやトライセラの和田君も「一度笑うため 十捨ててもいい」とか歌ってたなぁ、なんて思ってた。
その次に歌った、二人目の娘さんに捧げた歌も歌詞は字幕が付いてなくて分からなかったケド、學友の愛情が溢れていてコチラも幸せな気分になる曲だった。
この一連の家族パートは、本当にどの曲も愛情をたっぷり込めて歌っているのが伝わってきた。學友の家族は幸せだなぁ。羨ましいわ~(笑)
続いてまた激しい曲のパートへ。この時だったか、「ロックを歌ってない時はイイコです」とか何とかいってたな。學友の時代でも「ロック=不良」ってイメージなのかしら!? ロックなんて普通でしょ!(笑)
聴かせるバラードも好きだケド、個人的には歌って踊れるハイテンポなナンバーの方が歌詞が分からない分楽しかった。踊り子さんを侍らせて(?)踊る學友はセクシーだった! 本人も「セクシーですか?」って何度も聞いてたケド、ホント、セクシーでしたよ~☆
日本の曲のカバーも何曲かあったようだケド、自分が気付いたのはサザンの曲だけ。ショーン君みたいに日本語の歌を歌ってくれないかなぁ、と期待してたからその点は残念↓ でも本編のMCは全て日本語でやってくれたので、贅沢は言いません(笑)
途中、2003年に大切な人が相次いで亡くなり辛い日々が続き、歌を作ることによって心の均衡を保ったと言った學友。きっと、レスリーやアニタのコトを言っているんだろうな…と思いながら聴いた曲は、字幕もあったことでより一層切なさの募る曲だった。
「辛い日が続いても、次には楽しいことがあるから、頑張ってください」
歌う前に何度も言っていたケド、そういう意味だったんだなぁ、と曲を聴いてから、より一層そのメッセージの重みを感じたりした。
最後は30分に渡るミュージカル。相変わらず歌詞の内容は分からないケド(苦笑)、芝居が綺麗に起承転結していたので分かりやすかったように思う。どうやら「ウィンター・ソング」の中の劇中劇らしいので、近いうちにこの作品も観ねば。
このミュージカルでの學友は本当に気持ちよさそうに歌ってて、高音も低音も気持ち良いくらい声が出てて、ココに来てようやく「歌神」と呼ばれる真髄を観た!って気になった(←遅すぎです)
実際、気持ちよさ気に歌っている間に彼女を奪われてるし(笑) アンタ歌に夢中になり過ぎ!と内心ツッコミ(笑)
このアトの暗黒パートの低音はホント素敵だった~。ああいう歌声は喜怒哀楽を歌で表現するミュージカルみたいなのでないと聴けないのかな? 勿体ない。

続いてのアンコールも形式的なカンジではなく、たっぷり30分近くやってくれた。会場の反応を見て、多分、予定より1曲多くやってくれたんじゃないかな?
本編では目をつぶりながら歌うことが多かったように思うケド、アンコールでは開放感溢れるカンジでステージを右へ左へと移動しながらハジけていたように思う。でも気持ち、自分が居た側とは反対の上手側のほうがサービス良かったかな~と思うのは僻みかしら?(笑)
気が緩んだ所為か、アンコールではMCも広東語に(笑) お疲れ様でした。

コンサートが始まる前、楽しみにはしていたケド、過剰な期待はしていなかった。
でも終わってみれば、想像以上に楽しいコンサートで!
しっかり張學友というスターに心を奪われてしまいました。
はぁ、本当素敵だった…行けるなら中国本土のツアーにも行ってしまいたい気分(笑)
なんか、中華圏からワザワザ観に来ているであろう人たちの気持ちが分かるよ。あれは何度も見たくなるよなぁ。自分たちファンが大事にされてるって思うもん。
次は5年後と言わず、来年にでも来て欲しい!
そして又シアワセな気分にさせてチョーダイね♪♪♪


しかしアンコールの時、多分中華圏の人たちだと思うのだケド、前線に突っ込んでいって係員と押し問答になったり、果ては禁止されている撮影をして、これまた係員とバトルしてたりで…正直そっちの方に気を取られてしまって、なんだか微妙~な気分になってしまった…。国民性の違いなのかもだケド、なんか…辛かった…。アレは止めてほしかったなぁ。

2007/04/02

HTD大阪3 アフターイベント

先週末はHTドルパ in 大阪のアフターイベントってコトで、チビっ子をお迎えすべく、朝から地元のボークスへ。地元って言っても車で50分は掛かるトコロだケドね(笑)
アフターに参加するのは今回で2回目ということもあり、まぁ何とかなるだろう…と甘い予想の元、行動していたのだケド、コレが本当に甘かった(泣) あんなに気疲れするイベントになるとは…!!

今回の限定品を店舗広告で見て、一目惚れしたのは幼SDパフ君。
男の子なのに何て愛らしいの!!
いつも男の子は眼中外なのだケド、今回に限っては女の子のパピの方が眼中外だった。女の子なのに可愛くないーーーとまで思っていた。その時一緒にいた母も「男の子の方が可愛いわね~」なんて言っていた位。
しかしイベント前日、ショールームで実物を見たらば…
ア、アレ? パフ君余り可愛くないね…てか、パピの方が可愛いじゃん!!
恐るべし写真マジック! や~、パフ君てば写真映り良かったのね~。ちょっと騙された気分よ(笑)
ソレまではパフ君をお迎えする気満々で名前まで考えていたのだケド、急遽予定変更。パピをお迎えする方向に。

で、翌日。抽選の確率を上げるため、今回はオカンにも協力を要請。
9時から抽選が始まるとのコトだったので、8時半までに現地着を目論んでいたのだケド、実際に着いたのは8時45分頃…家を出たのが遅かったのもあるケド、高速出口で一寸した渋滞に捕まったのも一因。もう間に合わないかと思って胃がキリキリしたよー。この時の私はカナリ険悪な雰囲気だったろうな(苦笑)
現地に着いたとき、ざっと見て既に80人近くの人が並んでいて、そしてその後も続々人が集まり、抽選開始時には120人近くの人が並んでいたように思われた。
そして運命の抽選。自分の近くに並んでいた人の中にも10番台を引く人が居たから未だ良番が残っているハズ!と期待を込めて引いた番号は「119番」…あ、こりゃ駄目だ…そして続いて引いた母は「121番」…親子してクジ運なさ過ぎです…てか、ほぼ同じ番号引いてンじゃん! 二人で行った意味ないじゃん! ダサ過ぎだ(苦笑)
そんな訳で即行ご帰宅決定。通販隊に賭けることに。
家に着く前に受付開始の10時になってしまったため、自分と母の携帯を駆使して電話をするも通話中で繋がらない…しかし想像していた「この電話は大変込み合っています」のアナウンスが流れなかったので、次は繋がるハズ!と念じながらリダイヤルの嵐。家に帰ってからは家電も入れ3台を駆使して電話するも一向に繋がらず…12時を過ぎた時点で通販隊も諦めの境地に…。
そして最後に残るはWeb通販。朝、家を出る前に万一のことを考えて、パピ単体で申し込んでおいたのだ。これに希望を賭けた。
Web通販は今回から抽選方式というコトで、コレは良い選択だな~と思った。前回のドルパのアフターでWeb通販を試みたのだケド、サーバーに全く繋がらなくてヤキモキさせられた記憶があったから。抽選なら一応平等に扱われるからね。正直、チョット某を見直した(笑)
しかしその後の対応がイカンかった。抽選結果を12時~14時の間に発表すると書いてあったのに、14時を過ぎても一向にメールが届かない。ま、ハズレてたらメールは来ないのだケド。
ソレにしても14時までにハズレた人にも分かるようにHP上に告知を出さないのはイカンでしょう。お蔭でコチラは何度も淡い期待を胸にメーラーをチェックしては、関係ないメルマガを受信してはヤキモキ。
15時過ぎたし、やっぱハズレちゃったのかなぁ…と落胆しつつ、何度目になるか分からないメールチェックをしてみれば…
予約確定のメールが来てたよ! ママン!!
即行入金の手続きをし、あとはウチに届くのを待つばかり~♪ はぁ、早く届かないかな~vvv

イヤしかし、こんなに長い時間ドキドキするハメになるとは思わなかったよ…4時間以上パソコンに張りついていたし。ホント、疲れた…。もっと早くに結果が分かっていれば、買い物に行きたかったのだケド、そんな気力は勿論なく…病み上がりというコトもあって、即行昼寝。不貞寝にならなくて良かったヨ(笑)

以前よりボークスの体制が良くなったようには思うケド、まだまだ改善の余地はありそう。ボークスの人形は好きなんで頑張って欲しいな~。
てか、幼SDをスタンダード化してくれ。もしくはフルチョでも構わないからさ…。オネガイシマス(>人<)

2007/03/06

本当だった!!

以前、「ホントかな!?」と書いていた、張學友のコンサート、

本当だったよ!!

詳細をドン!

●張學友 / Jacky Cheung

■公演日:2007年6月17日(日)
■開演:5:00PM
■開場:4:00PM
■会場: 東京国際フォーラム ホールA
■席種・料金: S・9500 A・8500



わ~本当にジャッキーが来るんだ~。スゴイなぁ♪♪♪
やっぱ会場は国際フォーラムなんだなぁ。
その所為か、値段も高めだケド、S席とA席に分かれているのは親切だな。あの会場で全席同じ値段は詐欺だモンな…
時間も早めで田舎モノにはウレシイ限り♪ でも目イッパイ歌ってほしいなぁと贅沢に思ってみたり(笑)

各種プレイガイドでプレリザーブも始まる模様。
先ずはイベンター先行だな…あと一年早ければ有料会員だったのになぁ(苦笑)
ともあれ、無事チケットが取れますように!

ホーム

≪ BackHomeNext ≫

 

プロフィール

momota

  • Author:momota
  • 蠍座・O型
    ◆最近の好物
     梁朝偉(トニー・レオン)
     ガエル・ガルシア・ベルナル
     五代目 尾上菊之助
    ◆常に好物
     syrup16g
     エレファントカシマシ

今後の予定

【11月】
・花形歌舞伎@新橋演舞場
・Some Get Town Tour@LIQUIDROOM
【12月】
・12月歌舞伎公演@国立劇場大劇場
・中尾諭介@青山 月見ル君想フ(希望)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。